通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
JUnit%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E5%85%A5%E9%96%80+%7E%E4%BD%93%E7%B3%BB%E7%9A%84%E3%81%AB%E5%AD%A6%E3%81%B6%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

JUnit実践入門 ~体系的に学ぶユニットテストの技法 (WEB+DB PRESS plus) 単行本(ソフトカバー) – 2012/11/21

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 3,564
¥ 3,564 ¥ 2,190

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • JUnit実践入門 ~体系的に学ぶユニットテストの技法 (WEB+DB PRESS plus)
  • +
  • 改訂新版Jenkins実践入門 ――ビルド・テスト・デプロイを自動化する技術 (WEB+DB PRESS plus)
  • +
  • Selenium実践入門 ―― 自動化による継続的なブラウザテスト (WEB+DB PRESS plus)
総額: ¥10,238
ポイントの合計: 308pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

本書では、JavaテスティングフレームワークのデファクトスタンダードであるJUnitの基本的な使い方から、拡張機能、テストパターンまでを網羅的に解説します。また、データベースやAndroidのテストを取り上げるほか、ユニットテストを開発に効果的に取り入れるためのビルド支援ツール・カバレッジ測定ツール・継続的インテグレーション・テスト駆動開発などの周辺技術について、ユニットテストからの視点で説明します。
JUnitをこれから学びたい方、もっと効率的にユニットテストしたい方、必読の書です。

目次
【Part 1 JUnit入門】
第1章 JUnitチュートリアル
第2章 ユニットテスト
第3章 テスティングフレームワーク
【Part 2 第2部 JUnitの機能と拡張】
第4章 アサーション
第5章 テストランナー
第6章 テストのコンテキスト
第7章 テストフィクスチャ
第8章 パラメータ化テスト
第9章 ルール
第10章 カテゴリ化テスト
【Part 3 ユニットテストの活用と実践】
第11章 テストダブル
第12章 データベースのテスト
第13章 Androidのテスト
第14章 コードカバレッジ
【Part 4 開発プロセスの改善】
第15章 継続的テスト
第16章 テスト駆動開発
第17章 振舞駆動開発
【Part 5 演習問題】
第18章 ベーシックなテスト
第19章 アサーションとフィクスチャ
第20章 テストダブルの活用


詳細な目次は、以下の本書公式ページに掲載しています。
本書公式ページでは「はじめに」と「推薦のことば」を全文公開しています。
また、本誌掲載のサンプルコードやJUnitチートコード、Eclipseショートカットをダウンロードすることができます。

http://wdpress.gihyo.jp/plus/978-4-7741-5377-3

内容(「BOOK」データベースより)

Javaプログラマを対象としたJUnitによるユニットテストの実践ガイド。ユニットテストの基本概念から、テストコードの記述方法や拡張機能まで、JUnitに関する内容をほぼ網羅。テスト駆動開発などユニットテストを基盤とする開発手法やツールも紹介。本書で解説するユニットテスト技法を実践し、身に付けるための演習問題を収録した。チートシート付き。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 480ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2012/11/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 477415377X
  • ISBN-13: 978-4774153773
  • 発売日: 2012/11/21
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 67,588位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
単に、「テストコードをこう書くとこうなる。」といった書き方ではなく、「こういう状況のときにこういう目的で、この機能を使うことができます。こういう手順でテストコードを作成します。」といった書き方がされているので、読んだ後に「機能はわかったけど何に使うんだろう」という疑問に悩まされることがありません。
JUnit4.10について書かれており、情報の鮮度についても問題ないと思います。
また、JUnit4だけでなくテスト駆動開発、コードカバレッジ、Jenkins、Maven、Android開発などJUnit周辺のことについても書かれています。
テストが難しい問題については、逃げずに「難しい」と書いてある点もよいと思います。

GUIについてはAndroid開発に含めて書かれておりJavaFXなどは出てきませんが、JDK6の環境について書かれているのでやむを得ないかなとは思います。
もう一点難をいえば、マルチスレッドプログラミングについては練習問題が1題あるだけで、一番間違いが起きやすく、かつ気づきにくい、クラスがスレッドセーフかどうかをテストする方法については言及がありませんでした。

しかし、自分の使用する範囲では十分な内容であったので星は5つとします。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
JUnitを学ぼうと思っても、最新の情報がまとまった本というのはなかなかありませんでした。
(あったとしても2006年とか2004年とかに刊行された少し古い本ばかり)
それがようやく解消された1冊と言っても過言ではないかもしれません。むしろそれだけでも十二分に価値があると思います。

JUnit4.10とEclipseを使ってわかりやすく書かれています。間、少し冗長だなぁと感じる部分もなくはなかったですが、全体的にとても読みやすくJUnitを勉強するには最適ではと思いました。

和田卓人さんが書かれている、推薦の言葉もAmazonのプレビューで見れるので、購入を迷っている方はそちらも読んでみるといいかと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
他のテスト入門(JUnitに関する)等を読んで、
疑問に感じていたことがスッキリしました。

広範囲且つ、そこそこ細かな所まで書かれているように思います。
# 始めは、ページ数の割りに値段がトホホホと思っていたのですが、
# ザックリ最後まで読んでそのような気持ちは飛んでいきました。

ただ、要望というか苦言を述べさせて貰えば、
他の方も感想で述べられているように、Part'1とPart'2に関しては、
文字だけの正確な説明よりも、概念のイメージ図とか、表とかを利用して、
文字数を減らして欲しかったです。

読むのが辛かった。TT

推薦の言葉で新人エンジニアに渡せる本というのがありましたが、
個人的にはナルホドなという感じです。
# 目次で良さが伝わりません。
# 疑う人は、本屋で立ち読みして欲しいです。

評価は、前半の辛さを思い起こして☆4つにさせて貰いましたが、
いい本を買ったと思っています。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック