JFK<ディレクターズ・カット/日本語吹替完... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 933
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: SHストア
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

JFK<ディレクターズ・カット/日本語吹替完声版> [DVD]

5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,533
価格: ¥ 535 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 998 (65%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:16¥ 535より 中古品の出品:2¥ 980より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • JFK<ディレクターズ・カット/日本語吹替完声版> [DVD]
  • +
  • リンカーン [DVD]
  • +
  • マルコムX [DVD]
総額: ¥1,997
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: ケビン・コスナー, シシー・スペイセク, トミー・リー・ジョーンズ, ジョー・ペシ, ゲイリー・オールドマン
  • 監督: オリバー・ストーン
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2014/05/02
  • 時間: 206 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00G3YF1QU
  • JAN: 4988142969224
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 5,277位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

ケネディ大統領没後50年の今、20世紀最大の謎の真相に迫ったオリバー・ストーンの衝撃の問題作が日本語吹替音声初収録で新登場!
映画の言葉“正義は人間がつくるもので簡単ではない"


<キャスト&スタッフ>
ジム・ギャリソン…ケビン・コスナー(津嘉山正種)
リズ・ギャリソン…シシー・スペイセク(神保共子)
クレー・ショー…トミー・リー・ジョーンズ(小川真司)
デビッド・フェリー…ジョー・ペシ(青野 武)
リー・ハーベイ・オズワルド…ゲイリー・オールドマン(牛山 茂)
スージー・コックス…ローリー・メトカーフ(弘中くみ子)

監督:オリバー・ストーン
製作:A・キットマン・ホー/オリバー・ストーン
脚本:オリバー・ストーン/ザカリー・スクラー
製作総指揮:アーノン・ミルチャン
原案:ジム・ギャリソン/ジム・マース
撮影:ロバート・リチャードソン
音楽:ジョン・ウィリアムズ
●字幕翻訳・吹替翻訳:進藤光太 ●吹替翻訳 追加シーン:平田百合子

<ストーリー>
1963年、11月22日。テキサス州ダラスで第35代大統領のジョン・F・ケネディが凶弾で暗殺され、アメリカ全土を震撼させた。それから2時間もしないうちに、暗殺はオズワルドの単独犯行と発表されるが、そのオズワルドもやがて護送中に射殺される。ウォーレン委員会の一連の調査結果に疑問を抱いたニューオーリンズ州の地方検事ジム・ギャリソンは、真相を解明すべく独自の調査を開始する。だが、謎は謎を呼ぶ。深く、重く、手ごわいパズルに挑むジム・ギャリソン。それはアメリカ合衆国との長い戦いの始まりであり、愛する家族との軋みの始まりでもあった。

<ポイント>
この作品を真実を探求する若者にささげる。エンドクレジットに観客へのメッセージが出てくるが、アメリカ現代史の深層と真相を描いた作品が多いオリバー・ストーン監督は、実在の元検事ジム・ギヤリソンの著書「JFK/ケネディ暗殺犯を追え」とジム・マースの「クロスファイヤー」を土台にケネディ暗殺事件の謎の核心へ肉迫する。描かれているのは一つの推論だが、リアルな台詞と大量のドキュメント・フィルムを駆使して、オリバー・ストーンは多面的かつ多角的に推論を立証していく。ドキュメンタリー・タッチでありながら社会派のエンターテインメントでもある本作は、観る者をクギ付けにする迫力に満ちた206分だ。第64回アカデミー賞で撮影賞と編集賞を受賞している。
●初の日本語吹替音声収録
DVDでは収録されなかった日本語吹替音声を収録。さらにディレクターズ・カット版本編で欠落していた部分を追加収録した“完声版"で登場!
●傍を固める出演者も豪華
囚人ウィリー・オキーフのケビン・ベーコン。私立探偵ジャック・マーティンのジャック・レモン。X大佐のドナルド・サザーランド。上院議員ロングのウォルター・マッソー。まさに演技派揃い。それぞれ存在感がキラリと光っている。冒頭のナレーションはマーティン・シーンだ。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

オリバー・ストーン監督が20世紀最大の謎“ケネディ暗殺”に迫った傑作サスペンスのディレクターズ・カット日本語吹替完声版。ケビン・コスナーほか豪華キャストが出演。アカデミー賞2部門受賞。“ベスト・ヒット”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
以前にレビューした『ダラスの暑い日』がフィクションであるのに対し、今回の作品は地方検事ジム・ギャリソンの調査に基づいた実話である。私はテレビでこの映画が放送された時ビデオに収録していて新たにアマゾンから購入する必要はないと思っていた。しかし何となく物足りなさを感じてDVDを取り寄せてみると206分(約2時間半以上)の大作であり、その迫力に圧倒された。ジムはウォーレン委員会のオズワルド単独犯説という報告に疑問を抱き、徹底的な調査に基づきCIAとFBIが結託した国家的陰謀(これは軍国主義者たちによる事実上のクーデターと言ってよい)であることを明らかにする。そして首謀者のクレー・ショーを告発する。家族を顧みないと不満を抱いていた彼の妻もロバート・ケネディまでが暗殺されるに至って彼の真実を追究する情熱を理解する。彼が数々の動かしがたい証拠を提示したにもかかわらず、大審院はクレーを無罪とする評決を下した。かくて「真実」は闇から闇へと葬られた。J・Fケネディ、キング牧師、ロバート・ケネディらの平和を愛する人びとは皆殺され、アメリカは戦争を好む人びとの支配する国になりベトナム戦争の泥沼にのめり込んでいく。なおこれが実話であることを明らかにした『JFK暗殺・真実に迫った男たち』という映画も存在し、ジム自身や彼のチームの人びとを登場させている。これも私は自宅のビデオに収録しているが、残念ながらアマゾンでは発売されていない。アマゾンの方でも何とかして欲しい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
この作品から、ケネディー暗殺事件の真相を暴いていくと同時に
アメリカの近年の歴史と民主主義について学ぶことが出来ました。
オリバー・ストーン監督の秀作であると思います。
キャスト陣も知らない俳優さんはほぼ出ていません。
映像が多少乱れたり、色味が変わったりしてしまうところは残念なのですが、
全体としては満足いくものでした。
最後の最終弁論のシーンで、『真実を示す情報・証拠品は国民の財産、国民は知る権利がある』
という台詞やリンカーンの言葉を引用するところは心が揺さぶられます。
勇気をもらえる作品だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ケネディ暗殺に通常以上の関心のある人なら、舌なめずりして頷きながら見るだろう。しかし、反面彼らにとっては周知の事象の提示・羅列に過ぎないのも本作の特徴。つまり状況証拠だけなんですね。そもそも、映画のメイン・ストーリーであるクレイ・ショー裁判自体が状況証拠の寄せ集めで陰謀セオリーを組み立てようとする、無理のある審廷だと言われていたが、この映画自体もその通り。クレイ・ショー裁判でのギャリソンの大演説大弁論に心打たれるか白けるか。これでこの作品の評価は分かれるでしょうね。
ただし、「アメリカ民主主義」を信じたい人が、この作品に高評価を与えるのは、大変よく分かりますね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
よくここまであばいたなと思う。最後の主人公の長い長いセリフは圧巻。アメリカの絶望の中から立ち上がろうとするエネルギーに満ちた作品である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告