無料配送: 6月27日 - 29日 詳細を見る
最も早いお届け日: 6月26日 土曜日 詳細を見る
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon
販売元 株式会社 T-PAL
出荷元
Amazon
販売元
JBL TUNE120 TWS 完全ワイヤレスイヤ... がカートに入りました
最も早いお届け日: 明日 詳細を見る
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、株式会社ウィット が販売、発送します。
こちらからもご購入いただけます
¥7,000
詳細
発売元: スマトン アマゾン店
¥7,300
詳細
発売元: ネットショップ clover (付属品をしっかり御確認願います)
¥8,581
発売元: イーベスト家電

JBL TUNE120 TWS 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 グリーン【国内正規品/メーカー1年保証付き】

5つ星のうち3.8 1,216個の評価

参考価格: ¥10,670 詳細

参考価格は、製造業者、卸売業者、輸入総代理店等、小売業者以外の者(以下「製造業者等」といいます)が設定し、あらかじめカタログや商品本体への印字等により公表されている希望小売価格または製造業者等が小売業者に対して呈示している参考小売価格です。
価格: ¥7,000
OFF: ¥3,670 (34%)
無料のプライム配送を提供していない他の出品者からより安く入手できます。
グリーン
接続技術 無線
ブランド JBL
ワイヤレス通信技術 Bluetooth
グリーン
ヘッドホン型式 密閉型

この商品について

    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • JBL「TUNE」シリーズ初の完全ワイヤレスイヤホン入門モデルが登場
  • 最大約16時間のワイヤレス再生を実現
  • 音楽もおしゃれも本格的に楽しめる豊富なカラーバリエーション
  • ハンズフリー通話に加え、Google Now、Siri機能対応
  • 耳の小さい方でもフィットするデザイン
  • イヤホン本体:各約7.0g、充電ケース:約60.0g
もっと見る

よく一緒に購入されている商品

  • JBL TUNE120 TWS 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 グリーン【国内正規品/メーカー1年保証付き】
  • +
  • JBL FREE X 完全ワイヤレスイヤホン IPX5防水/Bluetooth対応 ブラック 【国内正規品/メーカー1年保証付き】
  • +
  • FSC 低反発 ウレタン製 イヤーピース 6個入り (S/M/Lサイズ)
総額: ¥13,468
選択された商品をまとめて購入

類似商品と比較する


JBL TUNE120 TWS 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 グリーン【国内正規品/メーカー1年保証付き】
JBL TUNE115TWS Bluetooth完全ワイヤレス/USBタイプC/2020年モデル ブラック JBLT115TWSBLK 【国内正規品/メーカー1年保証付き】 小
JBL LIVE300TWS 完全ワイヤレスイヤホン アプリ対応/IPX5/Bluetooth対応/タッチ操作/ボイスアシスタント機能対応/ブラック【国内正規品/メーカー1年保証付き】
SOUNDPEATS Sonic ワイヤレスイヤホン aptX Adaptiveコーデック対応 15時間連続再生 QCC3040チップセット搭載 Bluetooth 5.2 完全ワイヤレス イヤホン TrueWireless Mirroring対応 IPX5防水 高音質 低遅延 Type-C充電 Bluetooth イヤホン サウンドピーツ ブルートゥース イヤホン ヘッドホン 両耳 / 片耳対応 (銀灰色)
Anker Soundcore Liberty Air 2(ワイヤレス イヤホン Bluetooth 対応)【完全ワイヤレスイヤホン / Bluetooth5.0対応 / ワイヤレス充電対応 / IPX5防水規格 / 最大28時間音楽再生 / HearID機能/Qualcomm aptX™ / cVc8.0ノイズキャンセリング / PSE技術基準適合】ブラック
Anker Soundcore Life P2(完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0)【IPX7防水規格 / 最大40時間音楽再生 / cVc8.0ノイズキャンセリング / グラフェン採用ドライバー/Qualcomm aptX™ / PSE技術基準適合】ブラック
カスタマー評価 5つ星のうち3.8 (1216) 5つ星のうち4.1 (264) 5つ星のうち3.9 (349) 5つ星のうち4.1 (2195) 5つ星のうち4.2 (15514) 5つ星のうち4.0 (5303)
価格 ¥7,000 ¥6,082 ¥10,050 ¥4,980 ¥7,999 ¥4,999
出荷 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細
販売者 株式会社 T-PAL Amazon.co.jp 良品良価商店 YNF Japan AnkerDirect AnkerDirect
バッテリ駆動時間(H) 4 時間 情報が提供されていません 情報が提供されていません 35.00 時間 情報が提供されていません 情報が提供されていません
コード・ケーブル長さ (m) 0 cm 情報が提供されていません 情報が提供されていません 情報が提供されていません 情報が提供されていません 情報が提供されていません
カラー グリーン ブラック ブラック 銀灰色 ブラック ブラック
商品の形状 カナル型 イヤホン イヤホン; ヘッドバンド カナル型 インイヤー イヤホン
商品の重量 7.00 グラム 5.00 グラム 65.70 グラム 情報が提供されていません 53.00 グラム 126.00 グラム

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

商品の情報

色:グリーン

詳細情報

登録情報

商品ガイドとドキュメント

商品の説明

色:グリーン

商品紹介

大迫力のJBLサウンドとファッション性を兼ね備えたエントリーラインの「TUNE」シリーズより、初の完全ワイヤレスイヤホン「JBL TUNE120TWS」が登場。
完全ワイヤレスならではのストレスフリーな使用感と、ファッションアイテムとしても映えるスタイリッシュなデザイン性を両立しました。
5.8mm径ドライバーを採用し、世界中のあらゆるシーンで使用されてきた、70年以上の歴史をもつパワフルかつ深みのあるJBLのサウンドを、お求めやすいエントリーモデルでお手軽にお楽しみいただけます。
イヤホン本体は、Bluetoothに接続し、約2時間の充電で最大約4時間のワイヤレス再生が可能です。
さらに、充電ケースにイヤホンを収納すれば最大約12時間分の充電をすることができ、合計で最大約16時間の音楽再生が可能。
通勤や通学にも十分な再生時間を確保しました。
また、時間がないときにも便利な急速充電機能に対応しているため、約15分の充電で、最大約1時間の音楽再生が可能です。※充電・再生時間は使用環境により異なります。
通勤や通学など、日常のライフスタイルの中でカジュアルにお使いいただけるよう、豊富なカラーバリエーションをご用意しました。
ブラック、ホワイト、グリーン、ピンクの全4色展開で、ファッションやシーンに応じてお好みのカラーをお選び頂けます。
コンパクトで美しいデザインのポータブル充電ケースを付属し、イヤホンを使用していないときの持ち運びにも便利です。
左右のイヤホンに使いやすく配置されたボタンをワンタッチするだけで、ハンズフリーのステレオ通話が可能です。通勤・通学中やエクササイズ中でも大切な着信を逃しません。
さらに、同じくワンタッチ操作でGoogleNow やSiri を起動させることができます。
人間工学に基づいて設計した、耳にフィットしやすい形状と装着感で、長時間のリスニングでも耳が痛くなることなく、快適に音楽をお楽しみいただけます。

受賞

  • ビジュアルグランプリ2020 ライフスタイル分科会 受賞

  • メーカーより

    LIVE300TWS FREE X REFLECT FLOW JBL TUNE120TWS UA SPORT WIRELESS FLASH
    LIVE300TWS JBL FREE X REFLECT FLOW JBL TUNE120TWS UA SPORT WIRELESS FLASH
    カラー ブラック、ブルー ブラック、ホワイト ブラック、ブルー、グリーン、ティール ブラック、ホワイト、グリーン、ピンク ブラック
    対応プロファイル A2DP v1.3、AVRCP v1.5、HFP v1.6 A2DP v1.3、AVRCP v1.6、HFP v1.6、HSP v1.2 A2DP v1.3、AVRCP v1.5、HFP v1.6 A2DP v1.3、AVRCP v1.5、HFP v1.6 HFP v1.6、A2DP v1.3、AVRCP v1.5
    Bluetooth バージョン5.0  Class 2(通信距離10m、遮る物がない場合) バージョン4.2 ※伝送範囲:Class2(通信距離10m、遮るがない場合) バージョン5.0  Class 2(通信距離10m、遮る物がない場合) バージョン4.2 ※伝送範囲:Class2(通信距離10m、遮るがない場合) バージョン4.2 ※伝送範囲:Class2(通信距離10m、遮るがない場合)
    対応コーデック SBC、AAC SBC SBC SBC SBC,AAC
    周波数特性 20Hz-20kHz 10Hz-22kHz 20Hz-20kHz 20Hz-20kHz 20Hz - 20kHz
    防水対応 IPX5 IPX5 IPX7 非防水 IPX7
    重量 イヤホン本体:各約6g、充電ケース:約55g イヤホン:約15g、充電ケース:約84g イヤホン左右:各 約8g(イヤーチップ、スタビライザー装着時)、ケース:約73g イヤホン本体:各約7.0g、充電ケース:約60.0g イヤホン左右 各:約8g(イヤーチップ、スタビライザー装着時)ケース:約98g
    電池(イヤホン) 充電: 約2時間、音楽再生: 最大約6時間 充電: 約2時間 音楽再生: 最大約4時間 充電時間 約2時間 音楽再生 約10時間 電池(イヤホン):充電: 約2時間 音楽再生: 最大約4時間 充電: 約2時間 音楽再生: 最大約5時間
    電池(ケース) イヤホン充電可能時間:最大約14時間 イヤホン充電可能時間:最大約20時間 イヤホン充電可能時間:最大約20時間 ※急速充電対応(約10分充電で約1時間再生可能) イヤホン充電可能時間:最大約12時間 ※急速充電対応(約15分充電で約1時間再生可能) イヤホン充電可能時間:最大約20時間
    特徴 My JBL Headphonesアプリでイコライザーの作成、オートオフ機能のオン/オフやタッチ等操作の設定、Google アシスタントまたはAmazon Alexaのデフォルト設定や「イヤホン本体を見つける機能」の利用などが可能。 音質重視のスタンダードタイプ。迫力の低音とキレの良い高域が特徴。イヤホンの音途切れも少ない。IPX4の防滴なので普段使いにピッタリなモデル。 連続再生約10時間のスタミナモデル。トークスルー機能搭載でイヤホンを装着したままででも瞬時に周りの音を確認し人との会話をすることも可能。またIPX7防水の為日常からスポーツ用途まで幅広く使用可能。 JBLのエントリーモデル。手軽にJBLサウンドを楽しめる。 アンダーアーマーとのコラボレーションモデル。スタビライザーもついており激しいスポーツでも耳からの落下を防ぐ。イヤホンはIPX7防水の為スポーツ等での使用も可能。

    カスタマー Q&A

    カスタマーレビュー

    5つ星のうち3.8
    星5つ中の3.8
    1,216 件のグローバル評価
    評価はどのように計算されますか?

    この商品をレビュー

    他のお客様にも意見を伝えましょう

    気になるトピックのレビューを読もう

    上位レビュー、対象国: 日本

    2019年7月4日に日本でレビュー済み
    色: ブラックAmazonで購入
    308人のお客様がこれが役に立ったと考えています
    違反を報告
    2019年6月30日に日本でレビュー済み
    色: ブラックAmazonで購入
    カスタマー画像
    5つ星のうち5.0 佇まいマグネット感がいい。
    ユーザー名: ぴのあ、日付: 2019年6月30日
    iPhoneでSpotifyの最高音質で確認しました、左右とも綺麗に聴こえ通信トラブルなどは全くありません。音はcharge3と比較すると中高域が強めで少しシャカシャカします、なのでイコライザーなどで低域を少しあげて音を調整するといいと思います。あとケースの蓋やイヤホンをケースにセットする時のマグネット感がいい感じです。遮音性はそれほどでもなくて、周囲の音もある程度聞き取れます。ケース、イヤホンの佇まいも可愛らしく愛着を持って使用出来ると思います。エントリーモデルですがレベルの高い製品だと思います。
    このレビューの画像
    カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
    カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
    96人のお客様がこれが役に立ったと考えています
    違反を報告
    2019年6月30日に日本でレビュー済み
    色: ブラックAmazonで購入
    80人のお客様がこれが役に立ったと考えています
    違反を報告
    2019年9月10日に日本でレビュー済み
    色: グリーンAmazonで購入
    63人のお客様がこれが役に立ったと考えています
    違反を報告
    2019年8月29日に日本でレビュー済み
    色: ホワイトAmazonで購入
    60人のお客様がこれが役に立ったと考えています
    違反を報告
    2019年9月5日に日本でレビュー済み
    色: グリーンAmazonで購入
    カスタマー画像
    5つ星のうち5.0 音質は待ったく問題ありません
    ユーザー名: ヨッシー、日付: 2019年9月5日
    入門機と言いながらも、特に不満無く聴ける音質です。
    音質にこだわるのであれば、ハイレゾやワイヤードの1万円クラスを購入した方が良いです。街中で通勤通学で使う分には全く不満はありません。
    音量も低音も充分にあります。
    音量が小さいとか、低音が無いと言うレビューも見かけますが、
    おそらく標準装備のイヤーピースがあっていないのだと思います。
    耳への装着の角度や差込み方で音質が全然変わります。
    自分の場合は、強く頭を振っても全く外れる気配も無く、ピッタリ装着出来ています。
    ただ軟骨に一部触れているところが時間が経つと痛くなってきます。
    それを回避しようと少し回転させると音質が悪くなります。
    オープンエアーでは無いので、しっかり装着してしまうとジョギングとか、食事しながらの使用では頭の中の音が響きます。
    周りの音もある程度聞きたいと言う方は
    選ばない方が良いと思います。
    少し浮かすと直ぐに外れ安くなります。

    片側だけの使用も出来ますが、電話の受け応えが出来る、
    右側のみしか出来ない感じです。
    左だけのオフは出来ますが、
    右を切ると左も電源がオフになります。
    もしかしたらBluetoothの設定の順番かも知れませんが・・・。
    片側使いの場合では、自動的にモノラル音声になるので、片耳だけでも全チャンネル聞こえます。素晴らしいです。

    ケースへのセットは良い感じです。
    外せば自動的に繋がって、戻すとオフラインになり充電され、いちいちボタンを押さなくても良いのでかなり便利です。
    ただケースの生地がスベスベで、軽くつかむとかなりの確率でつかみ損ねます。

    カラーは悩んだあげくにグリーンにしてみましたが、ザクっぽい緑で大変気に入りました。

    1回使っただけでも全く違い、今まで使っていた安価な中国製はすぐに捨てました。
    最初から名の通ったメーカー品を買うべきですね〜
    このレビューの画像
    カスタマー画像
    カスタマー画像
    41人のお客様がこれが役に立ったと考えています
    違反を報告
    2019年9月10日に日本でレビュー済み
    色: グリーンAmazonで購入
    カスタマー画像
    5つ星のうち4.0 完全ワイヤレスの音質に過度な期待はせず、モバイル用サブ機と割り切れば、十分楽しめる
    ユーザー名: Amazonカスタマー、日付: 2019年9月10日
    完全ワイヤレスイヤホン購入にあたり重低音モデルであるJVC HA-XC70BTと本機で迷った。JVCのイヤーピース本体のデザイン、音質には満足出来そうであった。
    しかし充電ケースのデザイン性、おもちゃのようなチープ感が好みではなく、サイズがコンパクトでないことも候補から外した理由である。
    イヤーピースのデザイン性、音質、通信の安定性、充電ケースのデザイン、コンパクト性、総合的に見て及第点に達しているのが、本機である。

    完全ワイヤレスを選ぶ理由はデバイスからの束縛とケーブルが顔や首にあたるストレスからの解放である。iPhoneを充電しながら、使用出来るのが何より便利。

    音質についてはワイヤレスというハンデを考慮しても妥協せざるを得ない。音質を求めるのであれば、有線を選ぶのは明らか。

    以下は比較対象に多少無理はあるが、普段使っているSONYの重低音に特化したモデルのカナル型有線イヤホンとの比較になる。
    本機の音質はやや低音域寄りが特徴的、乾いた明るめの中高音域、パーカッションシンバルは粗く、シャカ音が耳に付く、ヴォーカルのサ行も同様。中音域、ギターやヴォーカルはやや埋もれ、伸びも良くない。どちらかといえば、ゆるめのドンシャリ系。
    本機だけを聴けば、無難にこじんまりとまとめたという印象ではあるが、SONY重低音モデルと対比すれば情報量の違いは歴然としている。
    SONYモデルでは伴奏のパートが分離独立し、本機で聞こえないパートが聴き取れる。ヴォーカルは最前面におり、楽器の配置の距離感までうかがえるような臨場感、ライブ感がSONYモデルにはあるが、本機にはそれが見当たらず、音場も幅狭い平面にある。低域のドンはみぞおちの深いところからでなく表層で響く。音量も低く、音圧が不足しているのは明白。

    本機はSBCコーデックながら解像度はさほど悪くはないが、情報量は圧倒的にSONYモデルが優位である。感度は前者が96dB、後者が110dB。インピーダンスは前者が15Ω、後者が16Ωである。前者の再生周波数帯域は20Hz-20khz、後者が4Hz-24,000Hz
    両機種ともにエントリーモデルでスペック上に顕著な差異はなくとも、有線と無線では無理もないが、力量の差をまざまざと見せつけられた。この価格帯では致し方なしか。

    移動中、作業中、モバイル用途での『〜ながら聴き』では許容される音質レベル、ただリスニングに興じるには、やや役不足は否めない。

    イコライザー機能があればもっと楽しみかたも広がるであろう。また音量調節はデバイス側で行う。
    丸いカーキ色のJBLロゴ部分が操作ボタンとなる。はっきりとクリック感のあるボタンなので誤操作の心配はない。

    充電ケースに装着時はイヤーピース本体のインジケータは白色LEDで、ケースから着脱して、デバイス認識中はインジケータは青色LEDになり点滅する。充電ケース本体の充電中は充電ケースの3個の白色インジケータ点灯点滅し充電量を示す。
    イヤーピースインジケータ側にも赤色点滅によってバッテリー残量が警告される。
    このあたりは視覚的にも楽しめる。

    充電ケース本体の充電は付属のオレンジ色の充電用USBケーブルで行う。iPhoneの充電用USB電源アダプターに接続すればコンセントで充電可能である。充電器が自立すれば、イヤーピースの着脱がより容易になるだろう。

    付属のクイックスタートガイドは図示によるもので日本語表記の詳しい取扱説明書は付属していない。必要とあらばAmazonサイトからでもダウンロード可能である。

    イヤーピースを充電ケースから着脱するだけで起動し、自動で瞬時にデバイスに接続、ペアリングされる。充電ケースに装着すれば、自動でシャットダウンされる。イヤーピース本体側でも強制シャットダウンができイヤーピース片方だけでの使用も可能である。
    その際の起動音とシャットダウンの効果音が実にコミカルである。見た目のスタイリングとはミスマッチのようではあるが、昔どこかで聞いたことがあるような懐かしいサウンド。近未来的な無機質音ではなく、古いWindowsのコンピュータ音か?古いテレビゲームの効果音か?
    少々時代錯誤的サウンドであるが、これはご愛嬌。
    このレビューの画像
    カスタマー画像 カスタマー画像
    カスタマー画像カスタマー画像
    25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
    違反を報告
    2019年7月26日に日本でレビュー済み
    色: グリーンAmazonで購入
    28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
    違反を報告