Ivan Morvec Plays Beethov... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Ivan Morvec Plays Beethoven Import

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,105 通常配送無料 詳細
通常4~6週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:14¥ 1,182より 中古品の出品:2¥ 1,280より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 「CDを買うとデジタルミュージック(MP3)ストアで使える200円クーポンプレゼント」キャンペーンの対象商品です。2016年8月31日23時59分(日本時間)までのご購入が対象となります。(マーケットプレイスでのご注文は対象外)

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中。 今すぐチェック


登録情報

  • オーケストラ: Vienna Musikverein Orchestra
  • 指揮: Martin Turnovsky
  • 作曲: Ludwig van Beethoven
  • CD (1994/9/6)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Video Artists Int'l
  • ASIN: B000003LIU
  • EAN: 0089948102120
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 722,803位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. Pno Con No.4 In G, Op.58: Allegro moderato
  2. Pno Con No.4 In G, Op.58: Andante con moto
  3. Pno Con No.4 In G, Op.58: Rondo (Vivace)
  4. Pno Son In e,Op.90: Mit Lebhaftigkeit und durchaus mit Empfinung und Ausdruck
  5. Pno Son In e,Op.90: Nicht zu geschwind und sehr singbar vorzutregen
  6. 32 Var On An Original Theme In c

商品の説明

Amazonレビュー

Originally recorded by Connoisseur Society in the sixties, these are among the most arresting and individual Beethoven interpretations on disc. Ivan Moravec's stupendous technique enables him to achieve infinite nuance and articulation virtually without pedal. Yet his playing surges with passion, helped by his wide, dynamic range and masterly legato--essential ingredients in carrying out Beethoven's relentlessly contrasting textures. MartinTurnovsky elicits very precise and supremely detailed playing from his Viennese band. In the concerto, Moravec opts for the less familiar cadenza played by Brendel, Gieseking, and Gilels. A release to be cherished. --Jed Distler


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 1928年生れのマルティン・トゥルノフスキーと30年生れのイヴァン・モラヴェッツという、チェコの名匠2人が、若き日の63年10月に共演したベートーヴェンの第4協奏曲に、66年録音のソナタ第27番と32の変奏曲という独奏曲2曲が収められています。
 指揮者への興味で購入したので協奏曲のみについて書きます。
 オーケストラは「ウィーン楽友協会管弦楽団」となっていますが、モラヴェッツのファンサイトでは「ウィーン交響楽団」とされており、そのつもりで聴いています。録音会場は楽友協会大ホール、ピアノはベーゼンドルファーとのこと。
 オケのほうには特記すべきことはないけれど、過不足もなし。第2次大戦後のものによくきくことのできる演奏という括りもできるのかもしれません。即ち、パリッとしたスタイルのうちにも古いものを(良くいえば伝統)残しているものと思います。これはトゥルノフスキーのその後の演奏スタイルのなかで熟成されこそすれ、変わることのないものかとも思います。
 モラヴェッツのピアノ演奏のほうは、弱音に比重をかけている感じもありますが、まだ30代も前半、エネルギッシュな場面も多く顔を出します。カデンツァの選択もそのあたり故かと。第2楽章はちょっと慎重に過ぎるかな。少し無理しているように思えます。対照的に終楽章は、テンポも速めで元気いっぱい。ただ、チェロの
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック