+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 Round3JP
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご注文確定の翌営業日にアメリカ合衆国・ジョージア州より発送いたします。全商品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

It's Hard Import

5つ星のうち 3.6 10件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,132 通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 720より 中古品の出品:3¥ 639より

50%OFF以上のCD・アナログレコード
話題作から名作まで。対象商品はこちら。 今すぐチェック

Amazon の ザ・フー ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • It's Hard
  • +
  • Face Dances
  • +
  • Who Are You
総額: ¥4,921
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1997/6/3)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Mca
  • ASIN: B000002P6S
  • EAN: 0008811163525
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 729,872位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:48
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
3:40
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
3:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
3:49
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
3:36
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
5:40
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
5:56
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
2:21
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
3:18
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
3:55
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
3:56
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
12
30
5:18
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
13
30
5:01
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
14
30
5:43
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
15
30
3:48
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
16
30
7:12
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
あらゆるフーに関する書物や評論をひもとくと、キース亡き後ケニー・ジョーンズ在籍時(89年リユニオンも)の評価が異常に低い。フーのよき評論家であるクリス・チャールズワース氏もあまりほめておらず、全く持って過小評価されすぎではないだろうか。

彼らのラスト・アルバムとされてるこの作品だが、素晴らしいではないか。「覇気に欠ける」とか「ちぐはぐさがつきまとう」だ「キースの不在を露呈させる」等など、執筆のための仕事感覚でしか聴いてないとしか思えない。確かにキースの死は痛いし全盛期と比べればテンションは若干下がるだろう。後半のナンバー(6曲目以後)がやや落ちる点もある。でもそれはどのバンドやアーティストも全盛期のままではないのと同じだ。年もとるし故人も出るし衰えるものである。

この時期ピートはやる気なく最悪な状態でピート対残り3人という図式だったようだが、それが皮肉にもバンドとして一体化したのではないか。再聴してそんな印象を受けた。ピートが曲を書き他3人が肉付けし彼の意図を汲むといった今までの感じがない。ロジャーの声もより雄雄しくなりサイドギターをライヴで弾く様になったのもその現われではないか。ジョンもより腰が強くなりケニーもしなやかでいいドラムを叩いている。シンセの使い方にしてもより豊かで品位があり時代に迎合してないので古臭く響かない。それとなんだか
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
いきなり軽いポップな曲゛アセーナ"で幕をあける、THE WHO ラスト・スタジオアルバム。でもこの曲が曲者で当時アメリカのDJがWHOがつまらんラブソングを歌ってると言ったのだが、実はアセーナとは広島に落された原爆の仇名でそれを後から知ったそのDJは番組で謝罪したそうです。WHOを知るにはまず歌詞をよく読み理解する事が大事だと思います。
新しい世代への最後の挑戦状゛イッツ・ユア・ターン”やピートの当時の本音?゛イッツ・ハード”等よく聴いて歌詞を読んであらためてこのアルバムの凄さを感じて欲しいです。
キースがいるいない関係なくWHOが☆ひとつのアルバム作ると思いますか?
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 寿 トップ1000レビュアー 投稿日 2015/2/3
形式: CD
82年発表の14作目。WHOのスタジオ作としては一応のラスト作(後に再結成) となった作品で、プロデュースには再びグリン・ジョンズが迎えられている。ゲストとしてティム・ゴーマン(k)、アンディ・フェアウェザーロウ(g) が参加しており、ティムは本作発表後のフェアウェル・ツアーにも同行している。近年の作品の流れではあるが、ジョン・エントウィッスルが自ら手がけたというシンセやホーンが多用された作品でもある。本作を製作/発表する前の82年4月にはピートによる年内での活動を最後とするWHOの解散宣言があり、本作もそれを意識した最後の作品と言う意気込みで製作されたものと思われる。
1.はラテンの風味もちょっぴり感じられるカントリー/ブルーグラス風の穏やかな曲。モコモコとしたトーンのギターのカッティッングと乾いたシンバルが絡んで軽快なリズムを生み出している。ペダル・スティールを真似たかのようリード・ギターも楽しい。2.はストーンズ・タイプのハード・ロック曲。ハード・ロックとは言っても重さは微塵も感じさせない軽やかな曲調でギターのフレーズが非常にカッコ良い。爽やかなヴォーカル/メロディが印象的な佳曲である。3.はちょっぴりR&Bのテイストも感じさせるロック・チューン。前作の流れを汲んでかギターのフレーズの隙間をシンセが埋めている。初期の彼らを思わせる曲調ではあるが、シンセの導入によって
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
The Who It's Hard 昔レコードで買った事のCDですもうすっかり忘れていましたね改めて聴いみてこれわいいです納得する1枚ですこれでまた1枚コレクションが増えました
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
whoに参加してからピートにさんざん攻撃されてたケニー・ジョーンズ。 このアルバムではピート以外は、もう自分の世界で切れまくってます(爆) このアルバムのピートはしみったれた曲ばっかり書いていて迫力無いよ(エミネンス・フロントは、ちょっとJohnっぽい皮肉タップリの曲で面白い) ケニーも、とうとう我慢の限界に来たのか自分のスタイルのドラミングを押し通してます。 whoのスタジオ・アルバムはこれで終わりなんだけどね。 タイトル曲の「It’s Hard」は、あるバンドにイントロをパクられてます(バンド名は言わないが曲名は「Don’t Cry」だよ) う~~ん。。。 このアルバムに「褒め言葉」は正直に言って思い浮かばない。 ピートはキーボードのラビットとつるんで行動してて、Johnは自分のバンドの事で頭いっぱい。 ロジャーはこの時のwhoの状態にイライラしてて、ケニーはタダの参加者なのだ。 でも、「☆☆☆☆☆」だよ。 このアルバムのアレンジが、80年代中期後期のロック界の「お手本」なのは間違いないからね。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック