Wacom Intuos Creative Stylus iPad用筆圧ペン ブルー CS500PB0

5つ星のうち 3.4 18件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:34¥ 4,410より 中古品の出品:1¥ 3,000より
    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • 2048レベル筆圧対応(対応アプリのみ使用可能)
  • 業界最小レベル径6mmペン先を採用
  • Bluetooth4.0でiPadに簡単接続
  • 単6電池×1を使用(平均150時間稼動、1個付属)
  • サイドスイッチでショートカットを実行可能(対応アプリのみ使用可能)
  • ペンケース付(交換用ペン先ゴム×2個収納)
  • ブルーとブラックの2色を用意
  • ※本製品はIntuosタブレットでは使用できません。

 

お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら



キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

詳細情報
ブランドワコム
商品重量27 g
梱包サイズ13.5 x 1.4 x 1 cm
電池:1 AAAA 電池(付属)
メーカー型番CS500PB0
カラーブルー
商品の寸法 幅 × 高さ14 x 10 mm
電池の種類単6形
バッテリー寿命150 時間
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

商品紹介

iPadでより本物の表現力を得たい人へ。iPadのためのプレミアムなクリエイティブスタイラス、Intuos Creative Stylus

Amazonより

iPad 向け高性能スタイラスペン


iPadで滑らかな描き心地を実現する高性能スタイラスペン。Bamboo Paperなどのクリエイティブアプリで、2048レベルの筆圧に対応。
さらに業界最高レベルのパームリジェクション機能を搭載。まるで、ペンで紙に書くような感覚を楽しめます。
iPadとIntuos Creative Stylusさえあれば、どこでもハイレベルなイラストレーションや描画をすることができます。



あなたのiPadを最高のキャンバスに


2048レベルの高性能な筆圧機能と画面に手を付いても描くことのできるパームリジェクション機能により、まさに紙に本物のペンで描いているような自然な描き心地を実現。
あなたのiPadを最高のキャンバスとして利用することができます。



簡単で、シンプルな使いやすさ


Intuos Creative Stylus は、Bluetooth 4.0 Smart functionality でiPad Mini や iPad (第3世代)、iPad Retinaディスプレイモデル と簡単につなげられます。
ワコムのテクノロジを採用したクリエイティブアプリで使用すれば、自動的に筆圧機能が有効となり、またパームリジェクションやショートカット機能も利用可能することができます。



iPadでスケッチし、コンピュータで作品を仕上げる


外出先で描いた作品を Mac や PC に転送も簡単。
また作品を転送後に、 ペンタブレットIntuos とAdobe Photoshop などのクリエイティブソフトウェアで作品に磨きをかけ、仕上げることができます。




洗練されたデザイン、それはモバイルのために


使いやすいソフトグリップ、洗練されたデザインのアルミニウムボディ。
カラーはブラックとブルーの2色を用意。コンパクトなペンケースは替え芯やペンリング、電池を収納することもでき、バッグやポケットに入れての持ち運びにも便利です。







スタイラスペン比較表へのリンク link to stylus pen Comparison table ワコムストアへのリンク link to wacom store


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

使用環境 iPad mini 保護シート無し
使用アプリ Bamboo Paper,SketchBook PRO,Procreate
Bamboo Paper:鉛筆と水彩での使用はスケッチレベルの描画であれば優秀です。しかしアプリとワコム製ゴム先の出来の良さに頼っている部分が大きいためそれ以外の筆はノーマルのスタイラスと比べて画期的と言えるまでの変化はありませんでした。アプリ側で筆圧感知をカスタマイズできるようになれば更によくなるはずです。
SketchBook PRO,Procreate:両者とも筆を調整する事で筆圧感知の有効性を感じる事ができました。使い込む事で表現の幅は広がると思いますがアプリの熟成も必要です。
注意と結論
⚫︎ゴム先スタイラスに慣れていない人は買ってはいけません。
⚫︎タブレットIntuosの2〜3割程度の使用感だと思ってください。
静電式では優秀なペンですが決定版とは言えません。頑張れば普通のペンで同程度の描画は可能だと思います。現在多数のメーカーで先の細いタイプ(静電気発生装置を搭載)が開発中です。それらが出揃って比較して購入するのが良いでしょう。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
iPad4で使ってみましたが・・・

ペンの入りも抜きも不十分、相当強く描かねば筆圧検知しない、そのただでさえ強く描いてる中で強弱を出さねば検知してくれない。

ワコムがあれだけ、プロでも満足するって触れ回っていたから、通販では待ちきれなかったのでビックカメラの開店直後にすぐ買って試したのですが、正直がっかりでした。間違っても「これでCintiqがiPadで!」なんて期待を持ってはいけません。あの足元にも及んでいません。

アプリに大きく依存すると思うので、対応アプリも11個全部落として試しましたけど、辛うじて良好と思えたのはワコム純正のbamboo paperだけで、あとは非連携状態で使ってもそう大した差は出ない、と思えるものばかりでした。

私の使い方が悪いのでしょうか。どう使えば良好な評価になるのか、どなたか教えて欲しいです。少なくとも私は一週間毎日試してみて、もう諦めました。今後良好なアプリが出るのなら、それまで待ちますが・・・

ワコム公式サイトには触れられていませんが、「Zen Brush」には対応していないのでしょうか。ソフト内の設定では対応しているように見えるのですが、実際使ってもそうとは全く感じられない動きです(というか、筆圧をかけたかけないのメリハリが強すぎて、そ
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
intuosと製品名にあるので、PC用タブレットのペンと同じような使い心地…かと思って注文したのですがちょっと予想外でした。
ペコペコと凹むペン先の感触はタブレットペンに慣れていると違和感しか感じません。

水彩調や油絵調のドローイングに慣れた人なら取っつきやすいかも知れませんが、鉛筆デッサンの感覚でペンを使う人には向いてないと思います。
あと、アプリの対応なのかも知れませんが、ペアリングせずに普通のスタイラスペンとして使った場合と、アプリとペアリングして使った場合の使用感に
全く差がなかったのは閉口しました。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 AIN_s 投稿日 2014/11/10
Amazonで購入
どうも「2」が不評のようなので・・・あえてこちらを購入しました。

これはアプリを慎重に選んで使用しないとダメです。しかも描きづらい。
アプリを変えるとパームリジェクション機能が途切れたりします。
液晶ペンタブレット代わりにはてんでなりません。

ipad用スタイラスペンってみんなこうなのかな。
全く使えないわけではないのですが、とても残念です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
環境:ipadAir保護シート無し
一番駄目な所は軽く滑らせるように触れてもまったく反応しない点。
ある程度しっかり筆圧をかけなくてはならず、普段ペンタブで描いている
感覚では絵を描く、というのは無理です。
普段ラフの段階では筆圧が高くないほうなのでこの時点ですでに落第点。
またしっかり筆圧をかけると今度は見事に表面のガラスにひっかかり、
筆圧+ガラスの抵抗でもはや微調整が効きません。

パームリジェクションも非常に残念な出来で、基本的にパームリジェクションではなく
一度指が触れた事により描かれた線を指が離れるまで確定させないでおき、その間に
ペン先が触れれば先ほどの指で書かれた線はキャンセルさせる、といった形式で
ペン先が反応しなかったまま指が画面から離れると線が確定してしまうので
どんどんゴミが画面に増えます。また、手の広い部分ではこの機能は働かず、複数の指でドラッグ
した時と同じ挙動をするように設定されているソフトが多いようです。

さらに、肝心の筆圧ですが、それぞれのソフトのそれぞれのツールによって筆圧によって変化するのが
ブラシの幅だけだったり不透明度だけだったりと固定されているようで、基本的にカスタマイズを
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー