Introduction がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Introduction Import

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,446 通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 1,310より 中古品の出品:6¥ 1,059より

輸入盤CD・アナログレコード 20%OFF
対象商品を買うと、注文確定時に表示金額より20%OFF。対象商品を 今すぐチェック。


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • CD (2006/4/18)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Drag City
  • ASIN: B000ECXT8Y
  • JAN: 0781484030423
  • 他のエディション: LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 393,085位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
0:55
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
2
30
5:03
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
3
30
2:26
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
4
30
3:37
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
5
30
5:06
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
6
30
3:26
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
7
30
2:18
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
8
30
3:02
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
9
30
1:59
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
10
30
4:24
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
11
30
4:27
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
12
30
5:17
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
13
30
3:54
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
14
30
2:41
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
15
30
3:13
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 

商品の説明

Red Krayola's vibrancy — and continuing relevancy — can perhaps be traced not only to Mayo Thompson's own vision of engaging pop music head-on, but also to the band's ever-evolving cast. On Introduction, Mayo Thompson teams with longtime members Stephen Prina and Tom Watson. John McEntire recorded and mixed the set, and bassist Noel Kupersmith and accordionist Charlie Abel fill out the group. Thompson and cohorts make a move that was only hinted in the beautiful piano parts on 2004's Japan in Paris in L.A. Introduction is the most accessible album Red Krayola has ever issued, song-oriented and sparse. After a spoken word intro, Thompson folds "Will the Circle Be Unbroken" into a darkly prophetic weave, a point of engagement with how far not only music but culture have not only broken the circle but shattered it. Abel's accordion is a fine companion to Thompson's odd yet unpretentious rant about dislocation and global warming. Here country music, ragtime, folk music, and rock all come together, to shift and turn along with the various terrains he reveals in his narrative, eventually returning to the standard as a way of taking it out, of returning the circle, bruised and bloodied but unbroken. "Note to Selves" has an intro worthy of Jimmy Webb or Van Dyke Parks in the late '60s, then opens onto a beautiful ballad. "Psy Ops" is reminiscent of Captain Beefheart, and if it were a tribute it would be pleasing to the great Van Vliet. The continuing tale of "Puff the Magic Dragon" is from the other side, with gorgeous, warm, distorted guitars, and a shuffling drum line make this tune a wonder. More experimental tracks, such as "Greasy Street," never lose their pop focus. Thompson's engagement with pop here is not a trick; nor is it a gimmick. "Swerving," "It Will Be (Delivered)," and "Vexations" will delight most fans of Thompson's to see how well he understands the indie rock form as well. The only truly "experimental" track on here is "! Elegy," and even here, those with a fairly open mind will be lulled, hypnotized, and seduced by its shape and beauty. Introduction is the sound of a "new" Red Krayola, one not heard before; one that reveals more about Thompson than perhaps anyone ever knew. This is one of those records that will leave listeners still scratching their heads and smiling (at the same time) after repeat listens for years to come. - Thom Jurek, AMG

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
今回のRED KRAYOLAのアルバムは今までのアルバムの中でもかなり硬派な仕上がりです。それでいて、サウンドは雪の結晶のようにきめ細かで美しく、しかし何か小さなクラブで演奏を聞いているような、ダイナミックな臨場感もあります。

最近の5作くらいに限っていえば、本作はその中でも間違いなくBESTの出来だと思います。音響系の集大成、ともいえるかも。

買おうか、買うまいか、迷っている人は買ったほうがよいでしょう。

今回のは満点。食わず嫌いの方にもおすすめです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: LP Record
完全に、レッドクレイオラは、キャリアの中での絶頂期を迎えている

なんちゅう豊かさだ

ここに来てイントロダクションだなんて
ジョンレノンのスターティングオーバー的なニュアンスもあるのかしらん?

何にしろ充実している
フィンガーペインティングやヘーゼルなど、どれもこれも傑作の連発

良い音楽なんだ

ポップとは違う、もう一つの完成

60年代というものが、その時代に一度完成したものが、
30年をかけて、ここに二度目の完成を見せている

この豊かさは、充実は、そういうことだ
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
メイヨがポップソング歌ってる…
アバンな音響派の重鎮的存在、みたいなポジションで、
もうかれこれ40年前線を張ってきたレッドクレイオラ。
フロントのメイヨは御歳60を過ぎ、おれなんかその1/3しか生きてないぜ。
昔のライブではあまりの音圧に犬が死んだとか、数々の伝説を残しつつ、
結成40周年を迎えた今作のタイトルは「introduction」。
深い、深すぎますぜ。
そんで冒頭に戻る。
今作は、おそらく初めて、本格的に歌と向き合った作品だ。
これがどうかというと、凄く酔い。
当然の如く音響は細部まで澄み切って美しい。
ジョン・マッケンタイアをドラマーに迎え、
リズムにも張り、というか軽快さが増した。
で、何よりメイヨの歌、これが酔い。
外見からは信じられないほど優しい声。
間違いなく、キャリア1、2を競う傑作だ。
だだし、日本盤に付いてる対訳を読みながら聴くと、
歌とは裏腹の悲痛なメッセージが伝わって来るので、
深くはまりたい人は是非こちらを。
ていうか、これは歌詞と向き合わないと価値は半減だな。
内容は聴いてからのお楽しみ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告