Innervisions がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,000
通常配送無料 詳細
発売元: Viennas
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Innervisions CD, Import, Original recording remastered

5つ星のうち 4.6 41件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,275 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:24¥ 667より 中古品の出品:13¥ 568より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の スティービー・ワンダー ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Innervisions
  • +
  • Songs in the Key of Life
  • +
  • Talking Book
総額: ¥4,991
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2000/4/4)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import, Original recording remastered
  • レーベル: Unive
  • 収録時間: 44 分
  • ASIN: B00004S363
  • JAN: 0758875784579
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 41件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 19,030位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:36
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
5:23
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
7:22
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
4:58
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
3:42
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
4:10
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
3:42
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
4:44
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
5:35
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

Amazonレビュー

   前作、次作、次々作と並び、スティービー・ワンダーの最高傑作と称される1973年発表のアルバム。粒ぞろいの名曲が並ぶ、まさしく洗練された極みの名作。余計な音が排除された、シンプルで感覚に訴えるような冒頭の<1><2>の完璧な2曲に始まり、黒人問題を訴える<3><5>、超名曲にして人気曲<4>、再び<1><2>的に洗練された雰囲気の<6>、深遠なバラード<7>、ラテン風味が心地好いポップでメロディアスな<8>、前向きな雰囲気の穏やかな<9>、という具合。(麻路 稔)


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
素晴らしい作品だ。この人はもしかして鼻歌からメロディーを作るのだろうか。ふと、そんなことを考えた。シャープでタイトな「トゥー・ハイ」」、テンポの良い「汚れた街」、極めつけは「ゴールデン・レディ」だろう。どうやったらこういう曲ができるのだろう。そして、「くよくよするなよ」は本当に落ち込んだ時に元気づけてくれる曲だ。今までこういう曲はあまりなかった。彼の絶頂期だったのか。すべてがシングルにできる曲。
聴いていると後の大物アーティストに大きな影響を与えていることがわかる。歌も上手いが、まず偉大な作曲家であることを教えてくれるアルバム。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
Stevie Wonderの最高傑作とも言われる作品。前作"Talking Book"にて成功を得た彼が相当ストイックな環境と覚悟で制作に臨んだ事が音源を通しても伝わってくる。実際この時のStevieは自分自身を世間から隔離した環境の中で、眠るのも惜しいと言うほど音楽漬けの生活を送っていたという。
"Talking Book"というアルバムは全ての曲自身が輝きを放ち、尚且つポップセンスに溢れた作品であった。それに代わって今作の"Innervisions"は勿論1曲1曲のクオリティも素晴らしいが、アルバムトータルで見てコンセプチュアルで一貫した輝きに満ちている。曲やアルバムの完成度の高さ、そしてStevieのスピリチュアルなメッセージ。ジャンルの枠に捕われない沢山の音楽の要素が1枚に凝縮した密度の濃い作品だ。

作品全体にピンと張り詰めたような空気が漂い、フィジカルな強さから生み出されるタイトなリズムと破壊力のあるサウンドが洪水の様に押し寄せてくる。そのサウンドは中毒性のある快感に満ちたサウンド。そして極めつけはセンチメンタル溢れる世にも美しい楽曲が上手くその間に落ち着き、アルバムにスピリチュアルで神聖な空気を醸し出している。
オープニングから強烈な緊張感の溢れる"Too High"。静謐で神秘的なバラード"Visions"。ファンキーだけれど
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 emir1969 VINE メンバー 投稿日 2004/8/14
形式: CD
スティービー個人の音楽上のキャリアとしても、所属するモータウン・レーベルとしても絶頂期にあたる時期に発表されたまさに歴史的最高傑作、
60年代から洗練に洗練を重ねたいわゆるモータウン・サウンドの極致としてマービン・ゲイの「ワッツ・ゴーイン・オン」と並ぶ20世紀の宝ものです、
”What's goin' on”はビートルズのサージェント・ペッパーズのように少々オーバー・プロデュース気味な部分に魅力があるように思いますが、本作の魅力は逆に極端に控えめな点、控えめであるがゆえに特に"Too High"や"Golden Lady"のなどの数曲では神々しい美しさを垣間見るような感動があります、ジャズの影響は確かで、しかしコルトレーンほど情緒過多にならず、マイルス・デイビスを更に控えめに凝縮したような静かではあるが硬質で強烈な印象を受けます、
スティービー自身もこの後、本作と同じ水準での神々しいアルバムは製作しておらず、創作のマジックとしての奇蹟を感じます、ただし一面ではとても陰気な印象を受けることも確かで「ハッピー・バースデー」に代表されるようなとても陽気な印象を期待すると落胆する可能性大です、ただし、この陰気さを湛えていることこそ人の心の最も深い部分へ訴える名作と称えられる所以です、
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
残念な音質ではあるが、内容が凄い。
よーいドンでもう他の誰にも追いつけない高みにいる、
飛びすぎて独りよがりの音楽ではない、
高みに引き上げる音楽であるところが凄いのだ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
もちろん、album自体の出来が素晴らしい。best盤では到底味わえない。とくに3部作、その他数作はalbumで聴くのがお勧めです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 監桶ロック トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/6/5
形式: CD
リトル・ステイーヴィーと呼ばれていた少年が、前作「迷信」で一気に”ビッグ”となり、今度は”神”に近いところまで行ってしまった、時代やジャンルを超えた傑作。
⑤はマイケル・マクドナルドが、⑦はバーブラ・ストライザンドがカバー。
(他のアルバムからは「迷信」のBBA、「AS」のジョージ・マイケル&メアリー・J・ブライジ、等々あげればキリがない)
彼は弦楽器意外は何でもこなしますが、曲によっての適材適所な人選はさすが。
②のDean Praks、David"T"WakerのE・ギター&A・ギターのコンビネーション、⑨ではWillie WeeksのBでのナチュラルなグルーブ。
でも、なんといっても名機Arpでの絶妙な上モノ、moogの超有名ベースラインは必聴モノ(1音ずつしか出なかった当時のシンセは、なにせ音が太く、存在感がある)。
アメリカのヒットチャートはラップ全盛。でも、ここに歌われている普通の黒人の生活の厳しさは、貧富の差が年々大きくなるこの国では、かえって悪くなっているのではないだろうか。
聞く度にそう考えさせられる。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー