Incesticide がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,530MP3アルバムを購入

Incesticide CD, Import

5つ星のうち 4.4 19件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 862 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon の ニルヴァーナ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Incesticide
  • +
  • Nevermind (Remastered)
総額: ¥2,541
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1992/12/15)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Geffen Records
  • 収録時間: 44 分
  • ASIN: B000003TAB
  • JAN: 0720642450420
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 73,442位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:53
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
2:12
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
2:38
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
1:53
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
2:17
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
1:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
2:48
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
1:46
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
2:48
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
1:42
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
1:53
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
12
30
4:12
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
13
30
4:40
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
14
30
5:01
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
15
30
4:36
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

Amazonレビュー

当初は、爆発的な成功を収めた『Nevermind』に続く埋め草目的だったニルヴァーナのアーカイヴ的な『Incesticide』は、その後の出来事で重要性を増した。アウトテイク、デモ、アルバム未収録のシングル、そしてBBCセッションのライヴで構成され、真の意味で必聴盤とはいかなくても、魅力的な内容だ。ハイライトには、生々しい子供時代のメモワール「Sliver」、そして『Nevermind』先行シングルの痛烈なカップリング「Dive」。さらにヴァセリンズ「Molly's Lips」の見事なカバーもある。だが、特別に痛ましい点はカート・コバーンのライナー・ノーツ。所々、まるで彼の自殺の書き置きのように感じられる。津波のように彼に押し寄せ、結果的に彼を洗い流してしまうことになった名声と金を愚弄している。(Daniel Durchholz, Amazon.com)


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
主にSUB POP時代の曲を集めたもの。未発曲も4曲あります。
このアルバムはポップな感じな曲もあってニルヴァーナの違った一面が出ているという感じです。
すげー良い曲ばっかなんですがニルヴァーナの好きな曲をCD−Rで焼いたらこのアルバムの曲だけ音が若干小さい。
のでリマスター盤希望します(といって実は10年以上待っています)。
「NEVER MIND」もリマスターされたしホント近々出すと期待してますよ。信じてますよ。
後、このアルバムでオススメな曲は1曲目、2曲目、4曲目、5曲目、6曲目、7曲目、8曲目、10曲目、15曲目です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 ニルヴァーナのアルバムがブリーチ以外紙ジャケットにて発売。これは1992年に発売されたもので、未発表曲、インディ時代のシングル等を集めたアルバムで、一種のつなぎ的アルバムです。

 しかしそのクオリティは高く、特にヘヴィーかつスピードある曲が多く、ある意味ノリが一番良いアルバムでもあります。
 
 しかしこの紙ジャケット仕様はリマスターと書かれていません。買ってから気付いても後の祭りでした。

 音は昔から出てるプラケースのCDと全く同じでした。故に昔ながらの音で、特にベースとバスドラのパンチがありません。

 ニルヴァーナ物は何でも売れるからって、いいかげんこういうセコい商売は辞めてもらいたいものです。ただミニカレンダーが封入されているので、プラケース買うならこちらの方がいいかも・・(文句ばっかりいってますが、仕上がりは別にして歴史的価値を考えて星5とさせてもらっています)
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
その短い活動歴の中でクオリティの高い楽曲をよくもこれだけ作り続けていたものだと感心させられる。これを聴くとカート・コベインはつくづく「ミュージシャン」であり、ニルヴァーナは「バンド」であり、それ以上のものにはなりたくなかったんだなと思わずにはいられない。このスタンスを貫くことが出来なかったことが本当に惜しい。

本作は1992年にリリースされた、デビュー当時から『Nevermind』期に作成されたB面曲と未発表曲を集めた編集盤。

『In utero』では味わえない、リラックスしつつもテンションの高い、そして純粋な楽しさを感じることが出来る。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ass トップ500レビュアー 投稿日 2015/6/13
形式: CD Amazonで購入
冒頭の「DIVE」「STAIN」をデイヴ・グロールが叩いていたらどれだけ破壊力のある曲になっていただろう。
そう思ってしまうほど、少しの勢いのなさ、もう一つ突き抜けたカタルシスがないのがもったいない。
それでも、パンク魂炸裂でかっこいいものはかっこいい!

「SLIVER」の素晴らしさは言うまでもなく歪んだポップパンクです。何度聴いても良い。
「BEEN A SON」の別テイクもこれはこれで生演奏らしさが伝わっていいですね。

6、7 はカートが敬愛して止まなかったヴァセリンズのカバー
ニルヴァーナ流のパンクで解釈されているのが面白く、新鮮です。
そして5のディーヴォのカバーもかっこいいんですよね。

POLLY はやはりオリジナル版とMTVアンプラグド版がいいですね。

9〜12 はもうインディーズらしい自由すぎる発想が魅力の楽曲
魅力と言っても、一度聴いただけでは面を食らうでしょう。
しかし、聴き込んでいくとこういった変な曲も好きになってしまうのだから不思議というか、単に私が重度のファンだからなのかもしれません(笑)
でもカートの紡ぐメロディーはやっぱりどこか人を惹きつける魅力があるからこそ、好きになる人は好きになれるん
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ニルヴァーナの曲では比較的マイナーなものが収まっている。が、出来はとてもいい。B面集のようなものか。

自分のiphoneには「ネヴァーマインド」「イン・ユーテロ」「ライブ・アット・レディング」もある。仕事の行き帰りに聞いている。
基本的に彼らはパンクスである。僕もパンク好きのロックファンなので、彼らの音楽は好きだ。

「ネヴァーマインド」「イン・ユーテロ」とか聴いて癒されている自分を見ると、ああオレは病気だな、とか思ってしまう。こういうのは明るい健全なポップスではダメだ。「ブリード」「レイプ・ミー」「DUMB」のほうがいい。「スリヴァー」「エアロ・ツェッペリン」とかもいい。

「おばあちゃん、家に連れていってよ」とか歌っているのを聞くと、別にカートという人は気取って歌を書いていなかったんだな、とか考える(スメルズは例外だろう)。悩みや苦しみをそのまま歌にしていたんだな、とか思ってしまう。

パンク・ロックは基本的にくだらないかもしれない。ピストルズの「勝手にしやがれ!」も現在では出来のいいポップスに聞こえる。でも、そういう「誰にでも作れそう」な感じがいい。50年代のアメリカのビート小説みたいに、くだらないが、「なんとなくいい感じ」で、そこらへんに溢れていそうなもの、それがいい。この寄せ集め?
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー