中古品
¥ 1,318
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【送料完全無料・毎日発送!!】カバーに若干のスレ等はございますが、中身の状態は良好です! 有難うございます太陽堂です。お急ぎ便・コンビニ受取・クレジットカード・ネットバンキング・電子マネー・代金引換にも対応しております。こちらはAmazon専用在庫です。お客様よりご注文を頂き次第、Amazonより迅速に発送がなされます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

IT社長大失脚―天国と地獄をみた男の告白 単行本 – 2005/11

5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2005/11
"もう一度試してください。"
¥ 34,154 ¥ 1,061
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

私はなぜ“ホリエモン”になりそこねたか。上場寸前プロの詐欺集団にパクられた若きIT起業家痛恨のドキュメント。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小野寺/隆
1976年12月12日生まれ。株式会社アクティビジョン代表取締役社長。ストリーミングインフラの技術開発を行う会社として創業。株式公開を目前にして、突然の破綻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 294ページ
  • 出版社: サンデー社 (2005/11)
  • ISBN-10: 488203042X
  • ISBN-13: 978-4882030423
  • 発売日: 2005/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 335,799位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

数年前、創業者であり経営者だった叔父が自殺した。

数十年の社歴と、数十億の安定した売上を出す、地元で知名度がある会社だった。

景気の影響を受けづらい業種だった。危機に陥っていた訳でもなかった。だから、叔父の自殺は不可解だった。

直後に何人かの社長や役員が交代して倒産するに至ったが、倒産の原因は「叔父の放漫経営」という理由で片付けられた。

叔父に対しては、責任感が強くて迫力ある印象しかなく、自殺は私や親戚にとっては本当に突然の出来事だった。

この本を読んで、「あぁ、こういうことだったんだ」ということを、おぼろげながら解った気がした。

叔父は優秀で、とてもプライドの高い人だったから、人知れずとても苦しんだことと思う。

読んでいて叔父のことを思い、胸が苦しくなった。

こういう表に出ない、一般的に理解され難い、貴重な体験をまとめてくれた著者に、心から敬意を表したい。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ビジネス書で泣かされるとは思わなかった。

衝撃的なノンフィクションだが、リアルな経済小説としても読み応え十分。これは小説家には書けない。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
企業の創業から成長、大どんでん返し、企業の破綻、知能犯罪者との戦いなど、「これって小説じゃないの?」と思ってしまうほどの唖然とさせられるノンフィクションでした。

ストーリーを通じて、華々しいIT業界や株式市場の本質、生きている意味、人間の本質など、今まで曖昧にしか考えていなかった事に徹底的に気付かされた感じで、衝撃を受けました。

リアリスティックに淡々と綴られている良著だと思います。「面白かった!」の一言です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
なにが怖いって、詐欺師に言いくるめられて告訴状を受け取らない三田警察署である。

頑として受け付けない組織には背筋が凍る思いがした。

結果的には麻布署が受理したが、公務にこのような差が許される筈がない。

郵便局の杜撰なくせに変なところだけ杓子定規な対応にも唖然とした。

読んでて著者の心労を思うと胃が痛くなりそうだった。

しかし文章から察するにこれだけ頭脳明晰な著者の一歩上を行く

立崎氏とはいったいどのような人物であろうか・・・?

是非いつか、法廷で拝見してみたいものだ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
放漫経営で会社を倒産させた社長の話ではありません。

世の大物政治家や経営者を食い物にする、とんでもない詐欺師に目をつけられ、意図的に破滅させられた、上場寸前の若いIT社長の話です。

世の中、マルチ商法や振り込め詐欺等、「騙される人」は後を絶ちませ

んが、そんな詐欺は、下の下だと思い知らされます。

20代前半で、こんなとんでもない詐欺師に遭い、しかもこんな辛い現実

を真正面から受け止めて本にした作者は、恐ろしく強い精神力だと頭が

下がります。(是非再起してください!)

会社を経営する人に読んで欲しい一冊です。下手なビジネス指南書より、こういう悲惨な実体験を赤裸々に書いた本の方が、ずっと役に立ちます。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
いやあ面白くて一気に読んじゃいました。

松島さんの「追われもの」同様、ITベンチャー起業家が海千山千のプロの詐欺師に
食い物にされていく様はあまりにリアルでした。
ITバブル期に同じような体験をしている著者二人の手記を読むと、短い期間でしたが
あの時代がどれほど悪漢達の欲を増幅し、狂乱なマネーゲームを誘発したかがわかります。

追われものの光通信しかり、この本に登場するプロ詐欺師の立崎一派しかり、通常の理解と
常識を超えた極悪人の存在には、驚嘆の思いを抱きました。
ここまで自分の欲と野心に徹底し、他人を犠牲と不幸を意に介さない「悪意」が存在すること
が驚きです。金融危機を誘発し、羊毛狩りを行う現代の国債金融資本家たちと同様の思考回路
の人種なのかも知れません。恐らく、一般に知られないだけで、この他にも阿鼻叫喚の物語が
数え切れないほどあったのでしょう。

自らITベンチャーを起業しながら、IPOが「マネーゲーム」であると客観視する筆者の姿勢も
印象的でした。多少、日本語文章が冗長であったりしますが、作家ではないので致し方なし、
それを補って余りある迫力ある壮絶な手記となっています。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告