通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
IT時代の震災と核被害 (インプレス選書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★★★御覧頂き有難う御座います。書庫保管の為、状態は綺麗です。検品済みではありますが中古品ですので若干の使用感、ヤケ等が御座います。ご了承下さい。読む分には問題御座いません。尚、中古品の為、臭いに関しましては個人差により、あるものとないものが御座います。完璧な商品をお求めの場合は、新品または、ほぼ新品をお勧めさせて頂いております。当店スタッフ全員、非喫煙者で御座います。ご安心くださいませ。ご注文確認後、丁寧かつ迅速にゆうメールにて発送いたします!もし、商品ご到着後に問題が御座いましたら、評価の前にお手数では御座いますがご連絡をお願い致します。ご返品の場合で御座いますが、頂いた送料、返送料はお客様のご負担となります。申し訳御座いません。迅速に対応させて頂きます!
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

IT時代の震災と核被害 (インプレス選書) 単行本(ソフトカバー) – 2011/12/8

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 40

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

グーグル、ヤフー、ツイッター、アマゾン、動画サイトの3.11。IT集団の初動レポートとともに、日本・社会・メディアを問う。

著者について

◆東浩紀 1971年生。評論家・作家。編集長を務める『思想地図β』のvol・2で「震災以後」を特集。
◆飯田哲也 1959年生。NPO法人環境エネルギー政策研究所所長。2011年10月より経済産業省資源エネルギー庁総合資源エネルギー調査会基本問題委員会委員、内閣官房原子力事故再発防止顧問会議委員。
◆飯田豊 1979年生。福山大学人間文化学部メディア情報文化学科専任講師。メディア論、メディア史、文化社会学。
◆池田清彦 1947年生。東京都立大学大学院生物学専攻博士課程修了。早稲田大学教授。著書に『激変する核エネルギー環境』(KKベストセラーズ)など。
◆円堂都司昭 1963年生。文芸・音楽評論家。2009年に『「謎」の解像度 ウェブ時代の本格ミステリ』(光文社)で日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞を受賞。
◆荻上チキ 1981年生。メールマガジン「αアルファシノドス」編集長。著書に『検証 東日本大震災の流言・デマ』(光文社新書)など。
◆加藤典洋 1948年生。東京大学文学部仏文学科卒。文芸評論家。早稲田大学教授。著書に『アメリカの影』(講談社文芸文庫)など。太宰治賞、小林秀雄賞選考委員。
◆萱野稔人 1970年生。哲学者・津田塾大学准教授。2003年パリ第十大学大学院哲学科博士課程修了。朝日ニュースター「ニュースの深層」木曜キャスターとして出演中。
◆西條剛央 1974年生。早稲田大学大学院(MBA)専任講師。ふんばろう東日本支援プロジェクト 代表。専門は心理学や(科学)哲学。
◆酒井信 1977年生。批評家。文教大学情報学部専任講師。専門は社会思想とメディア論。著書に『最後の国民作家 宮崎駿』(文春新書)など。
◆神保哲生 1961年生。コロンビア大学ジャーナリズム大学院修士課程修了。AP通信記者などを経て2000年に『ビデオニュース・ドットコム』を立ち上げる。
◆武田徹 1958年生。ジャーナリスト、評論家。恵泉女学園大学教授。著書に『私たちはこうして「原発大国」を選んだ―増補版「核」論』(中公新書ラクレ)など。
◆津田大介 1973年生。ジャーナリスト。早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース非常勤講師。
◆広瀬弘忠 1942年生。安全・安心研究センターセンター長。東京大学文学部心理学科卒。文学博士。東京女子大学名誉教授。
◆三上洋 1965年生。ITジャーナリスト。Ustream、セキュリティ、携帯電話料金などをテーマに執筆。
◆宮台真司 1959年生。社会学者。映画批評家。首都大学東京教授。東京大学大学院博士課程修了。社会学博士。
◆村上圭子 NHK放送文化研究所メディア研究部専任研究員。報道局で『NHKスペシャル』等の制作を担当、ラジオセンターを経て現職。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 392ページ
  • 出版社: インプレスジャパン (2011/12/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4844331140
  • ISBN-13: 978-4844331148
  • 発売日: 2011/12/8
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 498,295位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

関連メディア

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 けいちゃん☆ VINE メンバー 投稿日 2012/7/23
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
3.11の震災時に、ITは何ができたのか。そして今後の復興において、ITは何ができるのか。

本書の前半では、ヤフー、ツイッター、アマゾン、Ustream、ニコニコ動画などのIT企業が震災の際にどう動いたのかが克明に語られている。
後半では、宮台真司、津田大介、飯田哲也、東浩紀、萱野稔人、神保哲夫、荻上チキなどの面々が、日本の今後についてITを絡めつつ語っている。

前半は、東日本大震災のその瞬間に、IT企業の担当者たちがどう動いたのか、克明に語られているドキュメンタリーとなっている。
グーグルのパーソンファインダーを始めとして、現場の人たちがどのような想いで行動を起こし、いかに判断や決断したのかがよく伝わってくる。
ITが社会に果たした役割と、今後の課題がよく分かる内容となっている。

後半の内容は、各々が別の場所でも語っていることや、ITにあまり関係のない内容もあり、確かにこれからの日本の復興において大事なことが語られているのではあるが、本書に含めるのが妥当かどうかは疑問が残るものもある。
しかし実際問題として、宮台真司や東浩紀など、普段から影響力の大きい人が、震災時にTwitterを通して社会へ与えた影響は大きかった。
今後の社会設計にITは不可欠であり、津田大介など
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
震災時にさまざまなメディアがなにをしてきたかが,ひとつのおおきなテーマになっている. グーグルが震災後 2 時間以内でたちあげたという person finder について書いている. そしてヤフーやアマゾンなどもそれぞれが震災後やってきたことを書いている. これらは貴重な記録だ. ツイッターや他のネット・メディアがどのようにつかわれたか. またマスメディアとくに海外のマスメディアが日本の状況をどうつたえたか.

東 浩紀 は 「日本はいま,江戸時代末期のように開国と攘夷に分かれつつある」 という. ここまで劇的な表現はみたことがなかった.
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック