IMCO(イムコ) フリントオイルライター イムコ... がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,270
+ ¥ 315 関東への配送料
発売元: バリュークラブ
カートに入れる
¥ 1,070
+ ¥ 515 関東への配送料
発売元: lonestarband
カートに入れる
¥ 1,800
+ 関東への配送料無料
発売元: COOLBIKERS
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

IMCO(イムコ) フリントオイルライター イムコ スーパー 6700P シルバー IM6761390

5つ星のうち 4.5 50件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,944
価格: ¥ 1,860 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 84 (4%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:14¥ 1,070より
  • 原産国:中国
  • 本体サイズ:高さ62mm×幅27mm×厚さ1.4mm
  • 本体重量:35g
  • 素材:ステンレス


【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

よく一緒に購入されている商品

  • IMCO(イムコ) フリントオイルライター イムコ スーパー 6700P シルバー IM6761390
  • +
  • ZIPPO(ジッポー) Zippo オイル缶 【大缶355ml】
総額: ¥2,487
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

詳細情報
ブランドIMCO(イムコ)
ギフトパッケージについて予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意
  
登録情報
ASINB00OLM12TG
おすすめ度 5つ星のうち 4.5 50件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング スポーツ&アウトドア - 3,084位 (ベストセラーを見る)
発送重量59 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2014/10/10
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

●創業1918年、現在のライターの世界基準を作った「IMCO」。その過去に作られたモデルを再現したクラシックライン。
●シンプルな着火と持ち運びに便利なコンパクトなサイズ感が魅力のモデルです。



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
生産中止になり長らく手に入らなくなっていたイムコのフリントオイルライター。復活したので早速購入しました。
手持ちの旧イムコ(スーパー・ゴールド・インディアン:左側)と、新イムコ(スーパー・ロゴなし:右側)を簡単に比較しながらレビューしたいと思います。
(※私は、イムコと言えばこのオイルライターなので、この場は勝手ながら旧イムコ・新イムコと表現させて頂きます。)
実は、手持ちの旧イムコは、しばらく使ってない間に錆させてしまいました。
気付いた時には生産中止で新品を買う事が出来ない状態でした。その為、今回の新イムコの発売は、非常に嬉しく思います。久々にamazonからの発送が待ち遠しかったです。

■先ずは、化粧箱。
復活した新イムコには化粧箱+1年保障があります。
旧イムコを買った時は、100円ライターのように剥き出しで並べられたトレイの中から、このインディアン柄を探し出しました。
当然、化粧箱には入っておらず、1年保障や説明書もありませんでした。

■次に、外観ですが。
手持ちの旧イムコはインディアン柄の為、新イムコと単純に比較は出来ませんが。
それでも、あえて言うならば、外観は従来からほとんど変わりません。
メッキが少し明るいくらいでしょうか
...続きを読む ›
1 コメント 112人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
32年近くの愛用者で、現在所持しているのは7個めになります。
少し前に再購入を考えていたのですが、生産中止で在庫価格が高騰し購入を諦めていました。
柘製作所さんが再生産されている事を知り早速購入させて頂きました。

私が長年愛用して気に入っている所。
①ワンアクションでの着火。
 若い頃、ガス溶接トーチを使う事がよく有り、ゴッツイ手袋をしていても着火できます!
 山登りとかにも便利。(初めての購入はアウトドアショップを経営していた義兄の勧めで。)
②軽量。
 ジッポも昔使っていましたが、重いし着火にツーアクション必要。
③デザイン。
 見た目もカッコ良いし、構造がシンプルで機能的。
④価格が安い。
 以前より値段は上がっていますが、ブリキ→SUS430に変更。(納得のいく価格)

商品が到着しての感想ですが、オリジナルと比較しても遜色の無いとても良い品です。
フリント挿入蓋とかオリジナルよりスムーズに開閉できますし、むしろ完成度が上がっている感じです。
柘製作所さん本当に有難う御座います。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
2012年4月に、イムコはライター製造の幕を閉じた。その後、日本の柘製作所が、2013年2月に「IMCO」ブランドを正式に引き継ぎ、「イムコ」の象徴ともいえる「スーパー」をブリキからステンレスに変更して完全復刻。
第二次世界大戦当時、アメリカ軍将兵がZippo、イギリス軍がRONSONを使用したのに対し、ドイツ軍はIMCOを愛用した。
主力製品であるライター「トリプレックススーパー(通称「スーパー」)」は、かつて戦地で兵士が使用するものとして製造された経緯から、大量生産に向いた簡素、軽量、細身なライターであり、かつ分解やアレンジ、メンテナンスなども容易な機械的デザインで、オイルタンク部分が丸く、外側に可動式の風防リングカバーが付いている。安価でありながら非常に洗練された構造であるのが特徴。同社はライターの構造に関して、ほぼ創業以来一貫して改変を加えていない。機能を追求した、ムダな所が全く無いデザインで、改変を加える必要がなく今日に至っており、実に良く出来ている。
オイルライターの老舗として世界中で人気をもつZippo社の創業は1932年であり、イムコは創業・製造ともそれより古い1918年の第一次世界大戦中。そのため、ジッポーを含む世界中ほぼ全てのオイルライターのフリント(石)とウィック(芯)はイムコ社の規格に基づいており、使用は推奨されていないが、Zi
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
IMCOライターが製造を終了し、このIMCO風ライターしか安価で入手出来なくなりました。
安価とはいえ当時の価格(600円前後)では買えませんので、もう安価なライターでもなくなりましたが…。

で、このIMCO風ライター。
懸案だったオイル持ちは格段に向上しており、少量の給油で随分長く使えます。
スーパーなので風防が標準装備され、外でも安心の着火です。
難を挙げるとすれば、長い時間着火状態を続けると風防周辺が極端に熱くなり、触れると一瞬で火傷します。
あとフリントの持ちは相変わらず短く(一気に摩り下ろすような格好での着火の為)、およそ1ヶ月〜1ヶ月半程度で交換しなければなりません。
このライター専用のフリントは販売されていないので、少し細いZippo用のフリントで代用しています。

色々書きましたが、トータルで素晴らしい出来のライターだと思います。

【追記 2015/4/13】
IMCO専用のフリントが売られているようです。
ただ、入手の容易さはZIPPO用フリントの方が遥かに上ですので(100均で買えます)、代用で十分ですね。
他の方がフリントのスプリングの弱さをご指摘されてますが、ZIPPO用フリントを2つ同時に挿入する事で補完
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー