通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ICO -霧の城- がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ICO -霧の城- 単行本 – 2004/6/16

5つ星のうち 3.4 128件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,372 ¥ 1
単行本, 2004/6/16
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ICO  -霧の城-
  • +
  • ICO-霧の城-(下) (講談社文庫)
総額: ¥2,592
ポイントの合計: 39pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「ぼくが君を守る。だから手を離さないで」
頭に角の生えた生贄の少年。鋼鉄の檻で眠る囚われの少女。2人が運命を変えることを、「霧の城」は許さない。

構想3年。同名コンピュータゲームに触発されて、宮部みゆきがすべての情熱を注ぎ込んだ、渾身のエンタテインメント!

霧の城が呼んでいる。時は満ちた、生贄を捧げよと。
何十年かに1人生まれる、小さな角の生えた子。頭の角は、生贄であることの、まがうことなき「しるし」。13歳のある日、角は一夜にして伸び、水牛のように姿を現す。それこそが「生贄(ニエ)の刻(とき)」。なぜ霧の城は、角の生えた子を求めるのか。


内容(「BOOK」データベースより)

何十年かに一人生まれる、小さな角の生えた子。頭の角は、生贄であることの、まがうことなき「しるし」。十三歳のある日、角は一夜にして伸び、水牛のように姿を現す。それこそが「生贄の刻」。なぜ霧の城は、角の生えた子を求めるのか。構想三年。同名コンピュータゲームに触発されて、宮部みゆきがすべての情熱を注ぎ込んだ、渾身のエンタテインメント。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 542ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/6/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062124416
  • ISBN-13: 978-4062124416
  • 発売日: 2004/6/16
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.5 x 3.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 128件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 603,878位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 率直に感想を言うなら、面白いです。特に、細かい背景の描写が非常に上手く、原作のゲームをやったことのない人でも、城の風景が頭に浮かんでくるのではないでしょうか?話の流れもよく、登場人物の心理描写もよく読み取れます。
 しかし、これはあくまでも宮部みゆきさんのなかのICOの物語です。もともと、原作のICOは深くを語らず、プレイヤーの想像に任せる部分の多いものでした。そのため、ゲームの方を経験している人はそれぞれ自分が思い描いたICOがあるはずです。なので、内容が腑に落ちず、首をかしげる人がいると思います。自分がそうですから。
 上にも書いたように、これはあくまでも宮部さんの中の一つのICOの物語です。だから、ゲームのほうをやったことのある人はこういう捉え方もあるのだと、そう思いながら読むことをお勧めします。そうすれば、非常に面白い小説です。
 そして、原作をやったことのない人が。この小説を読んで原作のほうに興味を抱いていただいたら非常にうれしいです。ICOは巷にあふれているゲームとは明らかに違います。これを期に、普段ゲームをしないひとも、ICOに触れてみてはいかがでしょうか。
コメント 77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
PS2のゲームを小説化した本作。
表現や話の進め方は、「さすが宮部氏」との賞賛に価します。
しかし、原作ゲームが持っている大きな魅力を宮部氏は挿げ替えてしまっており、非常に残念な本です。
原作ゲームでは、少年は自分でもはっきりとした理由の解らぬまま、城で出会った少女を守りたいと思い始め、いつしか目的となります。
「少年」は「少女」に恋焦がれるもの。この白く光る不思議な少女が、理屈だけではなく、本性で慕うもの、少年の“偶像(ICON)”になったからこそ、この話のタイトルは「ICO」なのです。
しかし宮部氏のこの作品は、少年が最初から「村に帰る」と決意しており、「女王を倒す!」と述べます。この本ではそれが目的であり、まるでありきたりの冒険活劇になってしまいました。少女の存在意義は、理路整然と述べられた理屈においてのつなぎでしかないのです。
冒険モノと見れば、それはそれで面白いのです。ゲームで謎だった部分も見事な想像で繋げており、その面で見ればこれは立派なエンターテイメントになっています。
しかし、人間の深層心理を描写したきれいなボーイミーツガールであった原作を、わざわざありふれた「勧善懲悪」ものにしてしまったこの本に、少々腹立たしささえ覚えます。
ゲームのジャケットと同じ表紙を使っていますが、上記で述べた根
...続きを読む ›
コメント 146人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
原作の「ICO」は多くの謎を孕んでおり、こちら側が自由な解釈を許される魅力あふれる作品でした。果てしない静寂の中に、二人が繋ぐ手の重みやぬくもりだけが確かにある。それがすべて。だから「宮部みゆき」さんの「ノベライズ」が大々的に発売されたことに抵抗を覚えた方も多数いらしたと思います。
確かに、ゲームにひとつの解釈を与えるというかたちになったことは否めません。過去の出来事にICOの存在がかき消されてしまった感もありました。しかし、だからといってそれがICOの世界観まで否定したとは思いませんでした。
私が嬉しかったのは、宮部みゆきさんの「ICO」に対する深い愛情とICOのファンに対する細かい配慮がこの本の随所に感じられたということ。ひとつの作品として、霧の城の謎にこれほどまでに見事な解釈をつけられることを素晴らしく思いました。特に石像の騎士がきちんと扱われていたのが(気になっていたので)嬉しかったですね。切なかったです。ただ、過去のヨルダがちょっと喋り過ぎなような・・そして、この物語のメインテーマである「手を繋ぐ」という動作の温かみがあまり感じられなかったのが残念ではありましたけども。
まったくの個人的な感想として、私は「ICO 霧の城」を購入して良かったと思います。読後に感じる余韻はやはり、ICOならではの味わいです。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 stroberi VINE メンバー 投稿日 2006/2/26
形式: 単行本
私はゲームをした後に購入しました。

賛否両論分かれていますが、私は好きです。

そもそも、あんなにも言葉が無く説明すらないゲームを

こんなにも分厚い小説にするという

宮部みゆきさんの想像力に圧倒されました。

宮部みゆきさんの作品は今回が初めてでしたが

自分の持っていたイメージと大きく違うという事もなく、

ぐんぐん話にひきこまれて、一気に読んでしまった、という感じです。

一つ一つの表現が魅力的でとても心に残ります。

一つの古代の小さな伝説を読んでいるような文体も素敵です。

ICOのゲームを体験して、小説にしたい、と思った方はたくさんいらっしゃるはずです。

ICOは、それこそ100人やれば100通りのストーリーが想像される事でしょう。

この本はそのうちの一つです。

あまり自分の思っているICOを押し付けずに

宮部みゆきさんのICOだ、ということを念頭に抵抗せずに読めば

本当に一つの小説としての感動があると思います。

ちなみに私はICOクリアし
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー