ICHI スタンダード・エディション [DVD] がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 daioustore
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ケース、ディスクともに多少の傷みはありますが、比較的状態の良い商品です。管理番号201606
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ICHI スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.8 101件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 1,500 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,604 (63%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Prizumが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で映画「ICHI」を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ICHI スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • おっぱいバレー [DVD]
総額: ¥5,510
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 綾瀬はるか, 大沢たかお, 中村獅童, 窪塚洋介, 柄本明
  • 監督: 曽利文彦
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2009/04/03
  • 時間: 120 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 101件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001Q2HO46
  • EAN: 4988102624538
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 50,919位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

その女、座頭市。

綾瀬はるか×大沢たかお×曽利文彦監督(「ピンポン」)が贈る、本格時代劇アクション

【本篇ディスク特典】
●ミニ・メイキング
●劇場用予告篇

【スタッフ】
監督:曽利文彦「ピンポン」「APPLESEED」「ベクシル2077日本鎖国」
原作:子母澤寛(小説家、随筆「ふところ手帖」の中の一篇が「座頭市」のもととなった)
脚本:浅野妙子「ラブジェネレーション」「神様、もう少しだけ」「大奥」「純情きらり」
音楽:リサ・ジェラルド(ハリウッドの巨匠、「グラディエーター」「ミッション・インポッシブル」
殺陣指導:久世浩(黒澤明作品の殺陣師、主な作品に「影武者」「乱」「雨あがる」「たそがれ清兵衛」「武士の一分」)
主題歌:SunMin(ソンミン)

【キャスト】
綾瀬はるか「僕の彼女はサイボーグ」「ザ・マジックアワー」「ハッピーフライト」
大沢たかお「解夏」「世界の中心で、愛をさけぶ」「地下鉄に乗って」「ラブファイト」
中村獅童「ピンポン」「阿修羅のごとく」「男たちの大和/YAMATO」「レッドクリフ」
窪塚洋介「GO」「ピンポン」「凶気の桜」「俺は、君のためにこそしににいく」
柄本明「カンゾー先生」「うなぎ」「ドッペンゲンガー」「座頭市」「リアル鬼ごっこ」
竹内力「難波金融伝ミナミの帝王」「仁義」「バトル・ロワイアルII鎮魂歌」
杉本哲太「白蛇抄」「ビリケン」「ウォーターボーイズ」「世界の中心で、愛をさけぶ」

【ストーリー】
三味線を手に1人で旅をする盲目の女旅芸人・市(綾瀬はるか)は、チンピラとのいざこざの中で浪人・藤平十馬(大沢たかお)と出会う。十馬は市を助けようとするものの手が震えて刀を抜けない。そんな時市は仕込み杖を一閃し、チンピラをあっさり倒してしまう。その後2人はとある宿場町へとたどり着く。そこは街を仕切る白川組と町外れに根城を構える万鬼一党が抗争を繰り返す場所で、市と十馬も抗争に巻き込まれてしまう。

【劇場公開情報】
2008/10/25公開 サロンパス・ルーブルほか全国公開

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

勝新太郎の代表作『座頭市』を、『ハッピーフライト』の綾瀬はるか主演で描いたアクション時代劇。旅の道中、チンピラに絡まれた盲目の女旅芸人・市は、通りすがりの浪人・藤平十馬の目の前で容赦なくチンピラたちを切り捨てていく。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
  座頭市の大ファンである私にとって、勝新太郎なき後にも、こうした関連作品が製作・公開されるのは、とても嬉しい事である。数年前に公開されたビートたけし版<座頭市>も、それなりに楽しめた良作であると歓迎出来た。舞台版の座頭市は、松平 健、哀川 翔(三池崇史 演出)も演じているらしいが、このヒト達の市は御免被りたい。(イメージ合わない為)しかし、本作の綾瀬はるか版<女座頭市>には、製作が発表された段階から期待していた。監督も話題作<ピンポン>の曽利監督だと聞いて、面白い作品になる事が予感されたからだ。そして、公開日。迷わず劇場のシートに身を沈めた私だったが、正直、期待を打ち砕かれた・・綾瀬以外のキャストに、大沢たかお、中村獅童、窪塚洋介までが並んでいると知った時点で、何か嫌な予感がしていたのだが。主役級の俳優(中村、窪塚はピンポンのつながりで監督が呼んだと思うが)を並べまくり、それぞれに均等に見せ場を作る事になったせいで、主役の綾瀬はるかの存在が曖昧になってしまった。ラストの殺陣のシーンは、窪塚、中村獅童の為のモノという感じであり、刀に手を掛けたままバカみたいにおびえて、地面を這いずり回っている大沢(意味のない演出である。ここまで刀に対するトラウマを抱えていたら、普通、刀そのものを差さないと思う。)と、大掛かりな乱闘がおさまった後にヒョコヒョコ出て来て、獅童一人だけを斬ってオシマイにな...続きを読む ›
2 コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
最近はコメディーづいている綾瀬はるか。本編ではシリアスな演技を見せてくれている。公開当時は殺陣の演技ばかりに注目が集まっていたが、本当の見所はそこではない。ここでは「泣き」の演技に注目だ。曽利文彦監督は写真集「綾瀬はるかinICHI」のインタビューで「特に驚いたのは役になりきって涙を流すこと。芝居の流れの中で自然に泣くことができる女優」と綾瀬を評している。「世界の中心で、愛をさけぶ」以来、これほど説得力のある涙を流せる女優を知らない。その綾瀬の「涙」については「僕の彼女はサイボーグ」の特典DVDに収められたインタビューで本人がこう語っている。「泣こう泣こうという気持ちに負けちゃいけないとすごく思う。そっち(涙)を優先して感情が抜けたら本当に自分で見てていつも駄目だと思う」。綾瀬は涙が欲しいシーンで涙が流れさえすればそれでいいという役者ではない。綾瀬の涙に対するこだわりは尋常ではない。本当に役になりきって涙を流すから「ファーストテイク」が最もいい演技になる、だからそれを撮り逃せないと「ICHI」のカメラマンも言っている。綾瀬は涙を見るだけで価値のある役者である。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 このレビューでは評価がけっこう高かったので期待して観たのですが、
正直かなりがっかりしました。
一番楽しみにしていたのは、あの「ピンポン」を撮った曽利さんならではの、
理屈無用のビジュアルエンタテインメントだったのに、ふたを開けてみたら
多少とも目を引いたのは、ハイスピードを多用したカメラワークと、派手な血糊を(たぶん)実写ではなくCGでけれんたっぷりに描いていることくらいであり、全体としては極めて退屈なアクション映画でした。 それでも、脚本なり演出なりが味わい深いものであれば、そこそこ楽しめたのかもしれませんが、陳腐なお涙頂戴ストーリーと、大沢たかお演じるホントは凄腕の剣士の“幼少期のトラウマが原因で刀を抜けない”というエピソードのせいでドラマとしてもかなりしょぼいものになってしまいました。
そもそもあのエピソードは映像化するには無理がありすぎたのでは。立ち回りのシーンで、いつもいつも馬鹿みたいにうんうん唸るばかりで最後まで刀を抜けないという妙ちくりんな演技は、どう見ても”間抜けなコント”にしか見えず、ハラハラさせられるのではなく、イライラばかりが募るという始末。一転、終盤では思い出したように刀を振り回しますが、満を持してのご開帳なのにまったく迫力のないしごく普通の殺陣で、さらにがっくし・・・。
 綾瀬嬢はその儚げな美しさをいかんなく発揮し、不幸な運命を背負った瞽女の哀しみを情感たっぷりに演じていただけにとても残念です。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
哀しい生い立ちの三味線弾きの美しき盲目の女…市(綾瀬はるか)。この市…ただの女ではない。居合い抜きの達人なのである。『何処斬るかわからないよ、見えないんだから…』。こんな市は‘生きる屍,の様な日々を送っていた。しかし、藤平十馬(大沢たかお)と出逢った事で、市は自分には理解できなかった‘生死の境目地獄,から脱出する事ができ、生きる光を見出だして逝くのである。市を演じる「綾瀬はるか」は、とても上手く哀しい女心を表現して熱演していたと思います。「綾瀬はるか」はキッチリと哀愁を漂わせて、凄く綺麗だった。悪人・万鬼を演じる「中村獅童」の怪演も実に良かった。僕は、勝 新太郎&ビートたけしが演じた座頭市のファンです(香取慎吾は座頭市役は似合いません)。僕の本音としては、女版の座頭市を観るか?観ないか?…迷いましたが結果的には、綾瀬はるかの女版の座頭市を観て良かったと思っています。本当に‘綾瀬はるか,が超美人に見えました。勿論、哀愁を漂わせたクール美人としてね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック