¥ 2,808
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ICBTインターネット認知行動療法ガイドブック がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ICBTインターネット認知行動療法ガイドブック 単行本 – 2016/12/15

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,808
¥ 2,808 ¥ 5,580
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

インターネットを活用して認知行動療法を提供する
インターネット認知行動療法(ICBT)を紹介する初めてのガイドブック。
過去20年の研究成果をもとに、
どのようにICBTを臨床に適用できるかを実例を交えつつコンパクトに解説。
インターネット上の諸問題、対面式治療との併用法、うつ病・不安障害・身体症状に
対するプログラムの詳細などを具体的に紹介しており、
ネット時代の臨床家が心得ておくべき事柄が把握できる。

内容(「BOOK」データベースより)

オンラインサポートグループの効果。オンライン質問票。うつ病・不安障害・身体症状に対する治療プログラムとその効果。対面式治療との併用法、など、インターネットやスマートフォンを用いた認知行動療法の実際。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 192ページ
  • 出版社: 創元社 (2016/12/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4422116304
  • ISBN-13: 978-4422116303
  • 発売日: 2016/12/15
  • 梱包サイズ: 21.3 x 15 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 489,013位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
オンラインカウンセリングに携わっていますが、更に専門的な知識を深めようと思い、読んでみました。この手の専門書は、日本語で読めるものが未だほとんどないので、その意味でも貴重な一冊だと思います。

本書には、数多くのICBT(インターネット認知行動療法)のリソースが紹介されており、特に症状別(うつ病、不安障害、身体症状)のガイド付ICBTは、その効果の検証結果も併せて大変興味深い内容ですが、当然のことながら英語か他の言語のものしかないのはなんとも残念ですね。

つい数ヶ月前に国内の遠隔診療が解禁になるなど、今後のインターネットを介した治療の普及に伴い、日本語版のオンラインリソースの構築は必須ですし、このタイミングで本書を読んでおくことで、ガイド付きICBTにおけるセラピストの役割や支援の提供方法など、クライエントはもちろんのこと、セラピストにとっても安心して利用できるシステムの確立に備えることができるのではと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
インターネットを介した認知行動療法の第一人者による著書の日本語訳。クライエントを支援するための臨床技法としてのICBTそのものについてはもちろん、その社会的背景やニーズ、先行研究、現在の状況を簡潔に概観しており、これ一冊でICBTに従事する/しようとするセラピストが踏まえておくべき具体的な臨床技法と関係する情報を整理することができる良書。単なるステップ・バイ・ステップのhow to本ではなく、あくまでもエビデンスを示しつつICBTの可能性について述べている点に好感が持てる。個人的には第10章の「訓練とスーパービジョン」「サービスを始める方法」に興味を引かれた。昨今の日本国内の医療場面では遠隔診療が徐々に台頭しつつあるものの、インターネットを介した治療・支援の専門家の訓練や、サービス提供方法についての知見は少ないと言える。この点についてさらに掘り下げた内容の書籍が本書の著者・訳者によって紹介されることを期待したい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す