通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
IA/UXプラクティス モバイル情報アーキテクチャ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆保証付。消毒清掃・フィルム梱包。アマゾンから迅速発送◆【帯付属】表紙に若干のスレがあります。その他に目立つダメージはありませんが、中古品につき小キズなどがありますので、ご了承ください。丁寧な検品と清掃、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
12点すべてのイメージを見る

IA/UXプラクティス モバイル情報アーキテクチャとUXデザイン 単行本(ソフトカバー) – 2016/3/22

5つ星のうち 3.5 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 1,400

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • IA/UXプラクティス モバイル情報アーキテクチャとUXデザイン
  • +
  • UXデザインの教科書
総額: ¥5,940
ポイントの合計: 236pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

※この書籍は、発売中止となったモバイルIAシンキングを増補・改訂、大幅に加筆したものです。

マーケティング課題やサイト/サービスのコンセプトに基づく、UXデザイン・情報設計・コンテンツ構造設計のノウハウを著者自身の業務経験を踏まえて論考(Q&A)形式で学ぶための解説書。従来型のWebサイト制作からマルチデバイス対応のWebサイト制作に移行する際に有効な知識やノウハウをまとめています。著者の坂本貴史氏が、大規模Webサイトのマルチデバイス対応を行う中で培った知見を注ぎ込みました。

出版社からのコメント

デスクトップサイトからモバイルサイト・アプリへ、IA/UX思考を慣行(プラクティス)として自身に定着するための知識をアプローチを凝縮した書籍。プロジェクトで発生するさまざまな問題とその解決方法を坂本氏の実践経験を通じて解説する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 210ページ
  • 出版社: ボーンデジタル (2016/3/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 486246324X
  • ISBN-13: 978-4862463241
  • 発売日: 2016/3/22
  • 商品パッケージの寸法: 25.7 x 18.2 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 18,104位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2017/3/10
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
モバイルアプリを中心としたUX(ユーザ・エクスペリエンス)重視のデザインのあり方についてのポイントを解説した本である。著者はUXデザイナー。

UXデザインとは何か。HCD(ヒューマン・センタード・デザイン)。モバイルでの画面デザインにおいて考慮すべき点の解説。モバイルでのIA(情報アーキテクチャ)の6パターン(一貫性の保持、状態の同期、画面共有、デバイス間移動、相互補完、同時発生)。コンテンツにおける6つのパターン(階層型、ハブ&スポーク型、マトリョーシカ型、タブビュー型、弁当箱型、フィルタビュー型)。レイアウトやナビゲーションによく使われる10のパターン。コンテンツ構造設計と優先順位。プロトタイピング。デザイン原則。UXジャーニーマップと可視化。ECサイトにおけるランディングページ。

ムック本サイズ。白黒印刷だが、適時図解が入っており、レイアウトも特に悪くはない。過去にサービスデザインについて論じた本を既に何冊か読んでいたからかもしれないが、個人的な感想としては、文章も特に読みにくいとか理解しづらいとは思わなかった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
Webデザイナー業に携わっており、スマホファーストなサービスデザインをするにあたっての参考にしたく購入しました。
内容は専門的ですが、ちょっと言い回しが難しいというか…なんとなくすんなり頭に入ってこない印象でした。
おそらく合う・合わないあると思いますので、自分に合うと思う方には良書となるのではないでしょうか。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
モバイル向けのGUIの開発者です。
Amazonでの評価が高かったので買ったのですが、自分には役に立ちませんでした。
とにかく序章は他の人の書いたものの参照が多く、結局何が言いたいのかさっぱり伝わらない。
体裁も悪く、UXについて述べるのならもう少し理解しやすいような内容に書けなかったのでしょうか。
これまで様々な技術書を呼んできましたが、あまりにひどかったので初めてレビューしました。
購入を検討される方はよく中身を見て、購入された方が良いと思います。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
情報設計に馴染みの無い人には少々とっつきにくい感じも受けるが、UX デザイン を本格的に学ぶには、情報設計は避けて通れない。本書では、IA→UX→デザイン→運用と、わかりやすく結びつけて解説してある。
UX を学んでも組織内で活用できないという悩みがUX初学者には多いが、実際の現場でどのように運用されているのかも実体験を元に書かれてあるので、自分の組織の中でUXを導入したいというUXリードの立場の人はバイブルとなるだろう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
まさにUXデザインという言葉を体現している一冊だと思いました。
本書はUXデザインのさまざまなアプローチを網羅的に取り上げており、パラパラとめくるだけで、多くのアイデアや「気付き」を得ることができる、まさに「ツール」的な本です。
私は本書を「コンテンツはどのような形で伝えれば、より多くの人の心をつかむのか?」という視点で、読みました。
というのも、どんなに優れたコンテンツも、その伝え方を間違えてしまうと、魅力は半減してしまうからです。
コンテンツへの集客を考えた際、単純な集客ばかりに目がいきがちですが、本当に大事なのは、コンテンツの閲覧者に対する快適な閲覧環境を提供することではないかと考えています。
その点において、本書が語るUXデザインの視点は、非常に重要だと再認識しました。
UXデザイナーだけでなく、Webプランナーのためのツールとして手元に置いておきたい一冊です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ネットイヤーの坂本貴史さんは日本のWeb業界における情報アーキテクト(IA)の先導的存在でした。僕も常々坂本さんのブログbookslopeで勉強させていただいています。また坂本さんは2011年に刊行されたIAの教科書「IAシンキング」でも知られています。

この5年間でWebのランドスケープは随分様変わりしました。最大の変化は、タッチポイントのデバイスとしてモバイルが主流になったことです。結果としてのアプリの広まりやタッチポイントの多様化などに伴い、UXデザインやサービスデザインへの関心も高まってきました。私がUXデザイン事業を立ち上げたのものそうした流れの中でした。

こうした変化に対して、少なくとも国内においては、個々のデザイナーが実務のプロセスの試行錯誤を行ってきました。世界を見ても、モバイルの時代のUXデザインの方法論を体系だってまとめたものはほとんど見当たりません。

坂本さんが今回出版された「IA/UXプラクティス モバイル情報アーキテクチャとUXデザイン」は、モバイル時代のUXデザインの教科書として、決定版といってよいものです。実務家の視点から書かれており、実務に関わるあらゆる人にとって読む価値があります。特に、こうした仕事に新しく就く人にとっては最適な教科書だと言えます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー