Hundreds of Days [ARTPL-103]


価格: ¥ 2,160 通常配送無料 詳細
「予約商品の価格保証」対象商品。 詳細はこちら
発売予定日は2018年5月18日です。 在庫状況について
ただいま予約受付中です。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon の メリー・ラティモア ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 「予約商品の価格保証」では、お客様が対象商品を予約注文した時点から発送手続きに入る時点、または発売日のいずれか早い時点までの期間中のAmazon.co.jp の最低販売価格が、お支払いいただく金額となります。予約商品の価格保証について詳しくはヘルプページをご覧ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • CD (2018/5/18)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: PLANCHA
  • ASIN: B07C2Y9BMH
  • JAN: 4582237841268
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 2,080,870位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. It Feels Like Floating
  2. Never Saw Him Again
  3. Hello From the Edge of the Earth
  4. Baltic Birch
  5. Their Faces Streaked With Light and Filled With Pity
  6. On the Day You Saw the Dead Whale
  7. Wind Carries Seed (Bonus Track)

商品の説明

内容紹介

15 2500円 10 300 x 600 Sigur RosからReal Estate、Julia HolterさらにはThurston Mooreまでも魅了するアンビエント・ハープの才女、Mary Lattiomoreのソロ・オリジナル・アルバムとしては2016年の『At The Dam』以来となる新作が完成。
キーボード、ギター、テルミン、グランドピアノ等様々な楽器も導入し、ドリーミー且つドラマティックにスケールを増した、心洗われる感動的傑作。


これまでThurston Moore、Sharon Van Etten、Meg Baird、Julia Holter、Jarvis Cocker、Kurt Vile、Steve Gunn、Ed Askewなど様々な名だたるアーティストの録音やライヴのサポートをし、2014年にPew Center for Arts & Heritageのフェロー賞を受賞するなど、その才能は多くのミュージシャンから賞賛されているフィラデルフィアの女性ハーピスト、Mary Lattimoreの2年ぶりのソロ名義での新作が完成。

<strong>「それは私の人生の中で最も美しい夏だった」</strong>

2017年、彼女はヘッドランズ・アートセンターの音楽アワードを授与され、北太平洋沿岸にある古いビクトリア朝軍の建物に15人の作家、劇作家、ミュージシャン、詩人、画家、活動家共に夏の2ヶ月間を過ごした。彼女はサンフランシスコのゴールデンゲートブリッジの上の丘に囲まれたレッドウッドの広々とした納屋を与えられ、そこでハープを自由に演奏でき、本作はそこで制作された。

もちろん、もはや身体の一部のように彼女の精神とつながっている47弦Lyon & Healyハープを主体に制作されているが、ヘッドランズのスペースと静けさは、彼女のアプローチを広げ、キーボード、ギター、テルミン、グランドピアノのレイヤーを融合する自由を与えた。そして自らの声も楽器のように溶け込ませ、完全に新たなフェーズを感じさせる世界観を確立。

感情揺さぶるリリカルなハープの音色に浮遊感に満ちたキーボードの音色が浮遊し、エフェクトをアクセントにしつつ、要所でギターやピアノなども折り重なり、壮大な世界観を描き出す。これまで以上にドラマティックで幻想的なサウンドが構築されており、現時点での最高傑作とも言える完成度。

昨年はリアル・エステイトとツアーを回り、彼らが出演したTV番組のライヴではフィーチャーされ、シガー・ロス主宰のフェスティヴァルへの出演やを果たすあんど、活動の幅を広げている。今後はJulianna BarwickやIce Ageとのツアーも予定されている。いま最も注目されるべき女性ハーピストだ。

アーティストについて

Mary Lattimoreはフィラデルフィア在住のハーピスト。ライオン&ヒーリー コンサート ハープとエフェクトを駆使した実験的なサウンドをみせる。2013年にDesire Path Recordingsからファースト・アルバム『The Withdrawing Room』をリリースしデビュー。その後Thurston Moore、Sharon Van Etten、Meg Baird、Julia Holter、Jarvis Cocker、Kurt Vile、Steve Gunn、Ed Askewなど様々な名だたるアーティストの録音やライヴのサポートを経た他、エスパーズのメンバーが参加した総勢10名によるプロジェクト、The Valerie Projectのメンバーとしての活動や、“Marina Abramovic: The Artist Is Present”のフィルムスコアを手掛けるなど多岐にわたる活動をしている。2013年3月にニューヨークのグランドセントラル駅の100年祭にフィー チャーされたNick Caveによるカラフルな馬の作品「Soundsuits」のパフォーマンスのハーピストで出演、2014年にはPew Center for Arts & Heritageのフェロー賞(1年に12名のみ受賞)を受賞している。2016年にGhostly Internationalから『At The Dam』をリリースし、2017年には2011年から2016年にかけて暮らしていたフィラデルフィアの家で録音された音源をコンパイルした『Colleted Peaces』を発表。Real Estateとツアーを回り、Sigur Ros主催のフェスティヴァルnorður og niðurのストリングス・ステージにも出演を果たし、ヘッドランズ・アートセンターの音楽アワードを受賞した。2018年、『At The Dam』以来となるオリジナル・アルバム『Hundreds of Days』をリリースする。


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう