この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Human Interface Guidelines:The Apple Desktop Interface(日本語版) 単行本(ソフトカバー) – 2004/7

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 6,300
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

Human interface guidelines
 1984年に登場した米Apple Computer社のMacintosh。机上の作業をメタファとした操作体系は,その後のGUIの先がけとなった。本書はその設計思想と実装をアプリケーション開発者向けにまとめたもの。アジソン・ウェスレイ・パブリッシャーズ・ジャパン版(1989年)の再刊だが,GUIの利点と限界をユーザー中心の視点から簡潔に説いた内容は20年を経た今も色あせていない。「コンピュータ操作をエンジョイしてはならない,という理由はどこにもない」とする下りは志の高さを感じさせる。


(日経バイト 2004/10/01 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容(「BOOK」データベースより)

今日のパーソナルコンピュータのGUI(グラフィカルユーザインタフェース)の手本となった、アップル社のマン・マシンインタフェース設計基準を解説。GUIの設計思想を含め、多くのデザイナーにとって重要な本として今でも様々な書物で、参照、紹介されている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 147ページ
  • 出版社: 新紀元社 (2004/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4775303074
  • ISBN-13: 978-4775303078
  • 発売日: 2004/07
  • 商品パッケージの寸法: 23 x 19 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,068,864位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
長い間、絶版で、オークション等でもかなりの高額で取り引きされていた本が、出版社を変えて復刊しました。どうしても手に入れられず、泣く泣く洋書を購入した方もおられたと思います。この本が書かれた当時、Apple社が真剣に模索した、「ユーザーにたいして「簡単な(simple)」、「直裁的な(direct)」、「効率的な(effective)」、そして「馴染みやすい(accessible)」コンピュータ・インターフェースの概念が掲載されています。特に第一章書かれている基本的な設計の為の10原則は、プログラマーのみならず、他のデザイン領域の人が読んでも、十分価値のあるものと思われます。GUIが一般的になった今となっては、ここに書かれている内容は当たり前のことと思われるかもしれません。しかし現在のApple社のOSが、自ら提唱した10原則を守れていないように、このデザイン原則を突き詰めることは、かなり難しいと言わざるをえません。それ故に、当時の貧弱なコンピューターで、人間主導の効率的作業環境を真剣に実現しようとしたMacintoshやLisaは(実際使用するには性能が追い付いていないにも関わらず)いまだにハード&ソフト両面から評価され続けているのでしょう。デザインに携わる方々に、お勧めの1冊です。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kaizen #1殿堂 投稿日 2009/1/5
形式: 単行本(ソフトカバー)
デスクトップとは、机の上だということを知っていれば、Macintoshの設計の良さが分かると思います。
この本のよさを日本語に直してみることが、日本人の設計者の第一歩かもしれません。

復刊ドットCOMに登録されています。2008年に180票以上集まっていました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告