通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
How Google Works (ハウ・グーグル... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【★基本、配送は「ゆうメール」となりますが、商品代金が5000円以上(送料別)の高額商品に関しましては、お問い合せ番号がある配送方法を利用致します。★】【★中古商品の為、使用感があり、ヤケ、キズ、破れ、イタミ、多少の汚れ、書き込みが見られる場合がございます。詳しくはAmazonの「コンディションガイドライン」をご確認ください。また付録、付属品に関しましては、記載がない限りないものとお考えください。★】 «
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント 単行本 – 2014/10/9

5つ星のうち 4.3 74件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 697

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス)  ―私たちの働き方とマネジメント
  • +
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
  • +
  • HARD THINGS
総額: ¥6,026
ポイントの合計: 183pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【日本の人事部「HRアワード」2015書籍部門、最優秀賞! 】
【ハーバード・ビジネス・レビュー誌読者が選ぶベスト経営書2015、第2位! 】
【ビジネス書大賞2015、準大賞! 】


グーグルは、この方法で成功した!
グーグル会長がビジネスの真髄を初公開!
序文はグーグルCEO兼共同創業者のラリー・ペイジが執筆。


■グーグル現会長で前CEOのエリック・シュミットと、前プロダクト担当シニア・バイスプレジデントのジョナサン・ローゼンバーグは、グーグルに入社する以前から経験豊富なIT業界のトップ・マネジャーだった。だが、2人が入社したグーグルは、「他とは違ったやり方をする」ことで有名だ。これは、ビジョナリーであり、人とは反対の行動をとりがちな共同創業者2人、ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンの方針に沿ったものだった。

■入社してすぐにエリックとジョナサンは悟った。グーグルで成功するには、ビジネスとマネジメントの方法をすべて学び直さなければならない、と。本書では、著者2人がグーグルの成長に貢献しながら学んだ「教訓」を豊富な事例とともに語る。

■テクノロジーの進歩は消費者と企業のパワーバランスを激変させた。この環境下では、多面的な能力を持つ新種の従業員――スマート・クリエイティブ――を惹きつけ、魅力的で優れたプロダクトを送り出す企業だけが生き残れる。戦略、企業文化、人材、意思決定、イノベーション、コミュニケーション、破壊的な変化への対応といったマネジメントの重要トピックを網羅。

■グーグルで語られる新しい経営の「格言」(「コンセンサスには意見対立が必要」「悪党を退治し、ディーバを守れ」「10倍のスケールで考えよ」……など)やグーグル社内の秘話を、驚異的なスピードで発展した社史とともに初めて明かす。

■すべてが加速化している時代にあって、ビジネスで成功する最良の方法は、スマート・クリエイティブを惹きつけ、彼らが大きな目標を達成できるような環境を与えることだ。本書は、ただその方法をお教えするものである。

内容(「BOOK」データベースより)

グーグルはこの方法で成功した!グーグル会長がビジネスの真髄を初公開!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 376ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2014/10/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532319552
  • ISBN-13: 978-4532319557
  • 発売日: 2014/10/9
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 74件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,793位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
学者と違って実務家の記述はコンパクトでわかりやすいのがよい。概念的な話だけでなく、コミュニケーションのちょっとしたコツまで、ビジネスにかかわる話が盛りだくさんである。ただし、グーグルのやり方が全ての会社に当てはまるわけではないことを認識しておく必要はあるだろう(そもそも、そんなに優秀な人は集まってこない)。

・今日、企業の成功に最も重要な要素は“プロダクトの優位性”とその根底にある“技術的アイデア”である。管理能力でもマーケティング力でもチャネルの支配力でもない。インターネットの時代になってから、営業力によってお粗末なプロダクトが市場に出回る時代は終わった。実験のためのコストも低くなり、小さくてもよいものを生み出せる企業は生き残る。真の実力勝負の時代になったといえる。

・ヘンリー・フォードは「顧客の要望を真に受けていたら、速い馬を探し出すことで終わっていた」と言った。大切なのは、顧客の要望にこたえることより、顧客が思いつかないような、あるいは解決できないと思っていた問題へのソリューションを提供することである。

・それほど綿密かつ入念に検討したとしても、戦略には間違いがある。その欠陥ある戦略を忠実に実行することは失敗の実現につながる。ゆえに、優れた人材をえらび、欠陥に気づかせ、軌道修正させることが大切。
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一読して感じたのは、googleがやっていることの8割はIT業界では普通で、とくに目新しくはないということである。
データに基づいて決定する、意思決定の数を減らせ、大事な仕事をする人を中枢に、それにドレスコードを廃止して自由な服装にさせるのもベンチャー企業ではもはや普通だ。

自動車業界のトヨタにしても、かつての松下電器にしても業界を代表する優良企業は特別にユニークな経営をしていたわけではない。
それでも他社を寄せ付けない強さを発揮した秘密は、深い洞察にある。何か一つを行うにも深く考えて合理的な方法を選択し、取り入れている。

googleも、よりイノベーティブに、よりクリエーティブにというブレない視点にこだわって経営していることがわかる。そのため一方では「改革は一日度行え」というような非常識にも思える大胆な発想をする。「情熱ある人間は情熱を口にしない」という採用ポリシーも、「がんばると迷惑な人」(太田肇 新潮新書)に書かれている「熱意ある人材を採ると失敗する理由」に照らせば理に適っていると言えよう。

同業他社がいくらgoogleに追随しようと試みても失敗するのは、「仏つくって魂入れず」ではないが、表面にだけ目を奪われて肝心な強みを見逃しているからだろう。
あらためて読み直してみて、やっとそれがわかってきた。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書の原題は、“How Google Works”。
このタイトル通り、Googleで働く知識エリートたちがどのように働き、
成果を上げているか、そしてその文化を実現させるために、
どうマネジメントが機能しているのか、その秘密に迫っています。

商品開発プロジェクトや人材採用、コミュニケーション、会議運営など、
Google社内の黄金律がまとめられており、
組織文化の醸成やルール作りの参考になります。

googleに関連する本はいくつもありますが、
本書は、これまでの本とは明らかに違い、
私が最も知りたかったgoogleのマネジメント方法が書かれており
大変満足しています。

以下に、私がこの本を読んで参考になった部分を、
引用してご紹介します。

・いまや企業の成功に最も重要な要素はプロダクトの優位性になった

・こんにちの重要な構成要素は、情報、ネットへの接続性、
 そしてコンピューティングだ

・大きな成功をつかみたいなら、単に「成長する」だけでは足りない。
 「スケールする」必要がある

・グーグルの会議室のほとんどにはプロジ
...続きを読む ›
コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
21世紀に、成長し、進化し続ける組織の具体的な姿が、グーグル元CEO・現会長と創業者ラリーペイジのアドバイザーの二人によって、グーグルの15年間の軌跡から語られる。
二人はグーグルの成長と成功を支えている核心は、その文化であると断言する。
グーグルでは、ほとんどの情報は社員全員に共有され、社員誰でもが自由に参加し、発言できる全社ミーティングでは、他社なの人間が聞いたらクビになるのではないかと驚くような批判や厳しい質問も飛ぶ。
邪悪にならないというミッションは、金儲けか倫理かと選択を迫られた時に、みんなが踏みとどまる力になっている。
失敗は奨励される。多くの新しい失敗することが、学び、成長する唯一の道であることを組織文化として理解している。

多分誰でもが心の中では、そうだろうな、そうありたいと思っていることを、実際にあの規模で実現し、実行し続けているところがグーグルの圧倒的な凄さだろう。
日本では、ほとんどの組織がそれを実行できないが故に、ますますドツボにはまっていることが身に染みて分かる。

かつて日本企業には家族的と呼ばれる独特の緩さと自由と信頼と勤勉を奨励する企業文化を持っていた。
グローバリズムの中でその企業文化を更新する道ではなく、中途半端な企業文化を移植しようとして、本来
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック