この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

House Of Yes: Live From House Of Blues Import

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 3,872より 中古品の出品:3¥ 2,813より

この商品は「輸入盤 どれでも2点以上買うと10%OFF」対象商品です
「輸入盤 どれでも2点以上買うと10%OFF」キャンペーン、8/29まで実施中。Amazon.co.jp が販売・発送する輸入盤がキャンペーン対象商品となります。販売、発送業者をご確認ください。 キャンペーンの詳細は「輸入盤ストア」でご確認ください


Amazon の イエス ストア

ミュージック

イエスのアルバムの画像
イエスのAmazonアーティストストア
235 点のアルバム、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中。 今すぐチェック


登録情報

  • CD (2004/11/16)
  • ディスク枚数: 2
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Eagle Records
  • ASIN: B00069FKB4
  • EAN: 0826992006420
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 529,607位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. Yours Is No Disgrace
  2. Time and a Word
  3. Homeworld
  4. Perpetual Change
  5. Lightning Strikes
  6. The Messenger
  7. Ritual-Nous Sommes Du Soleil
  8. And You and I
  9. It Will Be a Good Day (The River)
  10. Face to Face
  11. Awaken
  12. Your Move / I've Seen All the Good People
  13. Cinema (Alternative Version)
  14. Owner of a Lonely Heart
  15. Roundabout

商品の説明

Captured in Las Vegas while touring in support of "The Ladder", "House of Yes" captures a mix of Yes classics, along with more recent compositions. The Yes lineup for this show consists of: Jon Anderson, Steve Howe, Chris Squire, Alan White, Billy Sherwood and Igor Khoroshev.


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
2人の若いミュージシャンをパーマネント・メンバーに向かえ、故ブルース・ファバーンという超有名どころを招いて新録アルバム「ラダー」を製作した直後のTV放映前提のライヴ(DVD発売済み)の音源を使ったCD。

映像ではさらにクッキリ分かるが、2名の若手の溌剌としたプレイがバンド全体の覇気を高めているのが音だけでも伝わってくる。その意味で、クラシック・ヒッツよりも「ラダー」収録曲の出来が良く聴こえる所もある。

その意味で90年代以降あまた出ているライヴの中でも秀逸な部類に入ると断言できる作品。

強いて言うと、私が保守的なのかもしれないが、イエスにハウ以外のギターが入り込んできたことの違和感が先にたってしまう部分がある。イゴールはある意味ウェイクマンの良質の部分を引き継いでいるので良しとして、(彼に罪は無いが)シャーウッド抜きで「ラダー」や本ライヴを聴いてみたい欲求にかられてしまった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 qzd13650 VINE メンバー 投稿日 2007/10/16
形式: CD
 イエスと言えば、やはり70年代の「こわれもの」、「危機」、「イエスソングス」を好み、最近は「キーズ・トゥ・アテンション」にかなりの期待をして裏切られたことがある、そんな経験があるのは私だけではないでしょう。

 このアルバムは、「キーズ・・」よりもライブのテンションが高く、メンバーの演奏もまとまっていて、楽しめます。

 そして、私にとって意外だったのは、「ラダー」からの曲がとっても心地良く聞こえることです。単なるポップスではなく、実はたくさんの旋律が折り重なった複雑な曲だったり、若い二人のメンバー(イゴールとビリー)のコーラスが良かったり...この二人が抜けたのは残念です。

 ウェイクマンが復帰した現在、「ラダー」収録曲よりも過去の有名大曲が重要視され!るようであれば、やはり過去のバンドとなるのでしょうか。

 私は、「It will be a good day」のような曲を、胸をはって楽しげに歌う、そんなジョンの姿を見つづけたいと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/1/11
形式: CD
1999年10月のライブ・ハウス『ハウス・オブ・ブルース』での音源によるライヴ・アルバム。ここでのライヴは1999年リリースの『ラダー』ツアーの一環である。2000年9月12日リリース。DVDもリリースされていてこのCDとまったく同一の音源である。メンバーはジョン・アンダーソン、クリス・スクワイア、スティーヴ・ハウ、アラン・ホワイト、ビリー・シャーウッド、イゴール・コロシェフの6人。

特徴として、初期のYESから最新作のYESまで押し並べて網羅したライヴになっているということがあげられるだろう。そして最新作からの曲がライヴでこうして聴いてみるとまんざら悪くないと感じられる。つまりリスナーが求める『YES』なものがあるという事になると思える。ただ結局このメンバー構成は極めて短命だったのはYESフリークなら知っての通りだ。聴けば聴くほどキーボードが軽くて今一歩で悲しくなる。

ご存知のようにこの後のアルバムが『Magnification(2001年リリース)』になる。初めてキーボードなしのYESとなったこのアルバムは、リック・ウェイクマンのキーボード・サウンドを上回るオーケストレーションを、映画音楽畑で初期からのYESファンであるラリー・グルーペが聴かせてくれる。このアルバムでの陳腐なキーボードに比べて100倍は素晴らしい。やはりYESにはリック・ウェイクマンやパトリック・モラーツ級のキーボードがいなくてはならないのだ、と感じるアルバムだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック