この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,600MP3アルバムを購入

The Hours CD, Soundtrack, Import

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,428 通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:22¥ 1,312より 中古品の出品:9¥ 1,145より
Cyber Monday【プライム会員限定】輸入盤CD2枚同時購入で15%OFFはAmazon.co.jp が販売・発送する商品がキャンペーン対象となります。販売、発送業者をご確認ください。

Cyber Mondayのセール対象商品です(12/12まで)
【プライム会員限定】 輸入盤 2点以上買うと15%OFFその他セール対象商品はこちら

Amazon の グラス(フィリップ) ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • CD (2002/12/16)
  • オリジナル盤発売日: 2003/1/24
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Soundtrack, Import
  • レーベル: Nonesuch
  • 収録時間: 114 分
  • ASIN: B00007BH3Y
  • EAN: 0075597969320
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 412,265位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:43
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
5:33
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
3:12
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
2:03
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
1:48
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
4:04
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
4:11
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
4:24
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
3:57
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
3:56
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
5:03
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
12
30
3:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
13
30
4:01
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
14
30
7:47
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

Amazonレビュー

   永遠性を追い求める音楽を書くより、たがいに無関係な3つの時代が舞台となる映画に曲をつけるほうが、どれだけいいだろうか? フィリップ・グラスのミニマル・ミュージックの特質は、この『めぐりあう時間たち』にとてもよく生かされている。マイケル・カニンガムの小説を原作にしたこの映画では、3人の女性――1920年代初頭のヴァージニア・ウルフ、第2次世界大戦直後の専業主婦、それに現代の書籍編集者――の物語が展開されるが、彼女たちの日常はそれぞれ異なるやり方でウルフの小説「ダロウェイ夫人」とかかわっている。『めぐりあう時間たち』のプロデューサー、スコット・ルーディンは、これら3つの時代の音のモンタージュを作るくらいならと(たぶんウルフはラヴェルで、主婦はマックス・スタイナーで、編集者はエンヤでといった具合に)、グラスに助力を求めた。グラスはコンテンポラリー=クラシック音楽の作曲家で、映画音楽の分野でも十分キャリアを積んでおり、最近の作品では「コヤニスカッツィ」がもっとも注目される。聴きなれたグラスのサウンド――限りなく層をなすヴァイオリンの音、変化のないメロディ、氷のように冷ややかなリズム、これらすべてが相まって、しばしば時間的に行ったり来たりする物語に首尾一貫した聴覚的基盤を与えている。曲はオーケストラと、弦楽四重奏団と、ピアノのために書かれている。これら弦楽器の豊かな音色は、マイケル・リースマンがクールに演奏するピアノ・パートにとって、音のサスペンションの勝利ともいうべき分厚いクッションとなり、ひとつひとつの音符が、スローモーションで滝のように流れ落ちる音階の短いセットだけでなく、思索的な沈黙によってもしばしば区切られているものを強調する。グラス作品のファンにとってなじみ深いのはこれら楽曲のテーマだけでなく、メロディのいくつかにも聴き覚えがあるだろう。スコアのいくつかの部分は彼のアルバム「グラスワークス」と「ソロ・ピアノ」、それにオペラ「サティアグラハ」から生まれたもので、このオペラには、それぞれ異なる時代に活躍した3人の伝説上の人物の物語がたまたま含まれている。(Marc Weidenbaum, Amazon.com)


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
作曲家・フィリップ・グラス(Philip Glass)の最高傑作のひとつであろう。
1983年に発表された『コヤニスカッツィ』(Koyaanisqatsi)に出逢ってから、これまでグラスの音楽を少しづつ聴きつづけてきたが――但し、全ての作品ではない――正直なところ、その作品のなかに、今ひとつ「腸」に響いてくるような情感の息づきを感受することができずにいた。
確かに、そこには、現代という時代を特徴づける底無しの不条理が刻印されてはいるのだが、ただ、結局のところ、それらの作品が音楽による「社会批評」の範囲を出るものではないように感じられたのである。
つまり、そこには、そうした時代を生きている人間の深層にある内面的真実が真にとらえられていないように思われたのである。
そこには、あたかも全ての頼るべき価値と基盤を喪失した現代という時代の雰囲気を克明にえがくことが、そのまま人間の真実をえがくことであるという――典型的ではあるが――倒錯した偏見が無批判に音楽として表現されているように思われたのである。
しかし、実際には、そうした時代においても、われわれは人間の深層に潜む真実を表現したバッハやベートーヴェンやブルックナーの古典的な音楽に耳を傾けつづける。
そこには、時代をこえて人間存在の内奥に息つづける深層的な真実がとらえられているから
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
 映画を見て、バックに流れている静謐な音の綾が耳から離れずに購入を決めた。映画ではピアノソロの印象が強かったが、実際には弦楽アンサンブルが大きな役割を果たしている。フレーズを繰り返す事の多い構成となっているが、転調による和音のゆらぎが心を打つ。
 この映画は、決して特殊ではない3つの物語が織物のように重ねられているが、そこには「人は誰のために生きるのか」という普遍的なモチーフが通奏低音のように全体に貫かれている。ヴァージニア・ウルフの事、そして「ダロウェイ夫人」については識者に委ねるが、その事に対する知識がなくても充分理解できる映画となっている。人の内面にある、生きる事に関するさまざまなテーマを織り込んだこの作品は、グラスが創り出した静謐な調べによってさらなる輝きを得ているように思う。
 一方、映像やactorの会話抜きにこのCDを聞く事で、これが単独の音楽芸術としても非常に質の高いものである事が判る。大向こうを唸らせるような仕掛けとは無縁の、静かな和音のゆらぎ。自分自身を見つめながら過ごす時間にこそ、このCDはふさわしい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告



フィードバック