この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Home 美しき故郷よ (Kappo仙台闊歩特別編集) 大型本 – 2012/3/1

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
大型本, 2012/3/1
¥ 1,740
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

陸前高田、気仙沼、南三陸、女川、石巻、東松島、仙台、名取、岩沼、亘理、いわき、他

仙台在住の写真家(伊奈信男賞受賞)が撮った、震災1年の記録

震災直後の混乱する街の様子、生々しい被害の爪痕、立ち上がる人々の営み、被災地に咲いた桜、5月の空にたなびく鯉のぼり、再開した魚市場、市民が待ち望んだ夏祭り、復興に向けて働く男たち、それでも美しい故郷の自然など、156枚の写真を収めました。

(本文あとがきより)被災地には、個人ではどうしようもない大きな問題がいくつも転がっていて、震災前の生活を取り戻すためには、まだまだいくつもの壁がある。それでも、心の“Home”がある限り、人々は再び立ち上がることができるのではないかと信じたい。それは決して家族や家という意味だけではなく、友人や先祖とのつながりであり、自分の仕事や同僚とのつながりであり、故郷の街や海や川や山であり、幼いころから記憶に染み込んでいる色や音や匂いそのものである

※売上の一部をあしなが育英会に寄付します

著者について

1954年、宮城県仙台市生まれ。1980年に渡米、ドキュメンタリーフォトを学ぶ。
1986年、宍戸清孝写真事務所を開設。1993年よりカンボジアや日系二世のドキュメンタリーを中心に写真展を開催。2004年、日系二世を取材した「21世紀への帰還IV」で伊奈信夫賞受賞。
2005年、宮城県芸術選奨受賞。著書に『Japと呼ばれて』(論創社)がある。日本写真家協会会員。仙台市在住。


登録情報

  • 大型本: 128ページ
  • 出版社: プレスアート; 1版 (2012/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4990190963
  • ISBN-13: 978-4990190965
  • 発売日: 2012/3/1
  • 梱包サイズ: 29.2 x 21 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,097,591位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2012年3月29日
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告