¥820
対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、HiLetgo JPが販売し、Amazon.co.jp が発送します。
この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
HiLetgo® Leonardo Pro Mic... がカートに入りました
ギフトラッピングを利用できます。

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

HiLetgo® Leonardo Pro Micro ATmega32U4 5V/16MHz ブートローダ マイクロ USB Pro mini Arduinoに対応 [並行輸入品]

5つ星のうち 3.8 15件のカスタマーレビュー

価格: ¥820 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
  • 注意:ショッピングカートを追加する際には、“HiLetgo-JP”から出荷されていることを確認してください。当社は電子部品の専門メーカーであり、電子製造と完璧な技術サポートに豊富な経験を持っています。他の売り手はHiLetgoの許可を受けていません、“Engmaメーカー直営店”が販売する製品は、偽造HiLetgo製品です、店舗評価は60~70%しかなく、品質を保証することは困難です。 あなたがHiLetgoブランドではない製品を受け取った場合、私達に連絡するか、またはAmazonに不平を言う。
  • 16MHzの水晶付き 電源ジャンパは、外部5Vを接続します。
  • 彼のUSBポートは、他のデバイスを接続するためのUSBケーブル(ホスト)を接続することも、単一の行ピンストリップで利用可能です。
  • モジュールサイズ:3.4cm x 1.8cm/1.33"X0.7"
  • ArduinoのIDE v1.0.5デベロッパーの下でサポートされています。

この商品の仕様
パーツ品番(英数字のみ) 3-01-1254
ブランド名 HiLetgo


よく一緒に購入されている商品

  • HiLetgo® Leonardo Pro Micro ATmega32U4 5V/16MHz ブートローダ マイクロ USB Pro mini Arduinoに対応 [並行輸入品]
  • +
  • HiLetgo® MPU9250 / 6500 9軸 9自由度1 6ビット ジャイロスコープ 加速用 磁気センサ IIC / SPI [並行輸入品]
  • +
  • サンハヤト SAD-101 ニューブレッドボード
総額: ¥2,172
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 発送重量: 9.1 g
  • 製造元リファレンス : 3-01-1254
  • ASIN: B01M6WULAO
  • Amazon.co.jp での取り扱い開始日: 2016/10/14
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 産業・研究開発用品 - 6,724位 (産業・研究開発用品の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

商品の説明

説明:
100%のブランド新たな高品質です。
16MHzの水晶付き
電源ジャンパは、外部5Vを接続します。
彼のUSBポートは、他のデバイスを接続するためのUSBケーブル(ホスト)を接続することも、単一の行ピンストリップで利用可能です。
モジュールサイズ:3.4cm x 1.8cm/1.33"X0.7"
ピンサイズ: 3cm X 1.2cm / 1.18"X0.47"
ArduinoのIDE v1.0.5デベロッパーの下でサポートされています。
パッケージは以下を含みます:1*レオナルドプロマイク ATmega32U45V/16MHzお客さんから頂いたアドバイス:
1、外部割込み機能を使用し、セットアップの中間当たりで宣言したときに、スケッチの書き込みが不可能になりました。詳しい原因は定かではありませんが、書き込み用のCOMポートが現れなくなったようでした。一応このような場合の回避方法を紹介しておきます。
a.リセットボタンを取り付ける
b.リセットボタンを2回すばやく押す
c.ArduinoIDEのポート選択画面に書き込み専用のポートが現れるのですかさず選択(8秒以内)
d.スケッチをコンパイル(書き込み)する
e.”マイコンボードに書き込んでいます”の表記が出たら、またリセットボタンを2回押す
f.正常に書き込まれる
2、エミューレートで使うライブラリは、Arduino.ccのものより機能がおおく更新も続いている Github の NicoHood/HID(HID Project) のものがお勧めです(例えば標準ライブラリでは困難なBIOSを操作するキーボードのエミュレータが作れたりします)。
3、B-ROBOTのオリジナルソースはD12 をSTEPPERモータのステップパルス出しの制御に使っていますが、D12はこのボードにはありませんのでD6で代用しました。
pinMode(12,OUTPUT); => pinMode(6,OUTPUT);
SET(PORTD,6)=> SET(PORTD,7);
CLR(PORTD,6)=> CLR(PORTD,7); 
に置き換えてみましたが、EZ-USBを使ったロジアナで観測するとSTEPPERモータへのパルスが出ず、
結局 B-ROBOTのソースの1usecのパルスを出す部分は、
digitalWrite(6,HIGH);
digitalWrite(6,LOW);
に置き換え、HIGH,LOWさせる間に挟んであるdelay_1u()は取っ払って動かすことができました。
単純なテストプログラムではPORTDレジスタを使ってパルスが出せるので、ハード的には問題なし。
digitalWrite()は結構高速ですね。



カスタマー Q&A

15件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.8

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

15件中1 - 8件目のレビューを表示

2017年11月7日
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年4月19日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年4月12日
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年6月29日
Amazonで購入
2019年7月25日
Amazonで購入
2019年4月2日
Amazonで購入
2016年11月19日
Amazonで購入
review image
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年5月2日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告