この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

Helvetica forever ヘルベチカ・フォーエバー -タイプフェイスをこえて- (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2009/2/8

5つ星のうち4.7 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥7,734 ¥3,980
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本語を組むことができない欧文書体のヘルベチカが、なぜ、日本でこんなにも人気があるのでしょう?多くの有名企業のロゴやポスター、本などにも使われ、世間に広く行き渡り、一見特色のないようにみえるこの書体が、なぜ、注目を集めるのでしょう?スイスでの誕生から50年を経て、はじめて公開される制作当時の貴重な手紙や資料をもとに、ヘルベチカが成功した背景をひもときます。

著者について

編集:

Victor Malsy(ヴィクトール・マルシー)

1957年、ドイツ生まれ。2000年より、製図技師、看護師の研修を受けたあと、ブレーメン芸術大学でグラフィックデザインを学ぶ。1991年からBuro fur Kommunikation und Gestaltung、2000年からデュッセルドルフ専門大学デザイン学部コミュニケーションデザイン学科教授。専門はタイポグラフィと本の装幀。


Lars Muller(ラース・ミュラー)

1955年、ノルウェー生まれ、デザイナー兼発行人。1982年からバーデンにビジュアルコニュニケーションスタジオを開設。1985年から専任講師として教鞭をとる。建築、デザイナー、美術、社会を国際的見地から論じる。




日本語版監修:

小泉均(こいずみひとし)

1958年、東京生まれ。タイポグラファー。グラフィックデザイナー。1990-1993年、バーゼルAGSで学ぶ。1994-2007年、長岡造形大学で教鞭をとる。現在、東京白金TypeShop_gでスイス・タイポグラフィを教える。

登録情報

  • 出版社 : ビー・エヌ・エヌ新社 (2009/2/8)
  • 発売日 : 2009/2/8
  • 言語 : 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) : 160ページ
  • ISBN-10 : 4861006333
  • ISBN-13 : 978-4861006333
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.7 3個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
3 件のグローバル評価
星5つ
73%
星4つ
27%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2017年12月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2009年8月15日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2009年2月24日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ヘルベチカ