この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Heliocentric CD, Import

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ポール・ウェラー ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック



登録情報

  • CD (2006/10/10)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Ume Imports
  • 収録時間: 48 分
  • ASIN: B00004SD3C
  • JAN: 0073145423942
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 194,587位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
5:17
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
3:56
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
4:07
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
3:27
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
5:00
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
5:43
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
5:24
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
5:02
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
4:49
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
5:22
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

商品の説明

PAUL WELLER Heliocentric (2000 UK 10-track CD album the fifth studio outing from the Modfather. Features the singles Sweet Pea My Sweet Pea and Hes The Keeper. Includes a picture sleeve booklet with lyrics CID8093)

Amazonレビュー

It's a curious dichotomy: long one of rock's most literate songwriters, Paul Weller's always been at his best when it sounds like he's just knocked a song out. Whether with the Jam, the Style Council, or on his own, the Modfather's most pleasing tunes are his most natural. Think "In the City", think "You're The Best Thing", think "Wild Wood" or "Uh Huh Oh Yeh" or "Into Tomorrow"--and try not to think too much about the times when it sounds like he's been crafting a song for ages. That's the biggest problem with Heliocentric, a (don't say it!) ambitious album that features string arrangements by Robert Kirby (who has also worked with Nick Drake, the Strawbs and Elton John) and a drum solo (the horror!) on "Picking Up Sticks". That's not to say that there's not a lot to like on the album--there is, particularly the slow-burn tenderness of "Dust and Rocks" and the back-to-basics love song "Sweet Pea, My Sweet Pea". On Wild Wood, Weller asked "Has My Fire Really Gone Out"?; on Heliocentric, he shows that it still burns, just not as bright. --Randy Silver

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
スタイル・カウンシル以降、若い世代からの再評価の追い風も手伝ってか、その速度を緩める事無く活動を展開してきたポール・ウェラーは一旦ベスト盤『モダン・クラシックス』でそのソロ・アーティストとしてのキャリアに句読点を打った。ベスト盤に収録されていた新録曲のタイトルを借りればまさしく"Brand New Start"を切る形となったのがベスト作以降では初となるこのスタジオ録音作。一聴するとキャッチーなヒット曲も無いし地味な印象なのだろうが、アルバム・トータルでの統一感は素晴らしいし、これまで以上に歌を重点に置いた、まさにあの"Brand New Start"以降の作風とも呼べるアコースティックな音作りがなされているので、じっくりと耳を傾けたくなる1枚になっている。効果的なストリングスのアレンジも要所要所で流れを引き締め歌を引き立てているし、ヴォーカリストPAUL WELLLERが好きな人にとってもたまらない内容ではないだろうか。私の場合ふとした時に聴きたくなるのでいつも手の届く所に置いてあるような、そんな親近感がある。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: LP Record
2000年発表。

前作 『 Heavy Soul 』 (1997年)で、アルバム制作における理想の音像を実現したポール・ウェラー。

円熟しながらも鋭いエッジを感じさせる彼の歌声。
そして、スティーヴ・ホワイトのタイトでへヴィーなドラム。
1983年にスタイル・カウンシルで出会ってから14年を経て、このふたりのタッグは最高のものになっていた。

そんなふたりのコンビネーションの質の深さをそのまま維持し、
さらに新しい境地、骨太のメロウネスを体現したのが、この2000年の 『 Heliocentric 』 だ。

アナログ盤では、その音の深みとタイトさがいっそう際立っている。
余裕と貫禄まで感じさせてくれる。

A面二曲目の「 Frightened 」 、そして B面ラストの「 Love-Less 」。
愛の渇望とあるがままの孤独を歌うこの二曲の素晴らしさ。

その他の曲も、繰り返し聴きこむ程に、その渋みある味わいと静かな情熱を感じさせる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
傑作だと思います。

JAM時代から、一度も斜に構えることなく、ひたすら「正しいROCK」を追い続ける、そのPaul Wellerの姿勢は痛々しいほど。そういう意味では、彼の全ての作品がその時代時代を必死に解釈しようとした傑作。それに物足りなさを感じる人、つまらなく感じる人はもちろん居るでしょうが、ちゃんと聞いてもらえば間違いなく良く出来ているし、必死さが感じ取れるはずです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 マリウシュ トップ500レビュアー 投稿日 2015/7/9
形式: CD
本アルバムで聴きどころはSホワイトのドラムです。リズム感、アイデア、サウンド作りと総合10点満点のこのプレイ。このアルバムの核をこしらえている。当時も、また今でも彼は英国、世界屈指のドラマーだ。彼のスマートかつ的確なリズムに煽られてなのか、それに載ったポールの作曲技術もソロ作ではぴか一。こういったメロデイが自然と湧き出る環境が録音時にあったんでしょう。2人のコラボがピークかつ完熟期なのもあってか、音がずっしり手ごたえがあり聴いた後で非常な満足感があります。次作から実験的になったり大作志向になったりしますが、この作品あたりが彼のソロ前半期の、この面子での一応の完成形かもしれません。近作になるほどに攻撃的なロックになってきてる。そういったところも「らしい」と思ってしまいます。The Jamの来日で観てから数十年。日々更新していく彼のキャリアからは目が離せません。最新作(サターン・・・)もまたよしです。是非両作品ともチェックしてください。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
我らが英国のアニキ、ポール・ウェラーのソロ5枚目は何とも温かく、そして味わい深い隠れた名作。
他のアルバムに比べて地味な印象もあり、今ではあまり話題に上る事も少なくなった感があるが、私はこのアルバムが大好きだ。

The Jam、Style Councilを経て、ソロ活動では自分自身を徹底的に見つめ直し、その総括となるベストアルバムを発売した後の一枚。
なんとも良い意味で肩の力が抜け、リラックスしながら作った印象を受ける。前作「Heavy Soul」とは、サウンドは似ているが醸し出している雰囲気がとても対照的だ。

とても優しく、心情がストレートに表現されたかのような、長いキャリアを誇るポールウェラーだからこそ辿り着けた境地だと思う。

コマーシャルな話題性や、ヒットになりそうな目立った曲が一切無いので他のアルバムの影に隠れがちだが、間違いなく隠れた名作。是非夕日でも眺めながらじっくりと聴いて欲しい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告