Heart to Heart がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Heart to Heart

5つ星のうち 4.6 36件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,086
価格: ¥ 2,826 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 260 (8%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 2,618より 中古品の出品:9¥ 1,190より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 槇原敬之 ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Heart to Heart
  • +
  • Dawn Over the Clover Field(初回生産限定盤)(DVD付)
  • +
  • 不安の中に手を突っ込んで
総額: ¥6,616
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2011/7/27)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: SMD itaku (music)
  • 収録時間: 56 分
  • ASIN: B0051RHS2A
  • JAN: 4571113320041
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 42,917位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 二つのハート
  2. Jewel In Our Hearts (Japanese Ver.)
  3. 犬はアイスが大好きだ
  4. LUNCH TIME WARS
  5. 林檎の花
  6. Appreciation
  7. White Lie
  8. 風は名前を名乗らずに
  9. 軒下のモンスター
  10. Remember My Name
  11. 今日の終わりにありがとうを数えよう

商品の説明

内容紹介

今作は、槇原敬之独自レーベル「Buppu Label」からの初のオリジナルアルバム。初回生産限定盤は、JR東日本東北新幹線新青森開業キャンペーン「MY FIRST AOMORI」CMソングとして書き下ろされた『林檎の花』、および、配信限定シングル『Remember My Name』のPVが収録されたDVD付き豪華二枚組。また、日テレ系列昼帯番組「ヒルナンデス!」のオープニングテーマ曲として書き下ろされた『LUNCH TIME WARS』も収録される。今年2月にニック・カーター(Backstreet Boys)のソロアルバム「I'm Taking Off」に収録された、槇原敬之書き下ろし曲『Jewel In Our Hearts』のセルフカバー(日本語ver.)も収録され、約1年ぶりとなるアルバムは、聴衆に大きく問いかける作品が詰まった槇原敬之渾身の意欲作!「今度の槇原くんのアルバムは,想い描くことは既に創造の始まりなんだってことをポップにメロウにラウドに詩的に伝えてくれるものになる筈だ。そして最後は人間讃歌を叫ぼうぜ,的な。まだ聴いたわけじゃないけどぉー。」小貫信昭(音楽評論家)

【通常盤】W購入者特典応募券を期間限定(8/31まで)で封入

メディア掲載レビューほか

槇原敬之が独自レーベル、Buppu Labelから発表する初のオリジナル・アルバム。バックストリート・ボーイズのニック・カーターへ楽曲提供した「Jewel In Our Hearts」のセルフ・カヴァーや、JR東日本『MY FIRST AOMORI』のCMソング「林檎の花」などを含む、渾身作です! (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
買ったはいいけどプレイヤーの方が壊れてちっとも聞かなくてもったいない感じ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
「軒下のモンスター」を初めて聴いたときは鳥肌がたちました。「Hungry Spider」を聴いた時のあの感動が蘇ったようでした。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
このアルバムは本当に完成度が高いです。それは皆さんもおっしゃっているとおり。
でも、楽曲のすばらしさだけでなく、まっきーの人間性の深さを余すところなく表しているという点で、秀作だと思います。
「当たり前のことにありがとう」は、近作に共通するテーマですが、3.11以後、さらにそれに原発、電気という具体的なテーマが加わったのでしょう。でも、他の方もおっしゃっていたとおり、原発に対するテーマはもっと慎重に語られるべきだったかもしれません。
 「林檎の花」は、聞いていて涙が出ました。まっきーの視点は、目の前にいる一人ではなく、その人のまわりの誰か、そしてそれを思う誰か、そういう広い範囲におよぶのですね。
 「軒下のモンスター」も、せつないです。自分のことをこれだけ素直に人にさらけ出すには、本当にすごい勇気がいったことと思います。でも、それを音楽という形でやってのけるまっきーの人間性の深さに心を打たれました。
 まっきーという人は、本当に一生懸命に生きている人だといつも感じます。その真摯な姿勢にいつも励まされ、勇気をもらい、自分もがんばらなくてはと思います。誰でも間違いはある、人に言えない悩みがある。でも、その経験を生かして、何度も回り道をしながら人生をより深いものにしていこうとすることが、その人を成長させていくのでしょう。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
「軒下のモンスター」で、今回初めて自分が同性愛者であることを
カミングアウトしています。

「君が笑うとき君の胸が痛まないように」の「80km/hの気持ち」の頃の
表現出来なかった事を今出来ている事に、彼自身嬉しく思っているのでは
ないでしょうか。

普通の結婚を望んでいる親に心配をかけたくない気持ち、
同姓である相手に自分の気持ちを悟られないようにする気持ち、
恋をしてもどうしようもないせつない気持ち、

同じように悩んでいる人に勇気や優しさを与えた事でしょう。

逮捕そのものより、それ以外の所で騒がれたことで、自分を
隠すかのように「ライフソング」に変化していきましたが、
今回、独自レーベルだからこそこそチャレンジできたんだと
思います。

槇原敬之のファンは、彼が同性愛者かどうかなんてどうでも良くて、
彼の繊細な気持ちや表現、メロディー、そして歌声が好きなんだと
思います。

別に恥じることはない、隠すこともない、彼の本当の気持ちを描ける、
そんなラブソングが今後も出てくることを期待しています。
コメント 91人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
これまで以上に彼の歌声の素晴らしさを再認識するアルバム。

楽曲の良さは無論のこと、ボーカリストとしての存在感、透明感がこれほど際立った作品は稀有だと思う。

強いメーセージを包含しながら、あくまでもリスナーを楽しませるための"音楽"を創り上げる彼の才能は素晴らしい。

アルバムとしてのトータルの完成度も高く、ソニーレーベル時代の名盤を彷彿させる。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
あたたかく、やさしい。

彼らしさは確実に溢れかえっている1枚。

そんな中にも一つ二つ、ピリッと感じる何かを毎回含んではいるが、今回はそれがいつもより刺激的。

そんな一つ二つには賛否両論あるだろうが、流されて自分の意見が持てない、恐くて言えないよりはずっといい。

これからも、彼が生み出すものをもっとずっと聴いていきたい。
改めてそう思った。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
「林檎の花」を聴いて、
「ライフソング」と「ラブソング」のひとつの融合を見たような気がした。

この曲、一聴して好きになり、聴けば聴くほど更に好きになっていき、
・・・というこの感じ、実に久しぶりである。

ライフの中にラブがあり、ラブの中にライフがある、ということだろうか。
そんなメッセージというのは、直線的・説明的になりがちであり、
マッキーの曲の中にもこれまでそういう直線的な曲はいくつかあったとおもうのだが。

「相手を想う気持ちだけが 恋を愛に育てる」

今回、恋する情感にのせて、曲線的に、やわらかにまろやかに、
人の愛を語り始めたマッキー。
これぞ真骨頂でしょう。これを私は待っていました。
槇原さんでなければ、描けなかった世界ではないだろうか。
こんなふうに、情感豊かでありながら、しかも説得力をもった形では。

この曲に出てくる登場人物は4人。
「彼」、その彼に思いを寄せる「彼女(あの子)」。
その彼女に思いを寄せる「君」。
そして、その君を見つめる、この物語の語り手である「僕」。
光と影の移ろいのように美しく繊細なコード進行の旋律にのせて、物語は語られて
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す