この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Harry Potter and the Order of the Phoenix (英語) ペーパーバック – 2004/7/10

5つ星のうち 4.3 202件のカスタマーレビュー

その他(39)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
図書館
"もう一度試してください。"
¥ 2,253 ¥ 4,400
ペーパーバック, 2004/7/10
¥ 3,352 ¥ 75
カセット, Audiobook, Unabridged
"もう一度試してください。"
¥ 3,823 ¥ 1,815
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

商品説明

   ホグワーツ魔法魔術学校5年目の新学期を目の前にして、15歳のハリー・ポッターは思春期のまっただ中にいる。なにかというとかんしゃくを起こしたり、やつれそうなほどの恋わずらいをしたり、強烈な反抗心でいっぱいになったり。鼻持ちならないダーズリー一家と過ごす夏は、相変わらず腹の立つことばかりで退屈きわまりなく、しかもこの休み中は、マグルでない級友たちと連絡をとる機会がほとんどなかった。ハリーはとりわけ、魔法界からなんの知らせもないことにいらついていた。復活したばかりの邪悪なヴォルデモート卿がいつ襲ってくるかと、気が気ではなかった。ホグワーツに戻れば安心できるのに…でも、本当にそうだろうか?

   J・K・ローリング著「ハリー・ポッター」シリーズの5作目は、前の年に経験した一連のできごとのあとすっかり自信を失った若い魔法使いハリーにとって、大きな試練となる1年間を描いている。ハリーが3大魔法学校対抗試合でヴォルデモートと痛ましくも勇敢に対決した事件は、どういうわけか、夏のあいだに広まったうわさ話(たいていの場合、うわさ話の大もとは魔法界の新聞「日刊予言者新聞」だ)では、彼をあざ笑い、過小評価するネタになっていた。魔法学校校長のダンブルドア教授までが、ヴォルデモートがよみがえったという恐ろしい真実を公式に認めようとしない魔法省の取り調べを受けることになった。ここで登場するのが、忌まわしいことこのうえない新キャラクター、ドロレス・アンブリッジだ。ヒキガエルを思わせる容姿に、間の抜けた作り笑い(「ヘム、ヘム(hem, hem)」と笑う)が特徴のアンブリッジは、魔法省の上級次官で、空きになっていた闇の魔術に対する防衛術の教授職に就任したのだ。そして、たちまちのうちに魔法学校のうるさいお目付け役となった。ハリーの学校生活は困難になるばかり。5年生は普通魔法使いレベル試験の準備のために、ものすごい科目数をこなさなければならず、グリフィンドールのクィディッチ・チームでは手痛いメンバー変更があり、長い廊下と閉じたドアが出てくる鮮明な夢に悩まされ、稲妻型の傷の痛みはどんどんひどくなり…ハリーがいかに立ち直れるかが、いま厳しく試されているのだ。

 『Harry Potter and the Order of the Phoenix』は、シリーズ前4作のどれより、大人への成長物語という意味あいが強い。これまで尊敬していた大人たちも過ちを犯すことを知り、はっきりしているように見えた善悪の境目が突如としてあいまいになるなかで、ハリーは苦しみながら大人になっていく。純粋無垢な少年、『賢者の石』(原題『Harry Potter and Sorcerer's Stone』)のときのような神童はもういない。そこにいるのは、ときにむっつり不機嫌な顔をして、しばしば悩み惑い(とくに女の子について)、いつも自分に疑問を投げかけてばかりいる若者だ。またもや死に直面し、信じられないような予言まで聞かされたハリーは、ホグワーツでの5年目を終えたとき、心身ともに疲れはて、すっかり暗い気分になっているのだ。いっぽうで、読者は本作でたっぷりエネルギーをもらい、このすばらしい魔法物語シリーズの次回作が出るまでの長い時間を、またじりじりしながら待つことになるだろう。(Emilie Coulter, Amazon.co.uk)
--このレビューは、同タイトルのハードカバーのレビューから転載されています。

内容説明

 ―― 豪華版ならではの特徴

   この布装の豪華版は、フルカラー印刷の見返し、箔押しされた背表紙タイトルというぜいたくな装丁に加え、表面にラミネート加工をほどこしたフルカラー印刷の特製ケース入り。このケースのタイトルも箔押しになっている。何より注目に値するのが、イラストレーター、メアリー・グランプレによる豪華版限定オリジナル・イラスト(標準版のイラストとは別)を使ったカバージャケット。取りはずしができ、額縁に入れて飾るのにもぴったり。ほかではけっして見つからない特別保存版。 --このテキストは、図書館版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 768ページ
  • 出版社: Bloomsbury Publishing PLC; New版 (2004/7/10)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0747561079
  • ISBN-13: 978-0747561071
  • 発売日: 2004/7/10
  • 商品パッケージの寸法: 12.9 x 4.1 x 19.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 202件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 33,768位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック Amazonで購入
This is not a stand-alone story. You should understand this story in order to fully enjoy the final volume of the Harry Potter series.

The author lived up to my expectations, and this volume was simply splendid. I was literally drawn to it. I initially intended to read it at my leisure, but I found myself squeeze in time for myself so that I could read the story.
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
 アンブリッジの猫をかぶったようないやみったらしい声、マクゴナガルの子音を強調した厳格な声、マルフォイの鼻にかかった気取り声など、Jim Daleは一人一人をたくみに演じ分けていて、ちょっと聴くだけで誰がしゃべっているかすぐ分かります。原書は読むのにとても時間がかかりますが、CDはどんどん進むので、勢いで聴けてしまいます(23枚×約70分ですが‥)。最後の方のダンブルドアの告白、ハリーが亡き人を思い一人涙する場面など、聴きながらこちらも泣けてきました。原書をじっくり味わいながら読むのもいいですが、語りに耳を傾けるのもおすすめです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 shakti 投稿日 2004/10/20
形式: CD Amazonで購入
オーディオ版のハリーポッター第五巻は、CDにして23枚、およそ27時間の大作です。
CDのカセットよりも良い点・悪い点をあげてみましょう。
☆ 外箱がより丈夫で良い。内部の一つひとつのCDケースには、それぞれ別のイラストが描かれており、イラストを見ながらストーリーを思い出すことも出来る。また、CDの表面にも何種類かのイラストがプリントされてある。(vol1とvol3のカセットも購入したが、イラストはなかったし、外箱もあっさりとしてものだった)。
☆ 5分ごとに区切られているので、頭出しに便利である。
★ 原書の頁やchapterとの対応表がない。(カセットにも無い)
★ いったん休止して、ふたたび聞き始めるときには、CDはあまり向いていない。カセットのほうがシンプルで良い。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
「4」の最後でVoldemortの復活をこの目で見、何か大変なことが起こりそうな不安を抱えたまま夏休みを迎えたハリー、おじさんの家がつまらないのはいつものことだけど、今年の夏は何故かロンもハーマイオニーもそっけなく、自分だけ取り残された気分。そんなある日、一見平和に見えるPrivet Driveに突然Dementorが現れ いとこのDudleyを襲う。思わず禁じられた魔法を使ってしまったハリーに 退学処分の危機。ハリーを魔法の世界から排除しようとする何者かの陰謀なのか?今回の敵は Voldemortだけではなさそうだ。
ただの子供向けのファンタジーだと思われがちなこのシリーズだが、第3作めくらいから始まったサイドラインも益々奥行きを増し、この第5作めでは完全にただのファンタジーの域を超えている。本作では ハリーの父ジェームズの意外な過去、スネイプ先生の苦悩、ハリーのシリウスへの思慕、思春期を迎えたハリーのやり場のない怒り、ハリーの初恋など 盛りだくさん。そして 本作では そもそも何故生まれて間もないハリーがVoldemortに命を狙われることになったのか、何故ハリーが毎年夏休みにはおじさんの許で過ごさなければならないのか など 今までの様々な疑問への答えが明らかにされる。
私がこのシリーズを通して一番好きなのは、物語のヒーローであるハリーが、いつも清く正しいヒー
...続きを読む ›
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
日本語訳がでるのを待切れず、チビチビと3ヶ月かけて今日読み終わった。
なんだか複雑な気分だ。
予定されている7巻までを大きく起承転結にわけるならば、この『Harry Potter and the Order of the Phoenix』はおそらく「転」に相当する巻だろう。
白も黒もグレーに近付いて行き、今まではっきりしていたものごとの境界線が急に不明瞭になる。 全体を通じて、Harryは自分に理解できないものごとや、理不尽なものごとに対し、ひたすらイライラをつのらせつづけている。
この物語を「暗い」という評価もあるようだけれど、むしろ、子どもが成長していく過程において、誰もがぶつかるであろう『世界の矛盾した姿』、それをよく描いていると思う。それを超えて世界を達観している大人に、まだその域に達せないHarryは苛立ちを覚え、それがHarryと気持ちがシンクロしてしまう読者にストレートに伝わるせいで、なんとなくすっきりしない読後感になるのかもしれない。
後半まで物語は広がるところまで広がって、読みながら「これってどうやって収拾つけるんだ?」と心配になるが、そのあたりはさすがのRolling、最後の100ページくらいになると、勢いできっちりまとめあげている。今回も、シリーズ最後の6巻、7巻に向かっていろんな伏線が張られているようだが、今
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー