Kindle Unlimited読み放題の対象です
新品:
¥2,149
無料配送: 10月27日 - 11月1日 詳細を見る
通常4~5日以内に発送します。 在庫状況について
代わりにKindle電子書籍が利用可能になりました。無料Kindleアプリでどのデバイスでもお読みいただけます。今すぐ聴こう。 Audibleをお試しください。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
ブックデポジトリー (Book Depository)
販売元
出荷元
ブックデポジトリー (Book Depository)
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

Harry Potter and the Order of the Phoenix (US) (Paper) (5) ペーパーバック – イラスト付き, 2004/7/10

5つ星のうち4.8 21,603個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
Audible版, 完全版
¥0
Audible会員 - 無料体験
ペーパーバック ¥1,457 ¥208
ペーパーバック, イラスト付き, 2004/8/1
¥2,149
¥1,698 ¥1
マスマーケット ¥10,392

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • Harry Potter and the Order of the Phoenix (US) (Paper) (5)
  • +
  • Harry Potter and the Half-Blood Prince
  • +
  • Harry Potter and the Goblet of Fire
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

商品説明

   ホグワーツ魔法魔術学校5年目の新学期を目の前にして、15歳のハリー・ポッターは思春期のまっただ中にいる。なにかというとかんしゃくを起こしたり、やつれそうなほどの恋わずらいをしたり、強烈な反抗心でいっぱいになったり。鼻持ちならないダーズリー一家と過ごす夏は、相変わらず腹の立つことばかりで退屈きわまりなく、しかもこの休み中は、マグルでない級友たちと連絡をとる機会がほとんどなかった。ハリーはとりわけ、魔法界からなんの知らせもないことにいらついていた。復活したばかりの邪悪なヴォルデモート卿がいつ襲ってくるかと、気が気ではなかった。ホグワーツに戻れば安心できるのに…でも、本当にそうだろうか?

   J・K・ローリング著「ハリー・ポッター」シリーズの5作目は、前の年に経験した一連のできごとのあとすっかり自信を失った若い魔法使いハリーにとって、大きな試練となる1年間を描いている。ハリーが3大魔法学校対抗試合でヴォルデモートと痛ましくも勇敢に対決した事件は、どういうわけか、夏のあいだに広まったうわさ話(たいていの場合、うわさ話の大もとは魔法界の新聞「日刊予言者新聞」だ)では、彼をあざ笑い、過小評価するネタになっていた。魔法学校校長のダンブルドア教授までが、ヴォルデモートがよみがえったという恐ろしい真実を公式に認めようとしない魔法省の取り調べを受けることになった。ここで登場するのが、忌まわしいことこのうえない新キャラクター、ドロレス・アンブリッジだ。ヒキガエルを思わせる容姿に、間の抜けた作り笑い(「ヘム、ヘム(hem, hem)」と笑う)が特徴のアンブリッジは、魔法省の上級次官で、空きになっていた闇の魔術に対する防衛術の教授職に就任したのだ。そして、たちまちのうちに魔法学校のうるさいお目付け役となった。ハリーの学校生活は困難になるばかり。5年生は普通魔法使いレベル試験の準備のために、ものすごい科目数をこなさなければならず、グリフィンドールのクィディッチ・チームでは手痛いメンバー変更があり、長い廊下と閉じたドアが出てくる鮮明な夢に悩まされ、稲妻型の傷の痛みはどんどんひどくなり…ハリーがいかに立ち直れるかが、いま厳しく試されているのだ。

 『Harry Potter and the Order of the Phoenix』は、シリーズ前4作のどれより、大人への成長物語という意味あいが強い。これまで尊敬していた大人たちも過ちを犯すことを知り、はっきりしているように見えた善悪の境目が突如としてあいまいになるなかで、ハリーは苦しみながら大人になっていく。純粋無垢な少年、『賢者の石』(原題『Harry Potter and Sorcerer's Stone』)のときのような神童はもういない。そこにいるのは、ときにむっつり不機嫌な顔をして、しばしば悩み惑い(とくに女の子について)、いつも自分に疑問を投げかけてばかりいる若者だ。またもや死に直面し、信じられないような予言まで聞かされたハリーは、ホグワーツでの5年目を終えたとき、心身ともに疲れはて、すっかり暗い気分になっているのだ。いっぽうで、読者は本作でたっぷりエネルギーをもらい、このすばらしい魔法物語シリーズの次回作が出るまでの長い時間を、またじりじりしながら待つことになるだろう。(Emilie Coulter, Amazon.com)
--このレビューは、同タイトルのハードカバーのレビューから転載されています。

レビュー

Kirkus Reviews July 15th, 2003
The Potternaut rolls on, picking up more size than speed but propelling 15-year-old Harry through more hard tests of character and magical ability. Rowling again displays her ability to create both likable and genuinely scary characters--most notable among the latter being a pair of Dementors who accost Harry in a dark alley in the opening chapter. Even more horrible, Ministry of Magic functionary Dolores Umbridge descends upon Hogwarts with a tinkly laugh, a taste in office decor that runs to kitten paintings, and the authority, soon exercised, to torture students, kick Harry off the Quidditch team, fire teachers, and even to challenge Dumbledore himself. Afflicted with sudden fits of adolescent rage, Harry also has worries, from upcoming exams and recurrent eerie dreams to the steadfast refusal of the Magical World's bureaucracy to believe that Voldemort has returned. Steadfast allies remain, including Hermione, whose role here is largely limited to Chief Explainer, and a ragtag secret order of adults formed to protect him from dangers, which they characteristically keep to themselves until he finds out about them the hard way. Constructed, like GOBLET OF FIRE, of multiple, weakly connected plot lines and rousing, often hilarious set pieces, all set against a richly imagined backdrop, this involves its characters once again in plenty of adventures while moving them a step closer to maturity. And it's still impossible to predict how it's all going to turn out. (Fiction. 12-15)

Bulletin of the Center for Children's Books September 2003
Harry Potter's latest adventure reveals an admirable hero somewhat the worse for wear: his grief at the death of Cedric, his fear of (and connection to) the evil Lord Voldemort, and his emotional distance from Professor Dumbledore combine to make Harry a bit short-tempered, a bit short-sighted, and a bit more recognizably human. Rowling eases readers back into Harry's world-and-Harry's precarious existence-with nary a ripple: the suburban peace of the Dursleys' manicured lives is shattered by the intrusion of dementors, sent by a rogue in the Ministry of Magic and seeking to do Harry serious injury. A wizard rescue party retrieves Harry from the world of Muggles and sets him down amidst the Order of the Phoenix, a secret society that plots Voldemort's final downfall. With an escalating love life, academic complications at school, and a Ministry of Magic determined to ignore the obvious, Harry is in an adolescent uproar. Revelations about Sirius Black, Professor Snape, and Harry's late father cause the boy to question all he holds true, and his confusion clouds his judgment. A roaring set of practical jokes by Fred and George Weasley against a politically appointed, obnoxious new professor at Hogwarts lightens the tone just in time for the Order's tragic confrontation with Voldemort and his malevolent minions. Rowling cheerfully turns her own conventions on th@ir cars, and the result is a surprising and enjoyable ride. While Harry's much-touted love interest fizzles before it fires, familiar characters achieve a bit more depth. Ginny Weasley starts to come into her own, Hermione employs a dryly wicked wit, and Dumbledore reveals, if not feet, at least a little toe of clay. It's no longer quite clear that all will work out in the end; the lines are being drawn, but, as exemplified by Percy Weasley, not everyone is on the right side. Rowling has managed to make Harry and his fate a bit less predictable, which, in the fifth of a seven-volume series, is a very good thing. JMD

Horn Book Magazine
(September 1, 2003; 0-439-35806-X)

(Intermediate, Middle School) This review is much like the proverbial tree falling in an uninhabited forest: unlikely to make a sound. But for the record, HP5 is the best in the series since Azkaban, and far superior to the turgid HP4. With Rowling once again f

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ Scholastic Paperbacks; Reprint版 (2004/7/10)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2004/7/10
  • 言語 ‏ : ‎ 英語
  • ペーパーバック ‏ : ‎ 870ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 0439358078
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-0439358071
  • 対象読者年齢 ‏ : ‎ 9 - 14歳
  • 寸法 ‏ : ‎ 13.21 x 5.33 x 19.3 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.8 21,603個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
21,603 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

すべてのレビューを日本語に翻訳
2017年8月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年2月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2011年11月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2005年6月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2005年6月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2015年1月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
ベスト500レビュアー
2003年12月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2004年6月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告

他の国からのトップレビュー

John M
5つ星のうち3.0 The series moves foward albeit rather slowly as Harry becomes an angst-ridden teenager
2018年9月28日に英国でレビュー済み
Amazonで購入
36人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
BusyG
5つ星のうち1.0 Beware different narrator - US version
2018年4月30日に英国でレビュー済み
Amazonで購入
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
Amazon Customer
5つ星のうち5.0 Mindblowing........speechless
2018年6月16日にインドでレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 Mindblowing........speechless
2018年6月16日にインドでレビュー済み
I don't think there's any need for review.......
After all its Harry Potter we are talking about.......the name is enough trustworthy....
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
78人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
Pev
5つ星のうち5.0 Relationships, Loss and Witchcraft
2018年1月31日に英国でレビュー済み
Amazonで購入
27人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
Djilly L.
5つ星のうち5.0 One of the best books in the series
2019年8月8日に英国でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 One of the best books in the series
2019年8月8日に英国でレビュー済み
This episode deals with Harry’s fifth year at Hogwarts. Harry is traumatised and at a rock-bottom situation being isolated all summer from every person that is close to him. Through this he discovers the strength of his friendships and their loyalty as the Ordinary Wizarding Level exams are looming for Harry and his friends.
However it’s He-Who-Must-Not-Be-Named that poses the main threat and a growing presence of darkness - a threat that neither the Hogwarts school authorities nor the magical government can arrest.

Many characters are cast in a new light as they grow up, not least Neville Longbottom. There are interesting new characters, like the Defense Against the Dark Arts teacher. Umbridge is an annoying new head teacher who ignites the rise of an wizard resistance movement. And there is a surprise entry on the Gryffindor Quidditch team

The last few chapters tie many loose ends from previous books, making it a very worthwhile read. Though the bad-ass duel already glues you to the pages.

It’s brilliant book. My daughter explained to me this is so because in the previous books all characters we’re either good or bad, now even the good ones have flaws like James Potter and Dumbledore. Quite a thing to notice for a 9 year old. It’s 870 pages but our Potter-obsessed daughter wouldn’t have minded if it was longer.
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告