Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

200万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または
割引: ¥ 411 (27%)
Kindle 価格: ¥1,089

(税込)

獲得ポイント:
11ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

Kindle App Ad
[J.K. Rowling]のHarry Potter and the Order of the Phoenix (English Edition)
Audible版のサンプルを聴く
再生中...
読み込み中...
一時停止

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


Harry Potter and the Order of the Phoenix (English Edition) Kindle版

5つ星のうち4.8 21,595個の評価
Harry Potter (7 Book Series) (全7巻)の5冊目

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥1,089
Audible版, 完全版
¥0
Audible会員 - 無料体験
ハードカバー ¥2,271 ¥2,568
ペーパーバック ¥1,467 ¥573
マスマーケット ¥2,383
【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


商品の説明

商品説明

   ホグワーツ魔法魔術学校5年目の新学期を目の前にして、15歳のハリー・ポッターは思春期のまっただ中にいる。なにかというとかんしゃくを起こしたり、やつれそうなほどの恋わずらいをしたり、強烈な反抗心でいっぱいになったり。鼻持ちならないダーズリー一家と過ごす夏は、相変わらず腹の立つことばかりで退屈きわまりなく、しかもこの休み中は、マグルでない級友たちと連絡をとる機会がほとんどなかった。ハリーはとりわけ、魔法界からなんの知らせもないことにいらついていた。復活したばかりの邪悪なヴォルデモート卿がいつ襲ってくるかと、気が気ではなかった。ホグワーツに戻れば安心できるのに…でも、本当にそうだろうか?

   J・K・ローリング著「ハリー・ポッター」シリーズの5作目は、前の年に経験した一連のできごとのあとすっかり自信を失った若い魔法使いハリーにとって、大きな試練となる1年間を描いている。ハリーが3大魔法学校対抗試合でヴォルデモートと痛ましくも勇敢に対決した事件は、どういうわけか、夏のあいだに広まったうわさ話(たいていの場合、うわさ話の大もとは魔法界の新聞「日刊予言者新聞」だ)では、彼をあざ笑い、過小評価するネタになっていた。魔法学校校長のダンブルドア教授までが、ヴォルデモートがよみがえったという恐ろしい真実を公式に認めようとしない魔法省の取り調べを受けることになった。ここで登場するのが、忌まわしいことこのうえない新キャラクター、ドロレス・アンブリッジだ。ヒキガエルを思わせる容姿に、間の抜けた作り笑い(「ヘム、ヘム(hem, hem)」と笑う)が特徴のアンブリッジは、魔法省の上級次官で、空きになっていた闇の魔術に対する防衛術の教授職に就任したのだ。そして、たちまちのうちに魔法学校のうるさいお目付け役となった。ハリーの学校生活は困難になるばかり。5年生は普通魔法使いレベル試験の準備のために、ものすごい科目数をこなさなければならず、グリフィンドールのクィディッチ・チームでは手痛いメンバー変更があり、長い廊下と閉じたドアが出てくる鮮明な夢に悩まされ、稲妻型の傷の痛みはどんどんひどくなり…ハリーがいかに立ち直れるかが、いま厳しく試されているのだ。

 『Harry Potter and the Order of the Phoenix』は、シリーズ前4作のどれより、大人への成長物語という意味あいが強い。これまで尊敬していた大人たちも過ちを犯すことを知り、はっきりしているように見えた善悪の境目が突如としてあいまいになるなかで、ハリーは苦しみながら大人になっていく。純粋無垢な少年、『賢者の石』(原題『Harry Potter and Sorcerer's Stone』)のときのような神童はもういない。そこにいるのは、ときにむっつり不機嫌な顔をして、しばしば悩み惑い(とくに女の子について)、いつも自分に疑問を投げかけてばかりいる若者だ。またもや死に直面し、信じられないような予言まで聞かされたハリーは、ホグワーツでの5年目を終えたとき、心身ともに疲れはて、すっかり暗い気分になっているのだ。いっぽうで、読者は本作でたっぷりエネルギーをもらい、このすばらしい魔法物語シリーズの次回作が出るまでの長い時間を、またじりじりしながら待つことになるだろう。(Emilie Coulter, Amazon.co.uk)
--このレビューは、同タイトルのハードカバーのレビューから転載されています。 --このテキストは、kindle_edition版に関連付けられています。

出版社からのコメント

Harry Potter and the Order of the Phoenix, by J.K. Rowling, the fifth in the bestselling series has been scheduled for release on Saturday, June 21, 2003.

"We are thrilled to announce the publication date. Harry Potter and the Order of the Phoenix is absolutely superb and will delight all J.K. Rowling's fans. She has written a brilliant and utterly compelling new adventure, which begins with the words:

    "The hottest day of the summer so far was drawing to a close and a drowsy silence lay over the large, square houses of Privet Drive.... The only person left outside was a teenage boy who was lying flat on his back in a flowerbed outside number four.

"Later in the novel, J.K. Rowling writes:

    "Dumbledore lowered his hands and surveyed Harry through his half-moon glasses. 'It is time,' he said 'for me to tell you what I should have told you five years ago, Harry. Please sit down. I am going to tell you everything.'

-Barbara Marcus, President of Scholastic Children's Books in the United States, and Nigel Newton, Chief Executive of Bloomsbury Publishing in Britain

Harry Potter and the Order of the Phoenix is over 255,000 words compared with over 191,000 words in Harry Potter and the Goblet of Fire. The new book is 38 chapters long, one more than Harry Potter and the Goblet of Fire.
--このテキストは、kindle_edition版に関連付けられています。

登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B019PIOJV8
  • 出版社 ‏ : ‎ Pottermore Publishing (2015/12/8)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2015/12/8
  • 言語 ‏ : ‎ 英語
  • ファイルサイズ ‏ : ‎ 2740 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) ‏ : ‎ 有効
  • X-Ray ‏ : ‎ 有効
  • Word Wise ‏ : ‎ 有効
  • 本の長さ ‏ : ‎ 815ページ
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.8 21,595個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
21,595 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

すべてのレビューを日本語に翻訳
2017年8月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年2月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2011年11月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2005年6月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2005年6月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2015年1月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
ベスト500レビュアー
2003年12月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2004年6月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告

他の国からのトップレビュー

John M
5つ星のうち3.0 The series moves foward albeit rather slowly as Harry becomes an angst-ridden teenager
2018年9月28日に英国でレビュー済み
Amazonで購入
35人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
BusyG
5つ星のうち1.0 Beware different narrator - US version
2018年4月30日に英国でレビュー済み
Amazonで購入
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
Amazon Customer
5つ星のうち5.0 Mindblowing........speechless
2018年6月16日にインドでレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 Mindblowing........speechless
2018年6月16日にインドでレビュー済み
I don't think there's any need for review.......
After all its Harry Potter we are talking about.......the name is enough trustworthy....
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
71人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
Pev
5つ星のうち5.0 Relationships, Loss and Witchcraft
2018年1月31日に英国でレビュー済み
Amazonで購入
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
Djilly L.
5つ星のうち5.0 One of the best books in the series
2019年8月8日に英国でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 One of the best books in the series
2019年8月8日に英国でレビュー済み
This episode deals with Harry’s fifth year at Hogwarts. Harry is traumatised and at a rock-bottom situation being isolated all summer from every person that is close to him. Through this he discovers the strength of his friendships and their loyalty as the Ordinary Wizarding Level exams are looming for Harry and his friends.
However it’s He-Who-Must-Not-Be-Named that poses the main threat and a growing presence of darkness - a threat that neither the Hogwarts school authorities nor the magical government can arrest.

Many characters are cast in a new light as they grow up, not least Neville Longbottom. There are interesting new characters, like the Defense Against the Dark Arts teacher. Umbridge is an annoying new head teacher who ignites the rise of an wizard resistance movement. And there is a surprise entry on the Gryffindor Quidditch team

The last few chapters tie many loose ends from previous books, making it a very worthwhile read. Though the bad-ass duel already glues you to the pages.

It’s brilliant book. My daughter explained to me this is so because in the previous books all characters we’re either good or bad, now even the good ones have flaws like James Potter and Dumbledore. Quite a thing to notice for a 9 year old. It’s 870 pages but our Potter-obsessed daughter wouldn’t have minded if it was longer.
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告