中古品
¥ 542
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: Dispatched, from the UK, within 48 hours of ordering. Though second-hand, the book is still in very good shape. Minimal signs of usage may include very minor creasing on the cover or on the spine.
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (UK) [Adult edition] (英語) ハードカバー – 2005/7/16

5つ星のうち 4.5 225件のカスタマーレビュー

その他(41)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー, 2005/7/16
¥ 5,058 ¥ 333
カセット, Audiobook, Unabridged
"もう一度試してください。"
¥ 4,818 ¥ 3,000
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

'In a brief statement on Friday night, Minister for Magic Cornelius Fudge confirmed that He Who Must Not Be Named has returned to this country and is once more active. "It is with great regret that I must confirm that the wizard styling himself Lord - well, you know who I mean - is alive and among us again," said Fudge.' These dramatic words appeared in the final pages of Harry Potter and the Order of the Phoenix. In the midst of this battle of good and evil, Harry Potter and the Half-Blood Prince takes up the story of Harry Potter's sixth year at Hogwarts School of Witchcraft and Wizardry, with Voldemort's power and followers increasing day by day ...

出版社からのコメント

In the fifth and most recent book, Harry Potter and the Order of the Phoenix, the last chapter, titled "The Second War Begins," started:

    'In a brief statement Friday night, Minister of Magic Cornelius Fudge confirmed that He-Who-Must-Not-Be-Named has returned to this country and is active once more.

    "It is with great regret that I must confirm that the wizard styling himself Lord - well, you know who I mean - is alive among us again," said Fudge.'

Harry Potter and the Half-Blood Prince takes up the story of Harry Potter's sixth year at Hogwarts School of Witchcraft and Wizardry at this point in the midst of the storm of this battle of good and evil.

The author has already said that the Half-Blood Prince is neither Harry nor Voldemort. And most importantly, the opening chapter of Harry Potter and the Half-Blood Prince has been brewing in J.K. Rowling's mind for 13 years. --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 608ページ
  • 出版社: Bloomsbury; Adult ed版 (2005/7/16)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 074758110X
  • ISBN-13: 978-0747581109
  • 発売日: 2005/7/16
  • 商品パッケージの寸法: 12.9 x 19.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 225件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 57,658位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー Amazonで購入
This book is enjoyable for adults for sure.

The story contained in this book is not jubilant, but you will be exposed to very important episodes relating to Voldemort and Dumbledore.

You should proceed to read the final volume before you forget what is said in this volume. This volume and final volume are strongly connected.
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: カセット Amazonで購入
序盤からストーリーがテンポ良く進み、一気に読めました。5巻が重苦しいと思った方も、ご安心あれ。
マルフォイ少年は、「あの人」に使命を与えられたと仲間に自慢気に語り、学校の内外で不審な行動を取り続けます。スネイプ教授は、そんなマルフォイにサポートを申し出ます。「2人の目的は何なのか?」という疑問が、ハリーの悩みの種となってしまいます。
ヴォルデモートの出生の秘密と、彼を絶命させる唯一の方法が明かされているので、この巻は必読です。
ハリーは、「混血のプリンス」と名乗る人物がかつて所有していた魔法薬のテキストを手に入れます。その本に書き込まれていた薬作りのコツを見て、魔法薬の授業で優秀な成績を取れるようになったことから、ハリーは「混血のプリンス」に親近感を持つようになりますが、プリンスの正体は、意外な人物でした。
今回も、ハリーの保護者と言うべき重要人物が終盤で死んでしまいます。そして、最初は5巻の「予言」を受け入れることが出来なかったハリーも、ついに己の力でヴォルデモートを倒す決意を固めます。
5巻は、ハリーが死んだシリウスと意思疎通が出来そうだという含みを持たせて終わりましたが、6巻ではこの謎は解明されていません。7巻でシリウスがどういう形で登場するかも気になるところです。
英語版を読むと、作者は人物の風貌を表現することに長
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
5巻があまり好きではなかったので心配していましたが、完全に意表をつく展開や事件はなかったけれど、まずまずいい作品だなと思います。
物語は、この作品で殺されてしまう人、その人を殺すことになる人、その2人とハリーの関係(プラス、ハイティーンの恋模様)を描いているように思います。そして、この2人とハリーの関係が、このシリーズ全体を貫く一つの重要な流れになっているのかも知れません。
その人がハリーに向けるまなざしは、第1巻からずいぶん丁寧に描写されてきて、それが幼い男の子に向けるものから、自分の後を託す若者へ向けた物へと次第に変化していることが感じられます。成長していくハリーにも、その人にも、ある意味残酷に歳月が降り注いでいるのですね。私には、彼が自分の運命を予知していたようにも思われます。だから、この巻での彼のハリーへの接し方がある種の遺言のような、自分のできなかったことをなしとげてくれという願いがこもったもののように思え、そうすると、なんでもないやりとりも、なんて静かで切なく心に染みる場面なのだろうと思われます。
ところで、その彼を殺してしまう立場にある人についてですが、第1巻から気になる存在ですね。一筋縄ではいかない人なので、きっとこの人が、そしてこの人とハリーの関係が、最終章に向けて大きな鍵を持っているのでしょう。
それでも全般として、クライ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
ハリー・ポッター6作目。
ハリーは6年生、16歳になりました。前作で経験した耐え難い別れを耐え、受け入れ難い運命を受けとめ、ほろ苦い失恋も経て、すっかり大人の様相で読者を魅了してくれるハリー。ダンブルドア校長も、そんなハリーをパートナーとして信頼し、ヴォルデモートの歴史や背景を彼に直接講義して、2人の戦いに備えます。
一方、ハリーは新しい魔法薬の先生に借りたお古の教科書に書き込まれたヒントに助けられ、入学以来はじめて魔法薬の授業でいい成績をとります。その教科書に刻まれた持ち主の名は「混血のプリンス」…
ハリー・ポッターシリーズは児童書だからとなめてかかっていましたが、なんだか分かりにくいなとか、はっきりしないな、矛盾してないかな、と訝った事柄が、あとの作品で明らかにされ、納得させられる、この緻密さは毎回見事です。ハリーの成長とともにそのテーマも、人間をがんじがらめにする恨み、愛情、信頼といった深いものに変わってきました。
映画だけを見ている人には、ぜひ原作を読んで欲しい。本の厚みを見て分かるように、2時間の映像には詰め込めない濃い内容です。物語を読んで想像した美しさや迫力を、ビジュアルに再現した動く挿絵として映画を見るとベストですよ。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す