A Hard Day's Night - ビートル... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,200
通常配送無料 詳細
発売元: 楽笑堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,200MP3アルバムを購入

A Hard Day's Night - ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ! Soundtrack

5つ星のうち 4.5 84件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,621
価格: ¥ 2,199 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 422 (16%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、nyasuショップが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ザ・ビートルズ ストア

ミュージック

ザ・ビートルズのアルバムの画像
ザ・ビートルズのAmazonアーティストストア
270 点のアルバム、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • A Hard Day's Night - ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!
  • +
  • Help (Dig)
  • +
  • Beatles for Sale
総額: ¥5,509
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1998/3/11)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Soundtrack
  • レーベル: EMIミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 30 分
  • ASIN: B00005GL0M
  • JAN: 4988006739970
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  DVD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 84件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 86,587位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
2:34
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
2:43
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
2:19
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
1:56
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
2:29
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
2:08
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
2:11
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
2:11
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
1:45
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
2:35
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
2:16
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
12
30
2:34
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
13
30
2:23
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

内容紹介

Same Tracks as the USA Version.

Amazonレビュー

   アルバムと同名のビートルズ初主演映画のサントラ盤として、64年7月にリリースされたサードアルバム。全曲レノン=マッカートニーのオリジナルで構成された唯一のアルバムでもある。
   特にジョン・レノンの創造力が最初のピークにさしかかっていた時期だけに彼の色が強く出ているが、<5>は稀代のメロディメーカー、ポール・マッカートニーがいよいよその可能性を世に示した曲として重要な1曲。また、このアルバムならびに映画でジョージが使用した12弦ギターが、その後のフォークロックに与えた影響も忘れてはならない。(星野吉男)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
「アーティスト」としてのビートルズなら中後期だが、万人(特に音楽ファンでもなく、ビートルズのオリジナル全部持ってるとかじゃないリスナー)がイメージするビートルズの姿は本作ではなかろうか。この前作2ndも素晴らしいのだが、前半が圧倒的で後半やや失速気味になるのに対して、こちらは最後まで圧倒的クオリティで走りきる。さらにここから全作オリジナルというのも重要ポイント。ビートルズ最強の疾走曲の座を「Help」と争うであろう理想のオープニング「A Hard Day's Night」。そこからの勢いでさらに抜群のポップソング「 I Should Have Known Better」につなぎ、3曲目の美しいバラード「If I Fell 」が来る。この頭3曲の流れって、この後色んなポップ/ロックバンドが真似したと思う。ジョンがとにかく、ロック、ポップ、バラード全てにおいて無双の輝きを放っている。が、ジョージの「I'm Happy Just To Dance With You」もなかなかだし、ポールは「And I Love Her 」で、ジョンとは違うバラードの輝きを見せる。ポールの「Can't Buy Me Love 」、ジョンの「Any Time At All 」が、どちらも強力なサビから入る必殺曲で、中盤にさらにテンショ...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 3931 投稿日 2003/8/4
形式: CD
初めて高校生の頃、聴いた時はビックリして毎日聴いていました。音楽を聴いて本当にワクワクする感覚は、このアルバムが教えてくれました。
まさに、怖いものなしの初期ビートルズの絶頂期の象徴でしょう。やはり、ここではジョンが素晴らしい。才能というのはこういうもんだと思う。特にこの頃のジョンの写真を見ると、人間の1番いい顔がどんなものか判る。憧れずにはいられない。
 今、聴いても40年近く前の作品とは思えないほど、颯爽とした名曲揃い。
必ず聴いて欲しい名作です。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
最高の作品だ!いろんな意味でなんとも痛快なアルバムである。偶然ではあるが『若きビートルズの類い稀な才能と、何者にも止める事の出来ない勢い』この一瞬を永遠に封じ込めたアルバムである。時間の風化を受けながら常に輝き続ける奇蹟のアルバムである。このアルバムはただ単にオリジナルの楽曲を集めただけに過ぎない、コンセプトどころかテーマもない、映画に使われた曲にアルバムとしてのボリュームを整える為、新曲を追加した?せいぜいそんなところだと思う。世界のロックミュージック作品の価値がシングル単位からアルバム単位に取って代るのは彼らの『サージェント・・』を待たなくてはならない。本人達が何も意識せず、本能と才能の赴くまま製作した本アルバムは後期における擦り切れたような消耗と緊張感がまったく無い、元気はつらつとし、何事にも臆しない自信と野心に満ち溢れたジョンレノンがそこにいる。歌詞の世界の広がり・楽曲の妙は後期のそれとは比べるべくも無いが、理屈や技巧を差し引いて有り余る魅力がここには存在する。とにかく聞いて欲しい、デビューした頃の本来のビートルズを!出来ることならモノラル1スピーカーで大音量にて。短波ラジオが中心の時代彼らの狙っていた音、それに近い音である。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たか 投稿日 2010/3/28
形式: CD Amazonで購入
この曲のコード進行に唸ってしまいました。こんな素晴らしい曲を20代前半の若者が60年代という、ロックにとって発展途上の時代に作った事が信じられません!
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1枚目、2枚目を聴いても感じるけど、初期のビートルズは完全にジョンのバンドだったんだなって思う。ポールも勿論素晴らしい曲を書いてはいるけど、まだまだ若さを感じる。ジョンは最初から完璧に完成されている。このバランスはサージェント・ペッパーあたりで完全に変わってしまうけど。このアルバムでは、ジョンのソングライター、シンガーとしての才能が円熟の境地に達している。特にB面の曲はどれも素晴らしい。この後ジョンは自分の心情を吐露するような曲を数多く書くようになるし、次のアルバムでビートルズのサウンドも少し変化し始める。純粋なラブソングの弾けるようなロックンロールをやった最後のビートルズのアルバムかな。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
A面(当時はアルバム)は同名の映画のサントラ盤。B面はそれ以外の曲。映画は単なるアイドル物だったが、レコードはさすがの出来。A面で言うと先行シングル「キャント・バイ・ミー・ラブ」は当然のごとく大ヒットし、同じポールの曲で言えば「アンド・アイ・ラブ・ハー」は彼の比類なきメロディ・メーカぶりを示している。ジョンの「恋する二人」は個人的に大好きな曲なので、この曲を聴くだけでも胸が弾む。しかし、技巧的に言うとタイトル作に驚く。この曲はジョンが3節から成る曲を創った後、2節目と3節目のつなぎの部分をポールが独自に創り、結果として全体的に全く違和感のない曲になるという当時のビートルズの充実ぶりを示す傑作。また、「恋におちたら」のジョンとポールのハーモニーの美しさは特筆もの。

B面はジョンの活躍が目立つ(と言うかほとんどジョンの曲だ)。特に出だしの「エニ・タイム・アット・オール」はいきなりのボーカル・シャウトから始まる独創的な曲で特に印象に残る。全体的に当時のビートルズの充実ぶりを示す躍動感溢れる快作と言える。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー