この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

Happy! 全23巻完結 (ビッグコミックス) コミック

5つ星のうち 3.7 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1,540
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

小学館出版 【Happy!】 全巻完結23冊セット


登録情報

  • コミック
  • 出版社: 小学館
  • ASIN: B002DE6U6O
  • 商品パッケージの寸法: 39.6 x 19.2 x 13.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7

トップカスタマーレビュー

人に進められる名作です。
妻や父に読ませましたが二人とも読んで良かったとのこと。
父は嗚咽を上げて泣いたそうです。
 
私自身は大学時代に一度全部読んでいたのですがどうしても
もう一度読みたくなり購入してしまいました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
YAWARAのキャラの設定(柔→幸、柔道→テニス)が多いがストーリーは違い、恋愛要素が強い。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
浦沢直樹の傑作であり頂点です。
2000年代に入り、映画やドラマの原作として漫画が文学として採用される時代になりました。
2010年代の価値観で鑑賞すると、間違いなく漫画史上で最高の傑作です。
読後感は文学の醍醐味である、人間の浄化です。
文学のファンタジーで自己を浄化したい方は即購入してください。(浦沢に敬意を表して新品。貧しい方は中古でも)
1990年代にHAPPY!を敬遠した方、現在の漫画ファン、小説文学ファン、いずれも鑑賞することを強く勧めます。

主人公の女性が不運に追い込まれますが、最後はハッピーエンドです。
ハッピーエンドの勧善懲悪、水戸黄門やドラえもんが好きな方は全巻を一気に読破することを勧めます。
ハッピーエンドで終了するのも文学であり、ファンタジーを担保した傑作です。

漫画を文学として、映画として創作する、手塚治の思想に基づいて「火の鳥」の文学性を目指して創作されています。
(NHKのプロフェッショナル、漫勉より)

浦沢の漫画は初期のBETA!!から心理描写と人間の可能性を表現する文学として創作されています。
HAPPY!は青年男子向けのスポーツ美少女ラブコメとしてYAWARAで確立した路線とは全く違う方向を向
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
最初は面白く読み続けていたが、途中から主人公のあまりにもお人好しで他人を疑わない性格に、腹立ちを抑えきれなくなり、半分くらい読んだところで、読むのを中断した。本当に腹が立った。こんなにアホな主人公なら地獄に落ちるべきだろうと思わざるを得なかった。主人公に怒りを覚えた。しばらく中断した後に、続きを読み始めたところ、海外での試合の場面が増えてきて、実践の中で実力を高めているのがスポーツマンがらしく面白い。特に、ラストシーンまで、主人公があまりにもお人好しで他人を疑わない性格が一貫していて、納得できた。それにしても、竜ヶ崎蝶子という人間の卑劣さには腹が立つが、それに気がつかない周囲の人間の無能ぶりにはもっと腹が立つ。最初から最後まで、蝶子は幸を追いかけ回していたが、プロテニス選手が練習もしないで追い回すなど、暇人としか言い様がない。もっと時間を有効に使うべきだろう。練習をしないで嫌がらせばかりしていたら、腕が鈍るのは当たり前。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
話自体は、面白いんですが、蝶子って腹黒い意地悪女、意地悪なのは別にいいんです。みんなが良い人ばかりよりは、ああいうヒロインの足を引っ張ろうとするのがいた方が面白いのですが、
蝶子、あまりにも周りが持ち上げすぎじゃない?錦織圭みたいに世界のトップ10に3年ぐらい入ってるとかならともかく、日本では無敵でも、世界ではそうではない。
なのに、世界の有名俳優からアプローチ受けたり、海外の企業からオファーが来たり、海外の観客にも受けたとか、日本の新人の女子テニスプレイヤーでそこまでチヤホヤされてる人見たことないんですけど。
あの伊達公子だって、グラフと試合したとき、ランキング4位であるにもかかわらず、ヨーロッパの観客は、特に男性は「ステフィ結婚してくれ」とかいって、グラフばかり応援してたので、伊達が「私じゃダメなの?」って言ったそうです。
海外での日本選手なんてそんなもんです。ランキング上位でもそうなんですから、ましてや新人の日本の女子がチヤホヤなんてのは絶対ありえません。

国内だけでチヤホヤってのはいいんですよ。日本人はアイドルに弱いし、だいたい、日本の女子テニスって伊達さんだけで、そんなに強くないじゃん。最近は特に弱い。大坂選手のような体の大きいハーフをアメリカから呼んでるような状態なのに。
それに、あんな幸を陥れるよ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告