Handel: Dixit Dominus . S... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Handel: Dixit Dominus . Salve Regina . Laudate pueri . Saevita tellus CD, Import

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,374 通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:19¥ 873より 中古品の出品:5¥ 374より

Prime Music Prime Music


Amazon の ミンコフスキ(マルク) ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 「CDを買うとデジタルミュージック(MP3)ストアで使える200円クーポンプレゼント」キャンペーンの対象商品です。2016年8月31日23時59分(日本時間)までのご購入が対象となります。(マーケットプレイスでのご注文は対象外)

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック


登録情報

  • 演奏: Annick Massis, Magdalena Kozena
  • オーケストラ: Les Musiciens du Louvre
  • 指揮: Marc Minkowski
  • 作曲: George Frideric Handel
  • CD (2000/1/11)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Archiv
  • 収録時間: 77 分
  • ASIN: B00002DETD
  • EAN: 0028945962726
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 354,431位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト - アーティスト (サンプル)
1
30
5:43
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
2
30
0:38
ライブラリで再生 購入: ¥ 100
 
3
30
6:04
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
4
30
2:53
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
5
30
0:21
ライブラリで再生 購入: ¥ 100
 
6
30
1:50
ライブラリで再生 購入: ¥ 100
 
7
30
3:15
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
8
30
1:56
ライブラリで再生 購入: ¥ 100
 
9
30
1:19
ライブラリで再生 購入: ¥ 100
 
10
30
1:54
ライブラリで再生 購入: ¥ 100
 
11
30
1:42
ライブラリで再生 購入: ¥ 100
 
12
30
2:15
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
13
30
1:30
ライブラリで再生 購入: ¥ 100
 
14
30
3:03
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
15
30
3:08
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
16
30
3:48
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
17
30
3:41
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
18
30
2:04
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
19
30
5:20
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
20
30
2:44
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
21
30
2:28
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
22
30
2:16
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
23
30
1:30
ライブラリで再生 購入: ¥ 100
 
24
30
6:08
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
25
30
4:10
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
26
30
6:10
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 

商品の説明

商品の説明

DGG 459627 2; DEUTSCHE GRAMMOPHON - Germania; Classica vocale sacra

Amazonレビュー

We know Handel mostly for the operas (Ariodante, for example), biblical oratorios (Messiah), and instrumental works (Water Music) he wrote for London high society. Yet he was producing masterpieces such as these Latin sacred works composed in Rome when he was barely into his 20s. The big chorus-and-orchestra Dixit Dominus and the soprano showpieces S�viat tellus, Laudate pueri, and Salve Regina have been recorded several times in recent years (including, most notably, Andrew Parrott's thrilling full-scale reconstruction of the lavish Vespers service for which Handel probably wrote these works), yet this lively performance by Marc Minkowski and les Musiciens du Louvre is as good as any of them. Since Handel wrote this music for virtuoso castratos, it's no surprise that the stars here are the (female) sopranos Annick Massis and Magdalena Kozen�. Both have sweet, flexible voices with more body than, say, Emma Kirkby or Jill Feldman (two of Parrott's divas), yet without the wide vibrato and relentless legato that make so many singers unsuitable for period-instrument Handel. The performance isn't flawless: Massis does sometimes let her vibrato, however narrow, get in the way of long, sustained notes; the choir, surprisingly, lets vibrato get in its way overall, sounding better suited to Beethoven than Handel. Yet the energetic tempos and generally skillful execution make this a very worthwhile release. It competes against one of Parrott's finest recordings (two discs for a lower price than Minkowski's one), but if you don't want all that chant mixed in with your Handel or happen to dislike singers such as Kirkby and Feldman, then you won't find a better Dixit Dominus than this. In fact, real Handel fans should want both. --Matthew Westphal

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
Dixit Dominus の最後のころに「De Torrente」という曲があります。二人のソプラノが歌い進んでいくのですが,よろめくように音を刻んで進んでいく弦の上で,ゆったりと,あくまでゆったりと歌われるこの曲を聴いていると,圧倒されて息苦しくさえ感じます。このような音楽の力ってどこからくるんでしょうか?それにしてもミンコフスキの演奏は時として雑然,豪快(笑)でありながらその集中する一点において不思議な魅力を湛えています。アルバムにはいろいろな曲が入っていて,素晴らしいメロディーメーカーたるヘンデルの面目躍如。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック