¥ 2,630 + ¥ 340 関東への配送料
残り1点 ご注文はお早めに 販売元: a-oneサウンドショップ
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: [!]■ご注文から2日以内に岡山県の物流センターより「ゆうメール」で発送、ご不在時はポストへ投函されます。※番号追跡はできません。■代引きのご注文は宅配便でお届けとなります。■中古品のため、経年劣化(傷・色あせ・多少の汚れ)はご容赦ください。■帯・応募券・シール・カードなどの封入物は原則付属致しません。商品名に「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物の無い場合がございます。■Amazon限定特典、DLコード、デジタルコピーは付属致しません。■初回版、通常版が同一商品コードの場合、商品の指定は出来ません。■全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っております。■弊社サイトと併売のため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■商品お届け後のお客様のご都合による返品の場合、送料と手数料を差し引いた商品代金のみのご返金となります。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,200
+ ¥ 350 関東への配送料
発売元: ミュージックフレンド
カートに入れる
¥ 4,980
通常配送無料 詳細
発売元: HKオンラインショップ(ご注文前にコンディションを必ずご確認ください)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ドラマCD ひぐらしのなく頃に~暇潰し編~

プラットフォーム : No Operating System
5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,672
価格: ¥ 2,630
OFF: ¥ 1,042 (28%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、a-oneサウンドショップ が販売、発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
新品の出品:4¥ 2,630より 中古品の出品:14¥ 880より

メールマガジン購読:アニメ関連商品
注目のニュータイトルから割引情報、お買い得セールほか、アニメ関連アーティストに関する情報をお届け。 購読はこちら


キャンペーンおよび追加情報


動作環境

  • プラットフォーム: No Operating System
  • メディア: CD
  • 商品の数量: 1

よく一緒に購入されている商品

  • ドラマCD ひぐらしのなく頃に~暇潰し編~
  • +
  • ドラマCD ひぐらしのなく頃に ~祟殺し編~
  • +
  • ドラマCD ひぐらしのなく頃に 綿流し編
総額: ¥7,590
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 商品重量: 200 g
  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B000J3FELI
  • 発売日: 2006/12/27
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ソフトウェア - 5,585位 (ソフトウェアの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

帯・ライナー付き。綺麗な状態です


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

『ひぐらしのなく頃に』ドラマCDシリーズ第4弾。『暇潰し編』を再現しています。
このドラマCDシリーズ、原作に忠実ながらもしっかりと音声ドラマ向きに起こし直したシナリオと、レベルの高い声優陣による好演が非常に好印象なのですが、プロデューサーの高宮宏臣氏が全編ドラマCD化を確約してくれている点も大変嬉しいですね。
今編『暇潰し編』は、CD3枚組み、総収録時間3時間47分程と、5時間オーバーだった『綿流し編』『祟殺し編』に比較すると短めですが、これは原作のボリュームが半分程度であるためで、同じく3枚組みだった『鬼隠し編』と比較すると原作の再現度は遥かに上回っています。ただ今編は、元々メインキャラがほとんど登場しない内容なだけに、やや物足りなさを感じたのも事実ですが、これはやむを得ないでしょう。
このドラマCDシリーズで起用されたメインどころの声優さんは、アニメ版にも起用されているのですが、今編主役の赤坂衛役についてはアニメ版の小野大輔氏から子安武人氏に変更されています。ただ、CDを聴いた限り違和感は全く無く、むしろ子安氏の方が幅広い演技力を有されているため、より聴き応えがあるように感じました。特にアニメ版では割愛されていた麻雀シーンにて赤坂に「素敵な凄み」が出てくるシーンや、原作通りの展開になった誘拐犯との駆引きシーン、梨花の真意を知った後の慟哭シーン等は
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kakera VINE メンバー 投稿日 2006/10/15
この話はオヤシロ様の生まれ変わりと敬えられる古手梨花と、公安部所属の赤坂衛との出会いを描いたお話です。

祟殺し編の梨花の死について、より深めるもので同時にひぐらしという世界の本来の主人公は

古手梨花だったんだなと思わせてくれた作品です。

原作を全てプレイした私も、推理はできなくともこの話が祟殺し編と対以上に重要だったんだなあ…と感慨深いです。

暇潰し編という題名のせいか飛ばしていいとお考えの方もいらっしゃるでしょうが、この話

なしにしてひぐらしの謎は解けません。

アニメよりも原作に近くTIPSも掲載しているので、原作をプレイしていない方にも

オススメな内容です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 HAL 投稿日 2006/12/30
 本編も原作のエピソードを極力削らず、個性的なキャラを実力派声優が演じているので、従来どおり原作の忠実な再現が行われています。これを作ったスタッフには相変わらず脱帽してしまいます。また赤坂役の子安さん。新米で少し情けない役どころをきちんとこなされています。

 ただ今回は主要キャラが赤坂、梨花、大石に限られ、いつもの部活メンバーが登場しないので、あの独特の賑やかさはありません。これは原作の性格上仕方のないことですが、圭一たちの掛け合いを楽しみにしている人には面白みに欠ける内容だと思います。特に麻雀シーンや北海道の旅館シーンはいくらか退屈に思うかもしれません。

 そんな中、「赤坂と梨花の邂逅」「誘拐犯との格闘」「赤坂の懺悔」は聞きごたえがあります。にぱーを連発して妄想したり、誘拐犯に情けを求めたり、梨花の死に号泣したりする場面は十分聞く価値があります。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この物語はひぐらしで繰り返される惨劇の謎を解く為に、欠かせないお話です。

同時にこのパラレルワールド的な世界の秘密の扉を覗かせた内容になっています。

今作では新たに赤坂役に子安武人氏を起用された用で、アニメとは違う声になった事で

最初は戸惑いましたが… エリート的で品のいい男性役にとてもハマっている方なので

楽しみにしています。

原作の後半にも伏線として繋がっていくので、今まで推理できないなら読まなくても…

と思っていた方にも是非聴いて欲しいです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告