Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,800
ポイント : 51pt (2%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[アンドリュー・S・グローブ]のHIGH OUTPUT MANAGEMENT
Kindle App Ad

HIGH OUTPUT MANAGEMENT Kindle版

5つ星のうち 4.4 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,800
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,925 ¥ 1,638

商品の説明

内容紹介

シリコンバレーのトップ経営者、マネジャーに読み継がれる不朽の名著、待望の復刊! !

インテル元CEOのアンディ・グローブが、後進の起業家、経営者、マネジャーに向けて、一字一句書き下した傑作。
『HARD THINGS』著者のベン・ホロウィッツ、フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグなど、シリコンバレーの経営者や幹部たちに読み継がれ、大きな影響を与えてきた。

アウトプットを最大化するための仕事の基本原理とは、マネジャーが最も注力すべき仕事はなにか、タイムマネジメントの方法、意思決定のときにしてはいけないこととは、ミーティングはどう進めるべきか、1対1の面談(ワン・オン・ワン)ではなにを話すのか、人事評価はどう判断すべきか――。
マネジャーなら誰もが悩むことに答えてくれる、実践的で役に立つアンディ・グローブのアドバイスが満載の経営書である。
<シリコンバレーの起業家など著名人が絶賛! >
「世界最高の経営書だ」――ベン・ホロウィッツ(『HARD THINGS』著者)
「僕の経営スタイルの形成に、本書は大きな役割を果たした」――マーク・ザッカーバーグ(フェイスブックCEO)
「シリコンバレーのトップ企業は何ができるか、アンディは最高のモデルを築きあげた」――マーク・アンドリーセン(ブラウザ発明者、アンドリーセン・ホロウィッツ共同創業者)
「非常に大切なことをすばらしく教えてくれる重要な本」――ピーター・ドラッカー

著者について

アンドリュー・S・グローブ(Andrew S. Grove)
1936年ハンガリーのブタペスト生まれ。1956年にハンガリーからアメリカに移住。
ニューヨーク州立大学を主席で卒業(化学工学)し、カリフォルニア大学で博士号取得。
インテル社の創設に参画し、第1号の社員となる。79年社長に就任。97年にはタイム誌の今年の人に選ばれた。
98年にはインテルのCEOを辞任し、2004年には会長から退いた。スタンフォード大学経営大学院で24年にわたって指導した。2016年3月に死去。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 5355 KB
  • 紙の本の長さ: 250 ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2017/1/11)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MU055XH
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 106位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 hbspmd トップ500レビュアー 投稿日 2017/1/15
形式: 単行本
本書は3部構成となっている。メインのパートは1983年に当時インテルの現役社長であったAndrew Groveが著したもので、その時点で20年に亘る経営の経験を基に、特にミドル・マネジャーの育成、活用、あるべき姿等について書かれたものである。
その後、80年代から90年代にかけての大きな環境変化について、1995年にGrove自身が記したイントロダクションで触れられている。その環境変化とは、日本企業によるメモリー事業への攻勢を主としたグローバル化と電子メールの発展によるコミュニケーションの変化である。
2015年に書かれた最も新しい「序文」は、1995年に本書を読んだというBen Horowitzによって書かれたものであり、当時インテルの現役社長であったGroveが多忙の合間を縫って本書を著し、それはシリコンバレーの起業家達のバイブルとなった様子を解説している。

本書で筆者は3つの基本的なアイデアを盛り込んでいると云う。一つがマネジメントはアウトプット(成果)志向であるべきという考え方。二つめは、そのアウトプットは個人というよりもチームによって達成される要素が大きく、それが故にマネジメントはチームのアウトプットを増大させる為に何をすべきか、という点。三つめは、チームの構成メンバーが最高の業績遂行活動が導き出された時に、チームは最も機能してそ
...続きを読む ›
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者はインテル元CEOのアンディ・グローブ。インテル、第1号の採用者(創設者のロバート・ノイスとゴードン・ムーアを含めた社員では3番目)として、インテルの創設に参画し、1987年から1998年にかけて同社のCEOを努め、2016年3月にこの世を去った人物。本書の原書が書かれた(今は絶版になっている)のが1983年だからCEO就任の少し前の時期である。

内容は、タイトルの「HIGH OUTPUT MANAGEMENT」の通りであることがよかった。
「マネージャーのアウトプットとは、自分の組織のアウトプット+自分の影響下にある全ての組織体のアウトプット」という言葉は本文のいたるところに登場する。これは軸をブレさせないためなのだろう。本書は、事業戦略でもなければ、リーダーシップでもなく、著者の半生を書いた自伝でもない。あくまでも一貫してマネージャーと組織のアウトプットを高めるための方法を書いている。そしてその内容は、問題の本質に踏み込み、当たり前の解答でなく、アンディ・グローブ独自の切り口で提示されている。

例えば、4章ではミーティングは非生産的活動で減らすべきという論調が進んでいるということを認めたうえで、ミーティングの意味を問い直し、ミーティングの存在の当否と戦うのではなく、むしろその時間をできるだけ能率よく使うための形態を論じる
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ベン・ホロウィッツがその著書「HARD THINGS」の中でアンディ・グローブが書いた2冊の本を絶賛していた。残念ながら廃刊になっていたが、今回復刊ということで早速手に取った。
ただの人材育成に関する内容ではなく、生産管理から組織づくり、そして個別の社員管理まで幅広い内容で経営全体を考えた仕組みづくりについて書かれた名著だと言える。
わかりやすい表現で書かれているが、その全てが本質をつき実践的な内容となっている。
シリコンバレーの経営者に読み続けられているのがわかる名著です。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
時代が変わっても色あせない経営の原則に触れられている。
人が仕事をしていないとき、その理由は2つしかない。
単にそれができないのか、やろうとしないのかのいずれかで、言い換えれば、能力がないか意欲がないかのいずれかである。
すなわち、マネジャーがすべき仕事というのは部下の教育とモチベーションの向上であるということだ。
マネジャーはこの仕事にフォーカスをするべきで、他のことは優先順位を下げるべきだ。
また、著者は折に触れてマネジャーの仕事にいかに生産の考え方を取り入れられるかを述べている。
例えば、部下の細部のチェックはごくたまにランダムに実施するようにして、部下が自分の思い通りに動いているのかを確かめる。
これは品質保証の考え方では抜き取り検査に相当する。
100%テストするというのは効率が良くない。
また、日々イレギュラーな業務に忙殺されるマネジャーであっても、生産技術の平準化の考え方を適用できるという。
イレギュラーを平準化する。まさに、生産の考え方と同じ方法で、標準を作っていくということである。
今読んでも、マネジメントのヒントが大いに得られると思う。

マネジメントに四苦八苦するマネジャーにおすすめ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す