HGUC 200 機動戦士Zガンダム 百式 1/1... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,779
+ 関東への配送料無料
発売元: クローズバイジャパン
カートに入れる
¥ 1,779
+ 関東への配送料無料
発売元: ヤノ商店 在庫品は即日または翌日発送いたします
カートに入れる
¥ 1,280
+ ¥ 500 関東への配送料
発売元: pinokiO
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

HGUC 200 機動戦士Zガンダム 百式 1/144スケール 色分け済みプラモデル

5つ星のうち 2.9 138件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,944
価格: ¥ 1,454 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 490 (25%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:66¥ 1,280より 中古品の出品:1¥ 1,395より
  • (C)創通・サンライズ
  • 対象年齢 :8才以上

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


商品の詳細

Assembly Time2 時間
スケール1/144
型番BAN209049
ピース数1
組み立て式はい
電池使用いいえ
電池付属いいえ
リモコン付属いいえ

よく一緒に購入されている商品

  • HGUC 200 機動戦士Zガンダム 百式 1/144スケール 色分け済みプラモデル
  • +
  • RG 機動戦士ガンダムUC MSN-06S シナンジュ 1/144スケール 色分け済みプラモデル
総額: ¥4,354
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 商品パッケージの寸法: 7.6 x 10.2 x 15.2 cm ; 318 g
  • 発送重量: 349 g
  • メーカー型番: BAN209049
  • ASIN: B01GHDAS3C
  • 発売日: 2016/8/11
  • Amazon.co.jp での取り扱い開始日: 2016/6/2
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 138件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ホビー - 1,035位 (ホビーの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

「機動戦士Ζガンダム」でクワトロ・バジーナの搭乗機として活躍した百式が新生HGUCとなって登場。
特徴的なゴールドカラーはメタリック成形色でアニメのイメージを再現。ベストバランスのプロポーションと最新可動域で、ポージングも高次元に再現可能に!
腰背部のビーム・サーベルは脱着式で、使用時のビーム部はクリアパーツで再現。クレイ・バズーカはバックパックに懸架可能。
“百"の文字はマーキングシール仕様。バーニアや動力パイプなどのカラーも成形色で再現!
カメラアイのパターンはホイルシールによる選択式になっており、アクションポーズを再現すべく各所に最新フォーマットの可動域を採用!

【付属品】ビーム・ライフル×1、クレイバズーカ×1、ビーム・サーベル×2(ビーム刃込)
【商品内容】成形品×10、ホイルシール×1、マーキングシール×1、組立説明書×1

(Amazon.co.jpより)



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
百式はZガンダム放映当時から細い・太いでイメージの分かれるモビルスーツでした。過去の旧キットやHGUCは設定を重視してやや太めに造形されており、スリムな百式を望む層には物足りなかったり。リバイブでスリムな百式が出たのは、選択肢が広がるという意味ではよかったと思うのですが……。やはり実際に組んでみると違和感の強いキットでした。上半身がとにかく小さいにも関わらず、足の長さはほぼ以前のHGUCと同じというバランスの悪さ。
スリムと言うよりは華奢という印象です。

他の人も指摘しているように元デザインの意匠を無視しすぎてる感があります。
特におかしいなと思ったのが足首です。設定画は潰した上履きみたいなぺたんこな感じなのですが、リバイブは幅が狭くなった上に甲高という真逆の印象に。つま先からヒールまで百式とはまったく別のデザインになっていて、カラーリングが違ったら別のモビルスーツの足首に見えます。この部分が足長感を強調してしまっているように見えます。

あと全体的に箱っぽいのがとても気になりました。前HGUCのアスペクト比を見直したくらいのバランスで出して欲しかったな、というのが本音です。
塗装ユーザーのことを考えたパーツ構成や可動範囲の広さはとてもいいと思いますので2に。
造形に関してはRGでのリベンジを期待します。
コメント 158人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
今時風なのはわからんでもないですがスタイルとか でもアレンジが効きすぎて別物になってしまうのはどうかと
あとこの百式少し前に出たmk2と並べて様にならないのはどうなんです?
同じシリーズで出てるのに設定云々もそうですが並べて違和感あるのは問題外です

いっそここまで違うものならsg(スタイリッシュグレード)でも始めたらどうですかね?
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
百式の方が背が高い...
しかも明らかに細すぎる。
たしかリバイヴのガンダムMK-2も同じ人が監修したキットですよね。
自分が過去に監修したキットとのバランス、整合性とかは考えない人なのですかね?この方
こういう根本的な事ができない方は、もう監修を辞めて頂きたい。
コメント 274人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
とにかく批判の多いキットではありますが……。

プラモデル自体の設計は良いと思います。可動範囲も非常に広く、色分けも基本的に不要かと思われるくらいになっています。
最大の問題は、多くの方が批判されている通り、スタイルの悪さでしょうね。
まず、下半身と上半身のバランスの悪さ。やはり上半身が貧弱に見えます。腹回りが異様に細いだけでなく、腕の小ささもあると思います。腕は短いだけでなく、全体的に小ぶりですね。手首も、もっと大きめだったらマシだったかもしれません。
デルタガンダムくらいの全体的なバランスがあれば良かったのですが、そのデルタガンダムやデルタプラスは、肩が左右に大きく張り出したデザインで、割合にワイドなスタイルなんですが、百式はデザイン的にあまり出っ張った箇所がなく、スマートなデザインです。
この百式は上半身の横幅が狭いデザインと、線の多い複雑なデザインの脚部が目立ってしまって、余計に上下に間延びしたスタイルになってしまっているんですね。靴の部分が少し甲高な感じがするのも、間延びしたスタイルに拍車をかけてしまって不味いです。

これだけプラモデルとしての技術的に優れているにも関わらず、スタイル面が足を引っ張っているのが残念です。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
組み立てやすさ、関節関連は流石に進化しています。
ただし、2004年のHGUCに比べると肉抜き(特に足の裏)や全体的なデザインは旧HGUCどころか放送当時に発売された1/144すら負けています。
デザインについては「勘違い系百式」とでも言いましょうか。
他の方のレビューにもありましたが、どうにもデザイナーの癖が大きく出ているようです。
バンダイ開発陣の皆様、NOと言える体勢をつくってください。
コメント 127人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
関節の動きや組みやすさは流石に最新キット。ウィングバインダーが肘と干渉して外れやすくはありますが、折れる心配のない構造なのでそこまで気にはなりません。

問題はデザインです。

・顔が小顔化
・無意味な纏足
・下半身が異様に長く、上半身は逆に切り詰められた

まず、元々百式はガンダムシリーズとしてはかなり初期の部類のTVシリーズでの登場です。この点を踏まえると、デザインが古いのは分かります。

しかし、それを踏まえてよしんば小顔化と上半身下半身のバランスの破綻までは我慢したとしても、足先が妙に短いです。

中国の纏足に似てます。太腿部から脛部、そして足先へと流れるような一直線。

調べてみるとデザイナーが自身のクセや好みを元ネタ無視コンセプト無視でゴリ押すタイプのようです。MkⅡもなんか足先短くね?と違和感を抱いてましたがやはり。

ここまで来ると、単に自分の好きなデザインでしか作れないのを「スタイリッシュ」という言葉でボカして誤魔化してるだけに思えます。

仕事がほぼ全て自前で行えて仕事の早い人を使うのは分かりますが、こんな俺デザイン押し付けが過ぎると誰も買わなくなりますね。ていうか私はまずデザイナーチ
...続きを読む ›
コメント 87人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す