通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
HELLSING 7 (ヤングキングコミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

HELLSING 7 (ヤングキングコミックス) コミックス – 2004/12/27

5つ星のうち 4.7 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 535
¥ 535 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
HELLSING コミック 全10巻完結セット こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • HELLSING 7 (ヤングキングコミックス)
  • +
  • HELLSING 8 (ヤングキングコミックス)
  • +
  • HELLSING 9 (ヤングキングコミックス)
総額: ¥1,625
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 181ページ
  • 出版社: 少年画報社 (2004/12/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4785924993
  • ISBN-13: 978-4785924997
  • 発売日: 2004/12/27
  • 梱包サイズ: 18 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
もはや狂気の渦と化したロンドン戦争。

誰も止められない誰にも止まらせないと言わんばかりの戦火。
どんなに殺そうと殺されようとどうでも喜ぶ少佐と“最後の大隊”。
壊滅してもなお誇りは失わないインテグラ。
権力と神の力に狂喜する十字軍とマクスウェル。

この混戦の果てにあるものと、最後にアーカードに見えたことこそ、
平野耕太作者が作品のテーマとして伝えたいメッセージだと信じています。

しかしこのすさまじいほどの大混戦をしかりと劣らぬタッチで描く平野氏には脱帽する。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
当時、中学生だった私はこの巻を手に取って、その恰好良さにいたく感動した憶えがあります
ダークな雰囲気に満ちてイカレた登場人物だらけのヘルシング、とりわけアーカードという無敵の存在がいる中で
この巻は少し異質の要素が含まれていると思う。少年漫画のエッセンスだ。
半端な吸血姫のセラスと傭兵たちが必死にヘルシング本部を防衛するも敵の吸血鬼たちの戦力を前に追い詰められ絶対的な状況に追い詰められていく
ベルナドットの死により覚醒するセラスはまさに少年漫画の主人公のようだ。
それが上手くヘルシングの世界観と合わせて昇華され最高に格好いい
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
セラスとベルナドットの二人が印象的でしたね。アーカードがほとんど出てこなかったのは残念ですが、その分セラスがカッコイイので。セラスとゾーリンの戦闘もありますし。
あと6巻に続いてこの本でもマクスウェル大司教がいい感じにイってます。まぁ、出てくる人全員おかしいのでいまさら言うまでもないと言えばそうなんですが。
アーカードいなくても面白すぎるのは何処か引っ掛かりますが面白いので問題なしです。8巻が非常に楽しみです
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/5/15
形式: コミック
 隊長の誇りと男気。そしてセラスの成長が哀しく残酷に華麗に描かれています。
 マクスウェル大司教の狂気爆発とロンドン攻撃にウォルター執事の変貌など、「少佐プロデュースの『惨劇』参加資格取得の巻」とも思いました。
 アーカードの帰還でますます混迷をきたすであろうこの戦い。次の巻が楽しみです。
 (カバー裏も勿論。)
 
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
火の海と化したロンドンで、最後の大隊とヘルシング、そしてバチカンの十字軍も加わり、三つ巴の最終決戦へ!平野耕太の画力はもとより、なにより登場人物のセリフがカッコよすぎです!是非読んでみて下さい!!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
まず表紙がカッコイイ
表紙だけで30分過ごしました
本編そっちのけの「セラス・ヴィクトリア」と「ベルナドット隊長」との血みどろのラブストーリー!
セラスの胸は子供の時、膨らまないで一瞬にして縮んでいたことが発覚!
HELLSING初の性的表現!
「死んだプロテスタントだけが良いプロテスタントだ」という大司教様の爆弾発言!
ウォルター・クム・ドルネージの髪が黒くなり顔からしわが消えていることにビックリ!
セラスVS神父様をアーカードが帰ってきてぶち壊し!
もみじおろしなのになぜか耳や目が残る不思議!
ヴァッシュ・ザ・スタンピード!
これが7巻の見所です(本当はもっと多いので自分で探してください)
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
切り札のアーカードを欠き、傭兵と半端な吸血鬼・セラスのみでヘルシング本部に襲来するミレニアムを迎撃する。

しかし百戦錬磨の吸血鬼部隊とゾーリンの登場に為す術なく―

いよいよセラスが覚醒します。相変らずの独特な画風。痺れる台詞回し。それによって描かれる人間と吸血鬼の狂気。

細かい世界観設定や話の辻褄など気にしていては楽しめない漫画です。

平野耕太という漫画家は他の漫画家ではできないことをしてくれます。

ますます混沌と狂気に満ちていくヘルシング。「平野節」はまだまだ楽しめそうです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 m1022 投稿日 2005/1/13
形式: コミック
 敵がどいつもこいつも最悪すぎて最高。ここまでやってくれれば言う事ありません。平野耕太氏にまずは拍手。
 正義のため、欲望を満たすため強い奴らが戦うという、まっすぐなストーリーだし、ちょっと絵が変わってきた感じはします。しかし、派手なカット割りに気合の入った台詞回しとかカッコよすぎです。
 アーカードの出方、セラスとインテグラ、権力に酔うマクスウェル、ウォルターなど次回が楽しみです。あと銀河英雄伝説ネタだったりガンダムネタだったりするやる気ない絵のおまけも楽しみ。重たい話もちょっと軽くなるし。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー