HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むと... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。プロダクト、ダウンロードコードは使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,750
+ ¥ 350 関東への配送料
発売元: ティーアンドイー
カートに入れる
¥ 2,810
+ ¥ 400 関東への配送料
発売元: Jam
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき- PlayStation3 the Best

プラットフォーム : PlayStation 3
CEROレーティング: 17才以上対象
5つ星のうち 3.8 114件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,198 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ゲームスター GAMESTARが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
廉価版
新品の出品:5¥ 2,750より 中古品の出品:23¥ 1,493より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

エディション: 廉価版

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • PS4/PSVita: PlayStationのニューリリース、売れ筋ランキングなどは「プレイステーション特集」でチェック。新型PS4本体から最新ソフトのラインナップ映像、キャンペーン情報まで。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき- PlayStation3 the Best
  • +
  • BEYOND : Two Souls (初回生産限定版) (初回封入特典 追加シーン・オリジナルサウンドトラックなど豪華ダウンロードコンテンツ 同梱)
総額: ¥6,648
選択された商品をまとめて購入

登録情報

エディション: 廉価版
  • ASIN: B004I8UVSQ
  • 商品重量: 200 g
  • 発売日: 2011/3/10
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 114件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 5,491位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

版: 廉価版
人は結果を知ってから、
「どうしてこうなったのだろう?」
と思い返す事があります。

これは、そんな人生の悪戯を、
追体験できるゲーム。

通常版では問題点だった致命的なバグも、
去年の3月にパッチが実装され、比較的、解決。
今回は実装済みの状態。

ただし、一方で、まだ未解決のものも確認。
なので、少し不安定である部分を考慮し、
評価は4つで。

<ゲームの大まかな概要について>

プレイヤーは4人のキャラを何度か入れ替えながら、
凶悪事件の真相を追います。
(4人から1人選び、その人でずっとプレーする仕様では無い)

操作プレイヤーの行動は、全てではありませんが、
物語の進行に影響します。

結果は次々に分岐しながら、
1つの大きな結末へと向かいます。

もし途中で重要な人物が死んでも、
ダメという事はなく、例え、自分の操作キャラが死んだとしても、
他の操作キャラが意志を引き継ぎ、ゲームはずっと進行します。

つまりゲームオーバーは無し!

<臨場感><
...続きを読む ›
コメント 154人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
版: 廉価版 Amazonで購入
3日間のめり込むほどに面白かった。

4人のキャラクターを操作可能で、誰かが死んでも物語りは続く。
なので、「4人生存&ハッピーエンド」を1周にして迎えると、他の要素としては
「バッドエンド(選択含む)の収集」という事になってしまう。

モーションセンサーは使いづらいし、ボタン判定も主に右側。
指を総動員する場面もあったりでハラハラする。同時にその瞬間だけは
物語や進行の事はサッパリ忘れている。(押すのに必死で)

もし4人が生存した状態でEDを迎えたなら、これ以上のパターンは常に暗い方向へ
進む事になるのを覚悟しないといけない。(実際自分がそうです)
ただ、トロフィーは取りやすくなっており、二者択一の選択のAとB両方やれば
さっさと取れる(ED結果は総決算なので周回が必要)
人物も自分の選択によって横暴になったり消極的になったりと幅が広く、面白い。

ただ、「折り紙殺人鬼」から渡された折り紙にはナンバリングがあり、1~6まで。
折り紙を開いて試練に立ち向かい、またホテルに戻って次の折り紙を…
いや、最初から全部開いて6まで読んじゃったら早いんじゃないか??というあまりにも
最初からツッコミ満載
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
版: 廉価版 Amazonで購入
洋ゲーでミステリー物い興味があり購入しました。
プレイしてとりあえず全エンドを見た感じはかなり作り込まれているなと言う感じです。
以下、良いところと悪いところです。

良いところ

主人公が4人いて誰かが死亡しても物語が続くためこれが結構、続きが気になる展開になりやすい

演出や挙動が結構、細かいのでまるで映画を観ているかのように楽しめる

映像もかなり綺麗で引き込まれる

悪いところ

操作に関しては少しなれないとやりづらい場面も少しある

日本語版の宿命か一部の表現がカットされてしまっている

こんな感じですかね。
ストーリーに関しては本当に続きが気になるような展開が続き飽きさせない感じです。
特に主人公の誰かが死亡しても物語が展開を変え続くと言うのが特に良かったと思います。
また、操作や演出に関しても細かくさすがは洋ゲーと言う感じがしました。
後、映像も素晴らしくおおむね満足です。

ですが、細かい操作が多いため場面によっては少しやりづらいものも多く苦戦することも多かったです。
まあ、move対応みたいですから仕方ないかもしれませ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
版: 廉価版
ゲームでありゲームでない、そんな新感覚アドベンチャーゲーム。
アメリカのとある田舎町で、幼い児童ばかりを狙った“折り紙殺人(―――死体のそばに必ず折り紙が落ちていることから―――)”が頻発していた。この事件の真実を、落ちぶれたデザイナー、不眠症の女性記者、被害者の遺族を訪ねる私立探偵、最新技術で捜査を行うFBI捜査官、の4人の視点から群像劇的に描いている。

ゲームシステムは直感的な操作をするように出来ており、移動と視点移動以外はアナログスティックと○△□×ボタン、そしてコントローラーに搭載されているモーションセンサーで行うようになっている。イメージとしては音ゲーとほぼ同じで、画面上で指示される操作を行うか行わないかで判定されるのだが、コレを面倒と感じるか否かでこのゲームへの評価が分かれるだろう。「まるでキャラと自分とが一体になったみたい」と感じたならストーリーへの深い没入感を得られるのだが、「何コレ音ゲー?」と感じたならその後は苦痛でしかないハズ。
実は評価されているストーリーもかなりお粗末と言わざるを得ない出来で、初回プレイはともかく一通りプレイし終わった後よくよく考えるとかなりの部分で矛盾や説明不足が露呈する。本格的なミステリーやサスペンスが好きな方ならおそらく不快に感じてしまうレベルである。ウリのひとつである「登場キャラが死んでもゲー
...続きを読む ›
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー