HEART STATION がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,830
通常配送無料 詳細
発売元: AIショップ
カートに入れる
¥ 2,831
85pt  (3%)
通常配送無料 詳細
発売元: CDSBOOK
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,000MP3アルバムを購入

HEART STATION

5つ星のうち 4.7 228件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,059
価格: ¥ 2,754 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 305 (10%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の 宇多田ヒカル ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • HEART STATION
  • +
  • ULTRA BLUE
  • +
  • Deep River
総額: ¥7,365
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2008/3/19)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: EMI Records Japan
  • 収録時間: 57 分
  • ASIN: B0012OR6YQ
  • EAN: 4988006214842
  • その他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 228件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 2,090位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:10
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
2
30
4:36
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
3
30
5:17
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
4
30
5:25
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
5
30
5:14
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
6
30
5:06
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
7
30
1:13
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
8
30
4:26
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
9
30
4:45
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
10
30
3:42
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
11
30
2:23
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
12
30
5:50
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
13
30
4:47
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 

商品の説明

内容紹介

■予約特典B2ポスターには対応しておりません。ご了承ください。

大ヒットシングル「Flavor Of Life」、「Beautiful World」、「Kiss & Cry」はもちろん、最新シングル「HEART STATION」、CMが絶賛OA中の「Stay Gold」、それにあの「ぼくはくま」までも収録。デビュー10年目を迎えても、彼女の音楽に対する情熱は不変です。
簡潔にして鋭い歌詞と親しみやすいメロディーがこのアルバムの特徴です。ともすると技巧的な方向に走ったこともありましたが、これが今の宇多田ヒカルのPOPの定義です。

人々の日々の生活を彩る音楽がここにあります。「デジタル」と「データ圧縮」は音楽シーンを新たなステージへと変えましたが、1曲ごとに丁寧に心血込めて制作された楽曲がひとつに集う「アルバム」という素晴らしいフォーマットは、未来になっても変わらずに生き続けるという信念で制作しました。ご期待ください。

メディア掲載レビューほか

「HEART STATION/Stay Gold」「Beautiful World/Kiss & Cry」「Flavor Of Life」とヒット・シングルを惜しみなく収録した、宇多田ヒカルの通算5枚目となるアルバム。子供向けと思いきや、彼女の多彩ぶり触れられる「ぼくはくま」かなりオススメです! (C)RS


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
前作のULTRA BLUEも傑作だと思いましたが、このCDはいつもながらの楽曲の良さに加えて、すべての曲に20代の女性の気持ちが素直に表現されており、何度も繰り返してじっくりと聴くに値する素晴らしい作品です。

曲のテンポがいいのでさらっと聴く分には暗い感じは全くないのですが、歌詞の内容は結構重いものが多いです。一曲目の「Fight The Blues」は自分で自分を励ますような応援歌だし、軽いノリの「虹色バス」も「誰もいない世界へ私をつれていって」という最後の一節には辛い現実から離れたいという願望が表現されているような気がしました。

また、異性への思いを描いた作品も以前に比べて楽しさより苦しさを示す深い内容が多い感じがしました。「Flavor Of Life」では自分の気持ちを素直に表せない苦しみが歌われている一方で、「Prisoner Of Love」では相手に対する激しい気持ちがストレートすぎるぐらいに表現されています。

また「Stay Gold」の「あなたの瞳の奥に潜む少年が私の本能をくすぐって止まない」といった成熟した女性を感じさせるドキッとさせられる表現も結構あったと思います。

とにかくこの作品は現在の彼女の等身大の気持ちが怖いぐらい素直に表現されている傑作です。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
発売当初、自分でも驚くくらい繰り返して聴いた。
予想を超える好作に仕上がっていた、だけでは済まされない気もする。

このアルバムは、発売前から2つの大きな先入観に苛まれている。
一つは既発曲の多さ。
もう一つにその曲順。
2〜6曲目まですべてシングルというのは見た感じかなりの暴挙である。
誰しも先細りのアルバムを想像するだろう。

しかし、それは先入観に過ぎない。
この順序は彼女自身が2週間考えぬいて出した結論であり、それなりの意味があるのだ。
おそらく、いつになく「作品」を意識したんだろう。
なんとなくあざとさを感じた「アルバムというフォーマットを大事にする(大意)」という紹介文も、
あながち嘘ではないようだ。

「Stay Gold」までが前半、
「Kiss and Cry」からを後半とすれば、
前半では澄んだ水を思わせる流麗な流れを聴かせ、
後半では弾むようにポップなアレンジを聴かせる。
総じて、アレンジは以前より軽量化されている。
アルバムの流れという意味では「Celebrate」と一体になったインタールード、
「テイク5」の衝撃的カットアウト→「ぼくはくま」という連
...続きを読む ›
コメント 123人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1曲目の頭から、最後の最後までリスナーをとらえて離さない、そんなアルバムです。休み時間にちょっとだけ聞こうとしても、結局全部聞いてしまうということがよくあります。ちょっと困ってます

でも、それは前作のように、楽曲の圧倒的な力でリスナーをねじ伏せる(いい意味で、です)というよりも、アルバムの世界にふんわり包み込まれる感じで、とてもリラックスして聞くことができます。もちろん、全ての曲のクオリティが今作についても非常に高いからだと思います。特に、'2曲目の「HEART STATION」の完成度が素晴らしいです。

宇多田さんは、前作あたりから、ご自分の特別な才能を確信して、リスナーに媚びることなく、作りたいものを作っている、そんな気がしてます。それでも、というよりもそれによってますます、リスナーをひきつけて止まないのは、まさに天才の証といえるのではないでしょうか。

このアルバムを聞くと、自分が単なるリスナーでよかった、と本当に思います。アーティストの身分でこれを聞いてしまうと、さぞ大変なんじゃないかな〜、と要らぬ心配をしてしまいます。

あ、一度はCDを直接聞いたほうがいいですよ。192kbps(WMA)でも、CDとは音がやはり違います。音の密度が違う気がします
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
私は普段テレビを見ないし、チャートもチェックしないので、
タイアップとかは全然知りません。

純粋に1枚のアルバムとして聴いてみました。

過去あまりにも売れすぎてしまったので、
ちょっと引いてしまった時期もありましたが、
その間も宇多田ヒカルは期待を遥かに上回る作品を作っていました。
今、ULTRA BLUEとHEART STATIONを繰り返し聴いています。

1回聴いた時は、歌詞の日本語のベタさがちょっと気になりましたが、
繰り返し聴けば聴くほど、それが彼女の個性であり、
ある意味実験なのだということが分かります。

美しくポップなメロディ、洗練されたアレンジ、高い音質、さらにアーティストとしての存在感。

2枚とも聴けば聴くほどそのクオリティの高さとプロの作品ぶりに圧倒されます。
中田ヤスタカを聴いて打ち込みでもやってみようかなという甘い考えを
吹っ飛ばされました。
こんなに打ちのめされてるのに、こんなに好きとは。。。複雑な気持ちです。

古くは、はっぴいえんど、YMO、初期の山下達郎などと並び、
宇多田ヒカルは、日本のポップミュージック史に
血がにじむくらいに深く刻まれた存在であることは間違いありません。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック