HARIO (ハリオ) V60 ドリップ スケール... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,574
+ 関東への配送料無料
発売元: D`COLLE (デコーレ)
カートに入れる
¥ 4,250
+ ¥ 324 関東への配送料
発売元: KANAYAMA-SHOP
カートに入れる
¥ 4,280
+ ¥ 324 関東への配送料
発売元: キッチンショップ シェフスタ

HARIO (ハリオ) V60 ドリップ スケール VST-2000B

5つ星のうち 3.9 59件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,636 通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:78¥ 3,636より
ブラック
  • サイズ:幅140×奥行190×高29mm
  • 本体重量:265g
  • 材質:本体:ABS樹脂
  • 原産国:中国
  • 2-200g:0.1g、200g-500g:0.5g、500g-2000g:1g

HARIO(ハリオ)ストア
20世紀が生んだ優れたガラス、耐熱ガラスを用いて、暮らしにやさしい彩りをおとどけ。 HARIO(ハリオ)ストア を今すぐチェック。
マーケットプレイスからの新品/中古品購入は簡単&安全!

キャンペーンおよび追加情報

色: ブラック

よく一緒に購入されている商品

  • HARIO (ハリオ) V60 ドリップ スケール VST-2000B
  • +
  • HARIO (ハリオ) V60 レンジサーバー コーヒードリップ 600ml クリア XGS-60TB
  • +
  • HARIO (ハリオ) V60 ドリップケトル ヴォーノ コーヒードリップ 800ml VKB-120HSV
総額: ¥7,986
選択された商品をまとめて購入

商品の情報

色: ブラック
詳細情報
商品重量270 g
要組立ていいえ
配送個口数1
電池付属いいえ
  
登録情報
ASINB009GPJMOU
おすすめ度 5つ星のうち 3.9 59件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング ホーム&キッチン - 965位 (ベストセラーを見る)
発送重量358 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2013/1/30
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

色:ブラック

商品の説明

[商品スペック]
内訳:計量範囲:2-2000g
計測範囲:99分59秒
[商品詳細]
「ハリオ V60ドリップスケール VST-2000B」は、おいしいコーヒーのための2つのポイント、「コーヒー・お湯の量」と「抽出時間」を同時に計測できるクッキングスケールです。 使用方法 表示の右が重さ、左が時間を計測できます。 ご注意 ●はかりは精密器具です。落下させたり、強い衝撃を与えないでください。故障の原因となります。
●高温になる場所に置かないで下さい。機器の表面が劣化するほか、火災の原因になることがあります。 材質 本体:ABS樹脂 原産国 中国

Amazonより

●V60ドリップスケールとステーションはセットで使用できる
●【抽出量と抽出時間を同時に計測】V60ハンドドリップで重要な蒸らし時間を抽出時間をタイマーで計測。出来上がりのチ抽出量も同時に管理できるので、いつでも安定した抽出ができる
●薄型なのでコンパクトに収納できる


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

色名: ブラック Amazonで購入
見た目には美しい商品ですが、実用には難がありました。
全く使えないというわけではないですが、惜しい点が多々ありますので、
改良されればよいなぁと思っています。

【良い点】
・V60ステーションと一体化して利用できる
 スタンドがぐらつき多少の不安定感はありますが、実用には問題なく見た目にも美しく利用できます

【悪い点】
・タイマーにカウントダウン機能がない
 カウントアップしかないので、時間までずっとタイマーを注視して張り付いていなければいけない
 コーヒーにはこれでもよいが同社製品のラルゴを使って紅茶をいれようとすると不便

・ボタンがクリック感がないので誤操作を誘発して時間もかかる
 オン・オフに長押しが必要で操作が不確実で面倒。クリック感のある通常のボタンの方が手軽かつ確実

・秤の感度がいまいち
ステーションとドリッパーをセットした状態で重量をゼロに設定すると、
感度が低く数グラムでは反応せず5gを越えた時点で突然反応するという現象が起きる 

・起動が遅い
電源を入れて使えるようになるまでの時間が他社製品と比べて長い
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色名: メタル Amazonで購入
使用に問題はありませんが、商品写真の様にバックライト液晶の表示は明るくはありません。写真をアップしたので参考にされてください。タッチで感知するスイッチは反応は悪くはありませんが音声などのフィードバックがないので若干戸惑います。旧製品はハカリの精度の問題が報告されていたのでこちらの商品にしましたが実際東急ハンズで触ってみましたが(個体差なのか)そこまで悪いとは感じませんでした。真っ暗な所で使用するならばこれが良いのかもしれませんが、そんなシーンは。。。価格が旧製品と同じ程度ならありかもしれませんね。その程度だと感じました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色名: ブラック Amazonで購入
重さと時間の両方が計れるもので、シンプルなデザインのものを探しているときに、これに出会いました。気分を切り替えたいときや、ちょっとゆっくりコーヒーをいれたい時にとても重宝します。贔屓にしているコーヒー屋さんの入れ方をそのまま家でも実践出来るようになり、より安定感のあるコーヒーが淹れられるようになり、満足しています。電源及びタイマーのボタンがタッチセンサーっぽく、軽く触れるだけで動き出すのが心地よいです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 海人 トップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/12/13
色名: メタル Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
【質感】

ヘアライン仕上げのステンレスの台と、ガラス風(樹脂製?)トップ、無駄の無いスクエアデザイン、締まりのある黒色の本体にタイマーとスケール一体の液晶は見やすい白で表示され全体の印象として価格なりのとても美しいハイデザインな筐体です。

【風袋を引く作業が面倒】

1、サーバー、ドリッパー、ペーパーをセットして風袋ゼロへ

2、人数分の豆をペーパーに投入後また風袋ゼロへ

3、蒸らしのお湯を入れてまた風袋ゼロへ、

4、30秒蒸らし後、タイマーをリセットして、抽出の計量、抽出時間計測自動でスタート(タイマーは風袋リセットとは連動していない)

とかなり手順がめんどくさかったでです。豆を入れた段階で風袋リセットでよかったのでは?と一瞬思ったのです。

【実は自分の雑さが原因】

しかし、よく考えれば、豆の量をきちんと計測する必要が有るのですべて必要な手順なのだと理解しました。計量スプーンで済ますおおざっぱな日頃の習慣で、最初「豆の量をきちんと計測する」という考えが自分の中に欠落していたのだと反省。

【抽出完了時には思わずニンマリ】

そして、的確な時間(人数分
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色名: ブラック Amazonで購入
基本的に、コーヒーを淹れる時に必要なはかりとタイマーが一緒になったと言う発想はGOOD!
しかしながら他の方も書いてたが、はかりは反応が遅い上に0.1gまではかれるがうえか安定しない。
さらに水をこぼしたりすると壊れる。
二年間で二台買ったが、一台はやかんの口から洩れるお湯がよく表示部にこぼれて一年位で壊れた。
また、天板と表示部の間が空いてるタイプなので、コーヒーの粉等を被ると掃除がちょっと厄介。
できれば他社のように天板と表示部一体型で表面も濡れぞうきんでひと拭き、と言う感じにしてもらえると使い勝手がいいのだが。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。tower キッチン