HANA-BI [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆ブックレット(リーフレット)つき◆ ◆ディスク再研磨済みです。レンタル落ちではありません◆ 中古品になりますので多少のケースのスレ、キズ、再生に問題ないディスクの小さな(薄)キズ、使用感等がありますが、中古品としては並以上の状態の商品です。状態の悪いものにつきましてはコメントに記載させて頂いております。★Amazonが在庫管理しておりますので、在庫切れの心配はございません★ 万が一、商品に問題がありました場合、アマゾンのカスタマーサービスが迅速に対応いたします。アマゾンカスタマーサービスまでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

HANA-BI [DVD]

5つ星のうち 4.0 73件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 7,000 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、UCブックスが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
中古品の出品:17¥ 1,235より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • HANA-BI [DVD]
  • +
  • ソナチネ [DVD]
  • +
  • その男、凶暴につき [DVD]
総額: ¥15,444
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ビートたけし, 岸本加世子, 大杉漣, 寺島進, 白竜
  • 監督: 北野武
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 1998/12/18
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 73件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005EDRW
  • EAN: 4934569600295
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 96,792位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Jo 投稿日 2013/1/21
形式: DVD Amazonで購入
とてつもない名作だと思います。
北野武氏の近著「間抜けの構造」を読んでから見ると、より一層楽しめます。

「よくわからない」「無駄なシーンが多い」などのレビューもあるようですが、、、
確かに、展開を丁寧に説明してくれる類の映画ではないので、見る人を選ぶと思います。

ちなみに、上の著書の中で、武氏は、
"説明しないとわからない客に向けて作ろうとは思わない。
説明が必要な人は、ハリウッド映画かバラエティ番組を見てればいい。"
という旨の見解を語っています。

その意図は、
シーンとシーンの「間」から、出来事を想像させる。
出来事そのものを見せるのではなく、
それはあくまで見る人のアタマのなかで起こる。
それが映画の映画らしい楽しみ方だ、という考え方だと思います。

そう思いながら観ると、
なんてことない場面から、いろんな情景が立ち上がってきます。
それを意図して作られた、とてつもない映画だと思います。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 NAGATA トップ500レビュアー 投稿日 2013/7/10
形式: DVD
あまりにも、残酷すぎる。

この映画の暴力描写を残酷と呼べないことはない。だが、この映画の真の残酷さは、むしろそこに描かれている「運命の暴力」のほうだ。

主人公たちはそれぞれ、不幸に巻き込まれていく。しかし、それらは果たして回避できた不幸だったのだろうか。避けられる不幸に自分から突っ込んでいったのであれば、それは自業自得だ。しかし私には、この映画の孤独な主人公たちのたどった運命が、避けられない必然性に導かれたものだと感じられた。足掻けば足掻くほど自分の体が沈んでいく底なし沼に足を踏み入れてしまった哀れな動物を見ているようなツラさを、この映画を観ていて感じた。

とくに主人公・西の人生が負の螺旋を描きながら悲劇の終末へ向かっていく悲惨さは、筆舌に尽くし難い。西が行ったことが違法行為であること自体を否定的にとらえる人もいるだろう。しかし人は、自分の置かれた文脈の中で精一杯生きるしかないのではないか。深刻な病気の妻をかかえた西が、自分の知識や経験にもとづいて取ることのできた選択肢は非常に限られていたという点を、私たちは見落としてはならないと思う。

主人公たちだけではない。私たちは誰だって、運命の暴力に翻弄されながら生きている。この映画を観ていると、それをあらためて痛感させられる。

...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 マツダ草介 トップ1000レビュアー 投稿日 2016/4/8
形式: DVD
ベネチア金獅子賞受賞作品。
世界のキタノ、と呼ばれ名監督と認められたたけしさんだが、この映画以前から北野映画マニアは過去の作品における暴力と静寂、映像美などに魅了されてきた。
「ソナチネ」をわかりやすく、ドラマチックな場面を増やして、最後に観客を泣かせてやろう、と考えた結果できあがった「HANA-BI」
昔からの北野マニアにとっては物足りないかもしれないが、たけしの映画は暴力ばっかでつまんない、と思っていた人たちもこの映画なら夫婦の愛情を軸にしたストーリーで、エンターティメント性が高く最後にしんみり泣けて観てよかった、と思えるだろう。
余命僅かの妻と借金返済に困って銀行強盗をやった元刑事の逃避行。ハッピーエンドは最初から用意されてない。破滅に向かう夫婦はごく平凡をよそおって旅を続ける。そして最後、海の場面でもう逃げ場はないと悟った夫に、妻はセリフを2つだけいって銃声とともに結末を迎える。
引き算的な制作方法はこれまで通りで、無駄なセリフは一切なく、妻にいたってはしゃべれないわけでもないのに最後まで無言、映画の終わりにぼそりとつぶやくのみ。
北野映画の大きな特徴のひとつに、登場人物が涙を流さない、というのがある。どんなに辛くても悲しくても、だれも泣かない。泣いたのは「BROTHER」のオマー・エプスくらいだ。
人物
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 しかばねさん VINE メンバー 投稿日 2012/10/15
形式: DVD
初めて観たのは19の頃だろうか。
まあ、
ベネチアで賞もとったし、面白いのかなあという気分で。

その時は意味が分かりませんでした。
面白くも何ともない。

現在32歳。

これが
良い映画だということがしみじみ解るようになってしまいました。

人生の苦楽がある程度バックグラウンドに無いと映画の持つ魅力は解りません。
とくに苦のほう。

19の自分は気楽に生きていたのだなあ
32の自分はそれなりに生きて来ているのだなあ

と気づかされた作品。

一言で表すなら
ある意味純粋な愛の物語。です。

終盤で寺島進が
「俺ああいう風には生きられないんだろうなあ」
とつぶやく。
つづけて
岸本加世子がつぶやく。

このふたつのセリフが印象的でした。
全編を通じて
このクライマックスに通じているといっても過言ではありません。

音楽も世界観に寄り添うようにして
その世界観の高みに誘ってくれるでしょう。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック