中古品
¥ 1,444
中古品: 良い | 詳細
発売元 タカコー書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■レンタルアップではありません。■CD+本■帯なし■ケースに汚れがあります。その他、中古商品ため、多少のケース傷や日焼け、ディスクの微キズなどはご容赦ください。■ディスク面は研磨クリーニング済みの為、目立ったキズはなく良好の状態です。■付属品(付録・初回特典等)の記載がない場合は、付属しておりませんのでご了承ください。■その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。■商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。ご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

H.G.ウェルズの「宇宙戦争」 ミステリー劇場 3 (全米ラジオドラマ傑作選 ミステリー劇場 3) 単行本 – 2001/2

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2001/2
"もう一度試してください。"
¥ 1,188
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

音楽番組を流していたCBSラジオが番組を中断して、火星人のニュージャージー侵入をニュース速報で伝えたことから、このドラマは始まる。“視聴者は600万人にのぼり、そのうち100万人が家を逃れ、教会やバスターミナルに押しかけ満ちあふれたという。”Orson Wellesが主宰する""The Mercury Theater on the Radio""で放送されたもので、20世紀が残した歴史的名作である。


登録情報

  • 単行本: 123ページ
  • 出版社: ユニコム (2001/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4896893891
  • ISBN-13: 978-4896893892
  • 発売日: 2001/02
  • 商品パッケージの寸法: 19.8 x 14.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 778,746位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

一回は聞いておきたかった宇宙戦争です。
こんな形で対面できるとは思ってもいませんでした。。
慣れるまでは敵意しか抱けない早口すぎるCDです。
ただ、慣れるとTOEIC等のリスニングが「遅い」と思えます。
名作でリスニング力を磨けて、ウェルズ氏に感謝。
ちなみに、本のつくりがショボかったので星を4つにしました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
1938年に放送されて社会的パニックが起きたというのは、ラジオ放送に脅威を
感じていた新聞社のでっち上げだった、という説もあるらしいですが、実際に
パニックが起きたかどうかはともかく、全編を流れる緊迫感は今聞いても鮮烈
なものがあります。後半はやや間延びした印象もありますが、原作のメッセージ
を伝えるための演出だと考えれば個人的には許容範囲。当時の雰囲気をしのび
つつ、車の中で聴いています。

ネイティブスピーカー向けのドラマだけあって、スピードも語彙も容赦ないです
が、英語を勉強している方は、いつかこれを理解できるように、と目標にするのも
良いでしょうし、そうでない方も日本語訳を見ながら情景を想像するだけで楽しい
でしょう。

このラジオドラマのことは、今から数十年前、子供の頃に読んだ本で初めて知り
ましたが、あの「宇宙戦争」をこんな形で聴けるようになるとは、当時は全く
想像だにしていませんでした。迷っている方、今すぐ買いですよ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
これは、すぐに買わないと絶対に後悔しますよ。 若き日のオーソン・ウェルズの名作です! 約60分のCDと、見開きの詳細テキストのセットです。 CDの音声は、当然ノイズが多いですが、そこがまた、いい感じなんです! 過去にタイムスリップした感じがします。 お好きな方には、宝物となるでしょう… ホントに。 
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 高校生のとき図書室で読んだ『キネマ旬報』には、オーソン・ウェルズは21歳ごろに既にマーキュリー劇団の旗揚げをしていたと書いてありました。ラジオ局からも「マーキュリー劇場」という番組を任されるようになり、1938年10月30日に、このCDに収められている「宇宙戦争」を電波に乗せます。
 どのくらいの反響があったかは説が分かれますが、ラジオ局と地方警察署の電話回線がパンクしたことと、避難しようとした200台以上の車があちこちで渋滞したことは事実のようです。このときオーソン・ウェルズ23歳。

 RKOに映画制作を依頼されて「市民ケーン」にとりかかります。彼の仕事ぶりはこうでした。「彼は邸宅の真ん中にあるプールに黒いゴムボートを浮かべ、サングラスをしてシノプシスを口述していました。ボートのまわりには水に濡れても破れない特製のメモ用紙を持った男性が4人、立ち泳ぎをしながら筆記をしていました」

 萩尾望都氏の作品のなかにこんなセリフがありました。「ああ、あんな自意識過剰なヤツも見たことないな。あいつは将来、俳優か弁護士か詐欺師になれる」。
 オーソン・ウェルズという人物を振り返ると、自信満々・自己中心的・奇を衒った芝居気・権謀術数・能弁といった形容が現れ、それらがまざまざとチャールズ・フォスター・ケーンと重なるのを感じずにはいら
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
素晴らしい!抜群の臨場感が盛り上げる非現実的世界。聞き終えた後、私はしばらくぼうぜんとしてしまいました。それほどこの非現実的非常事態にのめりこんでいたのです。ありえない!ありえない!これは、現実ではない!自分は生き延びるんだ!と何度も自分に言い聞かしながらリスニングしていました。映画にはない醍醐味がラジオにはある、そう感じさせる教材である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す