この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Groovyイン・アクション 単行本(ソフトカバー) – 2008/9/27

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥ 40,481 ¥ 3,596
click to open popover


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

Groovyとは「Javaのためのスクリプト言語」ですが、その一言だけで語れるものではありません。公式サイトでは、「GroovyはJavaプラットフォームのためのアジャイルで動的な言語である。PythonやRuby、Smalltalkなどの言語から多くの機能を取り入れ、Java開発者がJava風の構文を使ってこれらを利用できるようにしている」と述べられています。これは、どういうことでしょうか?
GroovyはJava(とGroovy自体)で書かれており、そのコードはJavaバイトコードにプリコンパイルすることも可能です。つまり、Groovyでプログラムを書くということは、特別な種類のJavaプログラムを書いているということにほかなりません。
GroovyはJava仮想マシンの上で実行され、Javaのライブラリを利用します。また、その構文はJavaと整合性を備えています。このような「Javaとの親和性」を持ちつつも、RubyやPythonのような動的言語の特長も有しているのがGroovyなのです。
そして、Java言語自体に次いで、GroovyはJavaプラットフォーム上で2番目の標準言語にもなりました。さらに、「Groovy版Ruby on Rails」とも呼べる「Grails」というWebフレームワークの開発も進んでいます(本書でも、1章を割いて紹介しています)。
Groovyの魅力はまだまだありますが、ここに挙げただけでも、Java開発者であればGroovyを試さない理由はないでしょう。

本書は、Groovy開発コミュニティの中核メンバーたちが書き上げた決定版とも言える書籍です。Groovyのすべてと、著者陣のノウハウが詰まっています。また、日本におけるGroovyの第一人者が翻訳と監修を手がけており、Groovyの最近のバージョンですべてのサンプルコードの適合性をチェックし、内容を適宜修正しています。

ぜひ本書を使って、Groovyの世界に飛び込んでください。
Let's get Groovy!

内容(「BOOK」データベースより)

Groovy言語について、その成り立ちから優れた応用例であるGrailsまで余すところなく解説し、チュートリアルやリファレンスも網羅。また、日々の開発でよく出くわす問題の解決策を提示。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 584ページ
  • 出版社: 毎日コミュニケーションズ (2008/9/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4839927278
  • ISBN-13: 978-4839927271
  • 発売日: 2008/9/27
  • 梱包サイズ: 23.4 x 18.4 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 867,793位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2013年9月15日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告