この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


Google vs セカンドライフ―3Dウェブ仮想社会の覇権争い (アスキー新書 033) 新書 – 2007/10/10

5つ星のうち2.6 3個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥1

ブックマイレージカード
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

新時代において、日本企業が越えるべき壁とは何か?

野村総合研究所の上席研究員である山崎秀夫氏が、3Dウェブ仮想社会の近未来を語る。
どうすれば、この戦いに勝ち残れるのか。
企業戦略の事例を交えて分析する。

内容(「BOOK」データベースより)

セカンドライフを代表とする3Dウェブ仮想社会が提供する技術により、新たなビジネスモデルが誕生する。既存の著作権型収益モデルが崩壊し、広告型収益モデルへ変換される。ウェブ2.0の覇者Googleが参入すれば、3Dウェブ仮想社会で新たな戦いが始まるだろう。そうした新時代の中、日本企業が勝つための企業戦略とは何かを考える。

著者について

野村総合研究所主席研究員。専門はネットコミュニティ研究およびアドバイス。「ミクシィ疲れ」を社会現象として指摘したことでも有名。著書に『セカンドライフ創世記』(共著・インプレスジャパン)、『ミクシィ[mixi]で何ができるのか?』(青春出版社)、『ネット広告がテレビCMを超える日』(共著・毎日コミュニケーションズ)、『セカンドライフの経済心理学』(毎日コミュニケーションズ)など多数。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

山崎/秀夫
野村総合研究所主席研究員。専門はネットコミュニティ研究およびアドバイス。「ミクシィ疲れ」を社会現象として指摘したことでも有名。日本ナレッジマネジメント学会専務理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: アスキー (2007/10/10)
  • ISBN-10: 475615042X
  • ISBN-13: 978-4756150424
  • 発売日: 2007/10/10
  • 梱包サイズ: 17 x 10.6 x 1.4 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 2.6 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,021,837位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち2.6
評価の数 3
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
56%
星2つ
44%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件のカスタマーレビュー

VINEメンバー
2007年10月22日
形式: 新書Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
殿堂入り
2007年12月6日
形式: 新書
2009年5月31日
形式: 新書