この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Google Chrome OS ~最新技術と戦略を完全ガイド~ 単行本 – 2010/3/24

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 159

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

Google社が2009年11月20日に発表したChrome OSの情報をいち早く書籍化!
ベータ版のソースコードであるChromium OSを、Linuxを使ってビルドし、ネットブックなどにインストールするまでの方法を解説しました。また、Chromium OSを実際に動かしながら、その操作や機能の解説も行っています。後半では、Chrome OSの周辺技術であるChrome拡張、Google日本語入力、Native Client、HTML5などについても詳しく解説しています。本書冒頭では特別寄稿として、米国在住の小池良次氏・中島聡氏の両名に、Google社のChrome OS戦略について語っていただきました。
Chrome OSってなに?という方から、Chrome OSを実際に触ってみたい方まで、必携の1冊です!

内容(「BOOK」データベースより)

ビルドからインストール、使い方までを詳細解説。Microsoft、Appleに対応する次世代OSを先取り。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 302ページ
  • 出版社: インプレスジャパン (2010/3/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4844328468
  • ISBN-13: 978-4844328469
  • 発売日: 2010/3/24
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 525,921位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
この本は、Linuxやunixのコードからビルドすることを前提に書いているので(古いからしょうがないですけどね)、普通のウインドウズやマックやタブレット、スマホのユーザーには最初の一章を見ただけで本棚に戻しますな。早々に廃盤になるわけです。ちなみに日本語のくろーむOSの単行本はこれ以外ないのです。つまり、今日本ではクロームOSの単行本は無いのです。星4つと言う高評価はその希少性にあります。
ただ、クロームブックが普及する前にアンドロイドタブレットが普及してしまった今、クロームブックが販売されてもどれくらい売れるかわからないですね。クロームOSではアプリはすべてグーグルのクラウドに存在するので、サードパーティーやベンダーが食い込めないですしね。
ただ、安くてキーボード付のクロームブックが出たら、ユーザーとしてはグーグルのサービスを使いやすいので2万以下で出してください。
技術的なことに興味がない、オタクでない人は買わない方が良いです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Drifter VINE メンバー 投稿日 2010/6/12
形式: 単行本
GoogleがChrome OSで狙う目途、HTML5の進む先。プラットフォームとクライアントの関係の変化などなど。2010年中にリリースされるChrome OSの現時点での性能、制限がわかりやすくまとめられていて楽しく読めました。
個人的にはAndroidとデスクトップLinuxとの中間に位置するようなものと捉えていたのですが、それが完全に誤りであるということに気付かされました。distributionの亜流等では決してない、まったく別のOSである設計思想に触れることが出来る本だと思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
Chrome OSがどういう背景で生まれたのか良くわかりました。
5年経過した今でも興味深く読めました。
できれば最新の情報を載せた追加版が読みたいところです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック