この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Google API Expertが解説する Closure Libraryプログラミングガイド 単行本(ソフトカバー) – 2010/12/10

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 7,352
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「Gmail」「GoogleDocs」など、Googleが提供している数多くのWebアプリケーションの
裏側で利用されているオープンソースのJavaScriptライブラリ「Closure Library」を徹底解説。
実際に動作するサンプルアプリケーションを用いながら開発手順を解説することで、JavaScript初心者にも活用していただけます。
また、クライアントサイドのみならず「Google App Engine」を用いたサーバーサイドの実装技術も紹介。
本書を読み進めることで、クライアント・サーバー双方からWebアプリケーションを理解できる実用書になっています。

■「Closure Library」でどんなことができるの?■
そんなあなたに、サンプルサイトをご用意しました。ぜひ試してみてください!
・Closure Libraryを手軽に試せるツール「Closure Kitchen」
・本書内で作成したサンプルプログラム「Tiny Word」のライブデモ

・本書内に掲載されたサンプルコードを公開中!

内容(「BOOK」データベースより)

「Gmail」「Google Docs」などで培われたノウハウが満載。「Google App Engine」を用いたサーバーサイドの実装技術も紹介。GoogleスタンダードのJavaScriptライブラリを徹底検証。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 416ページ
  • 出版社: インプレスジャパン (2010/12/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4844329626
  • ISBN-13: 978-4844329626
  • 発売日: 2010/12/10
  • 商品パッケージの寸法: 23.2 x 18.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 688,419位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
Google Closure LibraryはjQueryの面倒から開放してくれる:雑多なパッケージ探しから各コードの連携バグフィクスなど,jQueryで中規模以上のサイトを作ったことがある人なら誰しも経験があることである.
coffee scriptという選択肢もあるが,これは単に別な言語体系でjavascriptを再構成しているようなものであり,スケールに向いているかはまだ実績が少ない.
その点,Closure Libraryは,Googleお墨付きであり,「適切な使い方をすれば」劇的な労力削減になるだろう.

一方で,Closure Libraryは,あくまでもjavascriptのフレームワークのようなものであり,具体的な実装方法が各人によるところが大きいと思う.
この点は,jQueryとあまり大差ない.

そこでこの「Google API Expertが解説する Closure Libraryプログラミングガイド」の重要性が出てくる.
この本を各開発者が目を通すことで,「Google流 javascrptのデザインパターン」を体得し,みんなが幸せになれると思う.
javaでいうところの「デザインパターン」に賛否両論があるが,javascriptによる「デザインパターン」の基本のひとつ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
Wordに似たリッチテキストエディタをプロジェクトとして構築する過程を通して、Closure Libraryを使った開発について一通り学べるようになっています。手順を踏めば最終的には Google App Engine 上でデプロイできるので、サーバ側のPython実装やGAE周辺などいろいろ学べるお得感もあります。前提知識として、JavaScriptの文法については、一通り知っている必要があります。また、Firebugなどを使ったJavaScriptのデバッグスキルは必須です。

本文に従ってコードを書けば、普通に動く形になると思いますが、localhost上で一点だけ期待通りに動かないところがありました。エディタのツールバーにアイコン画像が表示されないという現象で、インポートしたライブラリのcssファイルを見ると、ssl.gstatic... という外部パスの記述がありました。これは参照先の画像をローカルに保存して、cssにパスを設定することで回避できました。問題が実行環境にあるのか、自分のミスなのかはわかりませんが...

Closure Libraryについては、それに含まれる依存関係のツール(Pythonスクリプト)などは大規模プロジェクトでは必須なのでしょうが、慣れないうちはハマリそうです。
また、クラスを意識した実装に
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック