Facebook Twitter LINE
¥ 2,061
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
Goodbye the TV show がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Goodbye the TV show


仕様
価格
新品 中古品
CD 1枚組
¥ 2,061
¥ 1,361 ¥ 800
この商品の特別キャンペーン 【10%OFF】 まとめ買いキャンペーン 2 件


Amazon の ミックスナッツハウス ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 【10%OFF】オーディオとCD/レコードのまとめ買いキャンペーン実施中。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • レジで2,000円OFF対象。割引きは決済時に行われます。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • CD (2009/1/1)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: FUN!FAN!RECORDS
  • ASIN: B001MKHSSE
  • JAN: 4582237816563
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 740,829位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Goodbye the TV show
  2. トワイライト・ドーナッツ
  3. Foods of Love
  4. H.I.C.'06
  5. Moonlight,moonshine
  6. 化け猫あんずちゃん
  7. 東京
  8. Charmed Up!
  9. プリンス・プリンセス・バドミントン

商品の説明

内容紹介

”21世紀型ロックンロールBAND”ミックスナッツハウスの1st Album。現在は東京在住の林漁太(ex.林良太)のアイディアを、関西メンバー(Drs.野村大史、Ba.安威俊輔)と関東メンバー (Drs.相原健彦、Ba.橋本大輔)のそれぞれのチームで形にするという面白集団。すなわち関西のライブと関東のライブとではそのレパートリーが異なるが、そのたくさんのレパートリーの中から、今聴かせたい!パックしておきたかった!という9曲を収録。デリシャスなロックンロールナンバー、恋する宇宙のバラード、そして踊れるスポーツものまで、もはや凄いことになっています。そんな彼らの強烈に楽しいライブ(企画イベントでは5人が集結!?)を思い出させるトラック”Goodbye the TV show”でアルバムはSTART!一気に聴かせます。

メディア掲載レビューほか

70年代の真ん中あたりに、弾ともやという名のアイドルがデビューした。彼のデビュー曲「土曜の午後のロックンロール」はとてもキャッチーなロックンロール歌謡で、歌そのものはもちろん、透明ボディのギターを抱えたこのアイドルに小6男子も激しく萌えた。あれから30数年。ミックスナッツハウスを最初に聴いたときに思い出したのは、弾ともやだった。実際、昔の「土曜の午後のロックンロール」のレコードを引っぱり出して再生するよりも、ミックスナッツハウスを 聴いているほうが、僕の脳内でキラキラ輝いている弾ともやに“近い”だろう。弾ともやより、弾ともや。本物より本物。そういう感じ。待望なんて言葉では片づけたくないほど待ち焦がれたファースト・アルバム。とろけるようなタイトル曲の途中に登場する「…といいながら林漁太は観客席に降りていきます…」というナレーションを聴いて思い出したのは、NHK紅白歌合戦の“ラジオ中継”。「今、沢田研二さんが白い鳩を出しました」ってヤツ。いいね。再生装置からもミックスナッツハウスが飛び出してくる。飛び出す絵本ならぬ、飛び出すロックンロール。飛び出すって、ポップアップっていうんだよね。いい言葉! ポップアップ、ミックスナッツハウス! どんどん飛び出せ! シールドの命綱さえあれば怖くないよ。 --安田謙一(ロック漫筆)


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう