通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Good Luck がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Good Luck 単行本 – 2004/6/22

5つ星のうち 3.8 276件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,028
¥ 987 ¥ 1
CD
"もう一度試してください。"
¥ 1,080 ¥ 658

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Good Luck
  • +
  • チーズはどこへ消えた?
  • +
  • 仕事は楽しいかね?
総額: ¥3,337
ポイントの合計: 102pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

自分に幸運を贈る本。

これは不思議な本だ。
マーケティングの神様、フィリップ・コトラーは
「星の王子さまのようだ!」
と絶賛し、ビジネスマンは実践的なノウハウを学ぶために読み、
若者はくり返し読んで人生のバイブルにしたいという。
子どもは面白い物語として読み、親はわが子へ大切なことを
知ってもらうために読ませたいという。この本は読む人によって、
伝説にも、哲学書にも、ビジネス書にもなる。
現在、その力は世界中に伝播し、50か国、17言語での
出版が決まっている。この本が、あなたにとって
いったいどんな意味を持つのか、予想もつかない。
しかし、必ず何らかの新しい価値を示す一冊になると確信している。


それは五四年ぶりの運命の再会だった。
公園のベンチで幼なじみのジムと隣り合わせたマックスは、
仕事も、財産も、すべてを失い変わり果てた旧友に、
祖父から聞かされた「魅惑の森」の物語を語り始める――。

早くも19言語50カ国で出版決定!
これは小説? 哲学書? それともファンタジー?
そのすべての要素を兼ね備えた、
比類なき知恵の本、ついに日本上陸!

内容(「BOOK」データベースより)

それは五十四年ぶりの運命の再会だった―。公園のベンチで幼なじみのジムと隣り合わせたマックスは、仕事も、財産も、すべてを失い変わり果てた友人に、祖父から聞かされた「魅惑の森」の物語をかたった。奇蹟のラストへ、七日間の旅が始まる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 119ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2004/6/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591081451
  • ISBN-13: 978-4591081457
  • 発売日: 2004/6/22
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 276件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,832位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
学校の図書室にあった本でその当時、自分のクラスの担任の先生が読んでいるのを見て
自分も読んでみたいなーと思い借りて読んでいました。
この話はある国の騎士が森に魔法のクローバーを探しに行くという本です

小学校高学年でも内容を理解して読むことができるとても飽きのこない読みやすい本です。

自分は今でもこの本に勇気をもらっています何か遠回りをしなくては行かなかった時や。何か壁にぶつかった時など様々なときにこの本を読むことで勇気をもらい元気を与えてくれるそんな本です
一度しか読んだことがなかったのですが中学生になりもう一度読みたいが今度は自分の手元においておきたいと思いこの本を購入しました。

とても、思い出深い本で気に入っているので☆5です
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
あくまで個人的な感想になります。
同じ作者の他の作品も全て読んでいますが、『Good Luck』を超える程の感動はありませんでした。
子持ち(子供=中学生)の友人に勧めたら、本人も読み終わった後に感激したらしく、子供の分も購入し読ませたとのお返事を頂きました。
読んだ事の無い方には絶対お勧めです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 B-LIFE 投稿日 2017/5/1
形式: 単行本 Amazonで購入
何か悩んだ時に読み返します。
自分の事、家族の事、職場の同僚の事。
また成功する為に考え行動するのが下準備。もう失敗しないように考え行動するのも下準備。
それを考え、実行するひとは幸せを追い求める人。
でも殆どの人は、成功に喜び満足し、失敗も解決するまで悩むが解決すればそれで終わり。
いつも読む度に感謝の気持ちで一杯になります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ドラゴン ポルト トップ1000レビュアー 投稿日 2007/2/24
形式: 単行本 Amazonで購入
寓話の形態をとっていますが、とてもたとえがはわかりやすいです。

未来のために、準備すること、準備ができた人のところには機会が生きること

こういったことがシンプルな物語の中に埋め込まれています。

読み方は人それぞれでしょうが、気概、感情のなかで感じ取るべき物語ではないでしょうか。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
想念だけでは願望が現実化することはない、自ら思考し行動しなければ。 地球は、行動の星だから。

諦めない者にこそ、幸運は来る(偶然じゃなく、必然)。 成幸には、自力+他力&誠実+感謝。

したい人、10000人。 始める人100人。 続ける人1人。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今回はグットラックを読みました。とても読みやすい物語になっている本。内容を読んで、幸せの源泉ワクワクの小さな1歩を実践した結果、岩手の中尊寺への旅行や仏女ブロガーに選ばれるなどしはじめた私にとって、絶妙なるタイミングで「あなたはそれでいいのよ!」と後押ししてくれるような内容の本と受け取りました。

魔法のクローバーを手にしようと旅にでる2人の男性。
2人はそれぞれに魔法のクローバーを探しにでかけ、同じ人たちに会いアドバイスを受けていくのに、結果は雲泥の差となってしまいます。

一方はどんどんと幸せに近づき、感謝と自己信頼の気持ちが芽生えてきます。そして自分の未来にも明るい希望を見いだし、そうなるということを信頼していけるようになります。
もう一方は、どんどんと幸せからも感謝からも自己信頼からも遠ざかって、アドバイスしてくれた人たちに対しても疑いや恨みを向けるようになってしまうのです。

この2人は何がどう違ったのでしょうか。

幸せの源泉ワクワクの小さな一歩を毎日、実践していきている今、このタイミングで読めてよかったです。でなければ、ふぅーん、こういうこともあるのかもしれないなぁ〜程度にしか受け取れなかったかもしれません。この本のストーリーともつながりそうですが、全ては受け取る側の態度次第なのではないかと思います。

今なら、この本の意味がよくわかります。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 パンタロン VINE メンバー 投稿日 2004/8/27
形式: 単行本
 幸運は下ごしらえをした者にのみ降り注ぐらしい。
 この本は三年以上考え、八時間で書ききったそうである。それが下ごしらえというものなのだろうか?少し嫌な言い方をすれば、成功者の結果論なのではないかという疑問も浮かぶが、確かに「偶然」「運」をただこまねいているだけではどうしようもないことは理解できる。本文で宝くじが引き合いに出されているところがあるが、当選者の下ごしらえとは何なのであろうか?宝くじを買うこと?宝くじを買うためのお金を稼ぐこと?そもそも宝くじの当選は「幸運」ではない?まあ、例外のない例なんてないことは当たり前だが・・・。
 大事なことは「幸運」を掴むための下ごしらえというところではなく、「自分にできることをする」というところだろう。それが報われるか報われないかというところを考えたり、「幸運」を掴むためにやっている、というようなスタンスでは何も変わりはない。
 「幸運」を掴むことより、純粋なもモチベーションを持つことのほうが重要だ。そして、この本を読んで「幸運」を掴んだ人は、一体何人いるのだろう?
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー