• 参考価格: ¥ 1,379
  • OFF: ¥ 8 (1%)
通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
The Goldfinch がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 worldbooksjapan
コンディション: 中古品: 良い
コメント: イギリスより発送。通常7-21日以内にお手元に。日本語でも対応しております。 Book is shipped from UK, please allow up to 21 days for delivery.
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

The Goldfinch (英語) ペーパーバック – 2014/6/5

5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー

その他(15)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 1,371
¥ 1,342 ¥ 511
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 本とまとめて購入すると、対象商品が10%OFFに!詳しくはこちらをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • The Goldfinch
  • +
  • All the Light We Cannot See: A Novel
  • +
  • The Girl on the Train
総額: ¥4,315
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

Winner of the Pulitzer Prize for Fiction 2014 Aged thirteen, Theo Decker, son of a devoted mother and a reckless, largely absent father, survives an accident that otherwise tears his life apart. Alone and rudderless in New York, he is taken in by the family of a wealthy friend. He is tormented by an unbearable longing for his mother, and down the years clings to the thing that most reminds him of her: a small, strangely captivating painting that ultimately draws him into the criminal underworld. As he grows up, Theo learns to glide between the drawing rooms of the rich and the dusty antiques store where he works. He is alienated and in love - and his talisman, the painting, places him at the centre of a narrowing, ever more dangerous circle. The Goldfinch is a haunted odyssey through present-day America and a drama of enthralling power. Combining unforgettably vivid characters and thrilling suspense, it is a beautiful, addictive triumph - a sweeping story of loss and obsession, of survival and self-invention, of the deepest mysteries of love, identity and fate.

レビュー

A glorious novel that pulls together all her remarkable storytelling talents into a rapturous, symphonic whole and reminds the reader of the immersive, stay-up-all-night pleasures of reading -- Michiko Kakutani New York Times The Goldfinch is a triumph ... Donna Tartt has delivered an extraordinary work of fiction -- Stephen King New York Times An astonishing achievement ... if anyone has lost their love of storytelling, The Goldfinch will most certainly return it to them. The last few pages of the novel take all the serious, big, complicated ideas beneath the surface and hold them up to the light Guardian A modern epic and an old-fashioned pilgrimage...Dickens with guns, Dostoevsky with pills, Tolstoy with antiques. And if it doesn't gain Tartt entry to the mostly boys' club that is The Great American Novel, to drink with life-members John Steinbeck, Harper Lee, Saul Bellow, Philip Roth et al, then we should close down the joint and open up another for the Great Global Novel - for that is what this is -- Alex O'Connell The Times

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 880ページ
  • 出版社: Abacus (2014/6/5)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0349139636
  • ISBN-13: 978-0349139630
  • 発売日: 2014/6/5
  • 商品パッケージの寸法: 13 x 4.1 x 19.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 20,278位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
5
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
ニューヨークのメトロポリタン美術館で爆弾テロに巻き込まれた13歳の少年Theoは、事件で最愛の母親を失うが、奇跡的に生き延びる。この悲劇の場で、Theoは三つの運命の出会いをする。臨終を看とどけた初老の男、彼と一緒にいた赤毛の少女、そしてファブリティウスのThe Goldfinchである。

死ぬ間際の初老の男にしつこく促されて名画The Goldfinchを持ちだしたTheoは、失った者へのこだわりと秘密の重さに押しつぶされながら迷路のような人生を送る。

ネタバレをしないほうがいい小説なので筋に詳しく触れないが、読んでいるうちに連想したのは、Jay McInerneyのBright Lights, Big City やStory of My Life 、Tom WolfeのThe Bonfire of the Vanities だ。文章はTarttのほうが洗練されているが、読みやすさならMcInerneyやWolfeのほうが優れている。

もちろん、McInerneyやWolfeが書く小説はシリアスな文学とは考えられていないが、Tarttはどうなのか?
一般の読者は、「ピューリッツァー賞を取ったくらいだから正統派の文芸小説として認められたのだろう」と思うはずだ。
ところが、「Tarttの書くものは子
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
久々に読んだ「超大作」という感じの本。2014年の Pulitzer Prize for Fiction受賞作というのも頷ける。着眼点、プロット、キャラクター描写など、かなり独特でありつつも、読み進むうちに読者は自然にTratt worldに入り込み、抜け出せなくなってしまう。やや無駄に長い(特に主人公の独白)と思うシーンは多々あるし、ラストもイマイチ納得ができないところではあるが、「迷いながら生きる」というそのスタンスには共感。
物語は主人公がアムステルダムのホテルに缶詰状態になってしばらく、「やることがないとつい、彼女のことを思い出してしまう」と、自分の母を思い出すシーンから始まる。NYに住む13才のTheoは美しい母と二人暮らし。父親は1年前に突然家をでていき、音信不通に。この日は、学校での問題行動のために母親とともに学校に呼び出されたのだが、その途中、雨に降られて、「雨宿りと時間つぶし」にと、美術館に入る。絵画をこよなく愛する母親は、「この絵が見たかったのよ」とある小さな絵画の前で足を止める。それはCarel FabritiusによるGoldfinchだった。Theoは絵に魅入られつつも、同じ絵を眺めていたある少女に目を奪われる。彼女と目が合い、声をかけたいという衝動に駆られつつも、きっかけがつかめないまま、部屋から部屋へと進み、最後に売店へ。母親が「時間がまだち
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
美術館のテロによる爆発で母親を突然失い、自分も奇跡的に命をとりとめた
少年Teoが青年になるまでをみずから語る形式で書かれている。
美術館で爆発の混乱の時に、思わずもってきてしまい、返すことができないGoldfinchの絵が
中心となって描かれる。美術館で爆発の前に遭遇した少女Pippaへの思いが断ち切れない。
母をなくしたトラウマがつきまとう。ラスベガスの近くに住んでいた同年のBorisが少年時代
そしてブランクのあと青年になって再会してからも親友であり続ける。
美術館で息を引き取った老人から手渡された指輪を持ってSOHOをたずね、そこで会った
Hobieのもとで, ラスベガスを出たあと、大人になるまで暮らす。
大長編であるが、長さを感じさせない小説である。
最後の50頁くらいが作者の人生観のようなものを交え、冗長になっているのが
惜しまれる。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
この本の表紙がいい。剥がされた包装紙の奥から覗く一羽の黄金鶸。
主人公の少年テオが美術館から持ち出した小さな名画の一部が見える。
美術館に展示された絵ではない、自分の手中にある一枚の名画である。

金持や芸術家が住むマンハッタン。ラスベガス郊外の空虚な砂漠のタウン。アムステルダムの裏社会。
舞台はドラマティックに展開する。一人称の軽い語り口、エンタメ要素もたっぷり。でも著者の思惑は決して軽くない。

千ページ余りのこの長編は、The Tale of Genji源氏物語やhaiku俳句まで登場し、航空券の内容や電話帳の貸倉庫の転載まである。
細部への視覚的なこだわりは映画的で、何かへのオマージュか既視感を感じる。あちこちに広がる等質な視線は意図的で、
オークションのアンティックの椅子も空港のプラステックの椅子もその重要性は同じ、という著者の言葉に通じる。
黄金鶸が大切なのは、それが美術館の名画だからではないと著者は言う。たとえそれが複製画であっても同じだと。

両親を失くして、精いっぱい生きる少年テオの成長物語。
ざっくり言えばそうだが、人は誰もがまっすぐ成長できるわけではない。
小説前半の健気なテオも、後半ではいつしか自分をごまかす大人になって
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す