God Willin' & the Creek D... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,301
通常配送無料 詳細
発売元: フルフィルメント エクスプレス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

God Willin' & the Creek Don't Rise Import

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,603 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:16¥ 545より 中古品の出品:4¥ 710より

この商品は「輸入盤 どれでも2点以上買うと10%OFF」対象商品です
「輸入盤 どれでも2点以上買うと10%OFF」キャンペーン、8/29まで実施中。Amazon.co.jp が販売・発送する輸入盤がキャンペーン対象商品となります。販売、発送業者をご確認ください。 キャンペーンの詳細は「輸入盤ストア」でご確認ください


Amazon の レイ・ラモンターニュ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 「CDを買うとデジタルミュージック(MP3)ストアで使える200円クーポンプレゼント」キャンペーンの対象商品です。2016年8月31日23時59分(日本時間)までのご購入が対象となります。(マーケットプレイスでのご注文は対象外)

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • God Willin' & the Creek Don't Rise
  • +
  • Gossip in the Grain
  • +
  • Trouble
総額: ¥4,211
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2010/8/17)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Red Int / Red Ink
  • ASIN: B003QCCS36
  • EAN: 0886976508623
  • その他のエディション: CD  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 232,130位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 matsuda76 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/8/30
形式: CD Amazonで購入
Ray LaMontagneの4作目となる新作。
本作はデビュー当初からプロデュースしてきたEthan Jonesではなく、初セルフプロデュース、且つバンド名義でのリリースとなっている。
個人的にはRay LaMontagneとEthan Jonesとの相性は頗る良かったように感じたので今回の試みはやや心配だったけど、いやぁ、良い!
出だしのベースライン、ギターリフが特徴的なファンクナンバーにはびっくりだけど、以降は今まで同様、美しく崇高なアメリカンフォークミュージックだ。
よりパーソナルに、少し地味になった部分もあるが、そこはやはり本人のやりたかったことを忠実に表現した結果なのでしょう。
シルキーーなジャズナンバーや、ブルースなんかもあるが、ペダルスティールが美しく響くマウンテンミュージック、フォークソングが特に素晴らしい。
Eric HeywoodとGreg Leiszという現在のアメリカーナシーンになくてはならないギターリストによって奏でられるペダルスティールがソウルフルで素朴なRayの歌声を支えるタイトルトラックなんかは本当に綺麗で大らかなフォークソングだ。
バリトンギターが幻想的な、しっとりとしたカントリーソング「New York City's Killing Me」も感動的だし、バンジョが印象的な「O
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
前作Gossip in the Grainあたりで顕著にアメリカのルーツ・ミュージックへの傾倒が表れ、シンガー/ソングライターとしてギターをかきならすデビュー作Troubleでの印象は後退しました。
今回、バンド名義も加わることで、シンガー/ソングライターとしていい曲を書きながらも、アメリカ南部のルーツ・ミュージックを志向したバンドの演奏にしっかり支えられるようになった、と思います。彼には地味で古風なところがあるからこそ、30歳を過ぎてからのデビューとなったわけですが、ほかのレヴュワーさんもおっしゃっているように、ボブ・ディラン、ニール・ヤング、ジョニ・ミッチェルあたりの音楽を本当に尊敬しているのでしょう。

歌詞は封入されています。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
 いやぁ渋いなぁ、これ。CDショップでちょこっと視聴したくらいだったらきっと食指が動かなかったかもしれない、淡々とした音楽。だけど、聴けば聴くほど味がでるって類の作品ですね。

 4作目にして初のセルフプロデュース、かつバンド名義。気心の知れた仲間たちと、自分の奏でたい音楽の焦点がより定まってきたんだろうか、アメリカ南部のルーツミュージックにぐっと舵を切ってきた感じですね。特にペダルスティールの調べが心地よく、元々のちょっとハスキーでハイトーンなボーカルがより映える仕上がりだね。で、バンド名義とはいっても「必要最小限」とか「過不足なく」などという次元ではもはやなく、「彩を添える」という言葉がぴったりの渋さ。全般的にはちょっとファンクっぽい(1)以外は“フォーク”と称しても差し支えないほどに、簡素にしてアコースティックな響きがいい感じです。

 虚飾をそぎ落とした、まさに精進料理のような音楽。こういった音楽がビルボートチャート3位となるところに、まだまだアメリカも捨てたもんじゃないですよね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック